タイル系床材の施工方法

タイル系床材

タイルカーペットやフロアタイルなどタイル状の床材。
正方形のものや長方形のものなどあります。

HOW TO

基本的なタイルの敷き方

  • まずは床をきれいにします。

  • 床の長さを測り、真ん中あたりに糸で基準となるしるしを十字に付けます。

  • 部屋の隅で極端にタイルが小さくならないよう、1枚目は基準線沿い、あるいは真ん中から貼ります。

  • 【しっかり固定する場合】
    接着剤を床に塗りオープンタイムを取ってからタイルを貼りましょう。

  • 基準線に沿って並べたら、その間を埋めるようにタイルを並べていきます。

  • 部屋が歪んでいる場合があるので、真ん中から貼ることできれいに敷き詰められます。

壁際のタイルのカット

  • タイル1枚を切る用とし、隣のタイルとピッタリに重ねます。

  • もう1枚をガイド用とし、壁際にぴったりつけ重ね合わせます。

  • ガイド用のタイルに沿って下の切る用のタイルを切ります。

  • ある程度切り目を入れて、縦に切ると切りやすいでしょう。

  • 切れたら、壁際にピッタリとはまります。この要領ですべての壁際を切っていきましょう。

部屋の角のカット

  • 壁際と同じようにタイル1枚を切る用とし、隣のタイルとピッタリに重ねます。

  • もう1枚のガイド用のタイルを部屋の角にぴったりつけ重ね合わせます。

  • ガイド用のタイルに沿って下の切る用のタイルをカット。

  • 角なのでもう一片も切りましょう。切る用のタイルをその向きのまま隣のタイルに重ね合わせます。

  • ガイド用のタイルを部屋の角にぴったりつけ重ね合わせます。

  • ガイド用のタイルに沿って下の切る用のタイルをカット。

  • 角にぴったりのタイルが出来ました!

複雑な形のカット

  • 窓際、角と同じようにタイル1枚を切る用とし、隣のタイルとピッタリに重ねます。

  • もう1枚のガイド用のタイルを壁にぴったりつけ重ね合わせます。

  • ガイド用のタイルに沿って下の切る用のタイルをカット。

  • 平行となっている