お買得SALE情報
「To point10_sale」
快眠110番限定商品

限定ムアツ布団

限定羽毛布団

手づくりお昼ね布団

商品カテゴリ

■掛け布団

■敷き布団

■カバーリング

■パジャマ

■枕&ボディピロー

■ベビー用アイテム

■涼眠アイテム

■あったかアイテム

商品検索
ご利用について
ご利用について

●快眠110番では、お客様からいただきましたメールへのお返事は、必ず2営業日以内に返信させていただいております。

●当店でご紹介させていただいております商品の多くがメーカーからの「お取り寄せ商品」となっており、メーカーにて在庫切れの場合がございます。 ご注文いただいた際、在庫の確認をしてご連絡いたします。ご了承下さい。

●万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当店より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、 再度ご連絡下さいます様、お願い致します。

●実際の商品にできる限り近くなるよう撮影、画像処理を行っておりますが、お使いのパソコンの環境等により、実際のものとは若干異なる場合がございます。ご了承ください。

●ご注文確認後(銀行振込の場合はご入金確認後)の翌営業日に発送を心がけておりますが、メーカーからの取り寄せ等で、出荷が遅れる場合があります。その場合はメールにてご連絡いたします。ご了承ください。

みてみて!
「当店のご利用案内確認してね!」
「当店の感想をお願いします!」
モバイルサイト

あなたの寝姿勢、大丈夫ですか?

寝ている間は、昼間、背骨を支えていた筋肉がゆるんでしまいます。
そのため柔らかすぎる敷き布団では背骨を支えることができず、W字型の不自然な寝姿勢になり、背骨に必要以上の負担がかかってしまうのです。
これが長く続くと・・・背骨自体が湾曲してしまう恐れがあるんです!

だからといって硬すぎる敷き布団では、今度は重たい部分にだけ血液が集中してしまい、それを防ぐために睡眠中の寝返りが多くなってしまい、結果、眠りが浅くなってしまうのです。
だから敷き布団に「柔らかすぎず、硬すぎない」適度な硬さというものが必要なのです!
良い寝姿勢(背骨がゆがまない) 悪い寝姿勢(背骨がゆがむ)


      

そこで!当店がおすすめしたいのが西川の「ムアツふとん」

ムアツふとんの5大特性

点で支えるムアツふとんは、皮膚に近い毛細血管などの循環系を圧迫せず、血行を妨げません。自然な快い眠りが得られるのもこのためです。
健康な方はもちろん、身体の弱った方、お年寄り、療養中の方などに是非オススメしたい敷き布団です。
人間の体重圧は、大きく分けると4つのブロック(頭部、胸部、腰部、足部)に分かれます。
それぞれが異なった重さですので、柔らかい布団に寝ると、重い部分が大きく沈み、極端になるとW字型になってしまいます。

ムアツふとんは、この体重圧を凹凸構造が水平・放射状に分散します。このため身体が沈みすぎず、安定した寝姿勢を保つことができるのです。
ムアツふとんの素材はウレタンフォーム。もともと水分や湿気を吸収しません。
でも凹凸構造の凹み部分と、発砲ウレタンフォームの中にある無数の気泡状の空気孔が空気を含んでいます。

このため睡眠中カラダから出る汗や湿気は、この空気孔に送られ、寝返りによるポンプ効果により、外へ吐き出されます。ですからふとんの中はサラッと爽やかです。
ムアツふとんの中芯は、いままでのわたとは違ってウレタンフォームのため、わた切れやホコリも出ません。
また、ダニや害虫が住みついたり発生することがほとんどありません。
さらにウレタンフォームには、燃えにくい難燃加工を施していますので安心です。
これ1枚を敷いて直に寝る「ムアツふとん」は完成された機能を持つ、シンプルなカタチの寝具です。
また湿気が残らず、
軽くて上げ下ろしも苦になりません。また、耐久性に優れ、打ち直しがなく、お手入れもはぶけ経済的です。さらに敷きふとんはムアツふとん1枚でOKですから、収納スペースも多くとりません。

快眠を得るために重要な寝姿勢。
ムアツふとんは体圧分散により、安定した寝姿勢を保つことが出来るのです。

なぜ体圧が分散されるのかって?
それは、ムアツふとんの突起の形にヒミツがあります。

この形は、タマゴをタテにした形をもとに作られています。タマゴをタテにすると割れにくいのはご存じのとおり。これは上からの力に対して、立体的に力を拡散してしまうからです。

新幹線や、ジェット機、ロケットなどにも応用されている、自然が作ったシンプルで素晴らしい構造です。
自然を科学した理想のクォリティーといえるでしょう。

      


ムアツふとん、中身"ウレタンフォーム"の構造

これがムアツふとんの3層構造!
A層
点が支える快適な寝心地
B層
空気の流れを保ち、汗や湿気を拡散、爽やかな寝心地をつくります。
冬は空気の遮断効果であたたか。
C層
身体全体を支える部分。
体圧をバランスよく受けとめ、安定した寝姿勢を保ちます。


ムアツふとんの選び方

      

上の表は身長と体重で機械的に示した指標です。
ムアツ布団を選ぶときは以下の様な点も是非考慮してみてください!

■自分の好み。
(上の表では"やわらかめ~ふつうの敷きふとん"となっても、硬めがお好み、ご希望の場合は"かための敷きふとん"をチョイス!)

■腰痛をお持ちの方はハードタイプ以上の硬さのムアツ布団をお薦め!
(例:店長Tの場合…身長160㎝、体重41㎏、ぎっくり腰経験2回=ムアツスーパーハードタイプ)

■一番お薦めは、百貨店や小売店等実店舗にてムアツ布団を取り扱っているお店に行って横になって自分にフィットする硬さのムアツ布団を見つける事。
(ネットショップという特性上お試し頂く事ができず、申し訳ございません;)


等など、ムアツ選びで迷ったらメール若しくはお電話でお気軽にご相談ください!


当店"快眠110番"にて取り扱い中のムアツ布団

▼画像をクリックすると各ムアツ布団のページをご覧いただけます▼












ムアツふとんのQ&A

        質問
ムアツふとんの購入を検討しているのですが、どのくらいの耐久性があるのでしょう?


回答
 ムアツふとんは綿布団と違って打ち直しの必要がないため経済的とはいっても、永久ではありません。
ムアツふとんの寿命は約5~10年ほどです。耐用年数の差は寝返りの回数、通年で使用するか、体重などの要素によって変わってきますが、体重が軽くて、寝返りをせず、夏場は別のふとんで寝るという方は 10年以上持つようです。

  へたりの基準は端の圧がかからない部分と、お尻、胸のあたりの圧がかかる部分とのハリの違いでへたりを判断してもらうのが良いと思います。

 どちらにしてもムアツの寿命は他の敷布団に比べ同じ条件であれば2倍ほどあります。
 (羊毛布団はあまり変わらないので、毎日寝ている限りはへたりに気づきにくいようです)

質問
ムアツふとんを購入するときの厚さは、どのような基準で選べば良いのですか?


回答
 厚さについてですが、当店では一般的に90mmをオススメしています。80mmは体重50kg前後の女性やお子様なら問題ないのですが、成人男性となる80mmでは薄いのです。

  敷きふとんとして、ムアツふとんは1枚で使いますので、薄いと寝返りをうった際に、肘などが床に当たっているというような硬い感触がある場合が多いのです。

 とくに痩せた女性やお子様以外は、90mmタイプをオススメします。

質問
ムアツふとんをフローリングの上にそのまま敷いて使ってよいでしょうか?


回答
 ムアツふとんには透湿性があるので、ふとんと床との間に湿気がたまりやすいという特質があります。 そのため、畳の上や「すのこ」タイプのベッド上でのご使用をおススメします。

フローリングの上に直接の使用ももちろん可能ですが、敷いたままにはせずに起床後はできるだけ立てかけて風通しを良くする等して、水分を拡散させるようにしてください。

質問
ダニやホコリの心配はありませんか?


回答
 従来の繊維素材のわたを使用したふとんは、 ふとんの中でわたが「わた切れ」をおこし、それが側生地の目を 通ってホコリとなって出てきました。 ムアツふとんは、他のふとんを違って繊維素材ではなく良質の ウレタンフォームを使用しているため、ホコリはほとんどでません。

また、動物繊維の羊毛わたや植物繊維の綿わた等と違って、 ダニや害虫が寄り付きにくく、発生する事はありませんので、 風通しをよくしておいていただければ、長く衛生的にお使いいただけます。

質問
ウレタンフォームって夏ムレて暑く、冬冷たいのではないですか?


回答
 ウレタンフォームが蒸れやすいというのは、イメージから来る誤解です。

見た目のイメージとして、なんとなくスポンジのようなので、ムレやすいのでないか?という感じを持たれる方もいるようですが、実は通気性が非常に優れていることと、 体重を支えることにも優れている素材であることに着目してウレタンフォームが採用になったのです。

ムアツふとんの良さ、特徴がおわかりいただけたでしょうか?
三層構造の点で身体を支えることにより、正しい自然な寝姿勢を保つムアツふとん。
「よく眠れるようになった」など喜びの声もたくさん頂いています。
またリピーターが多いのも、ムアツふとんの良さを実感する人が多い証拠です。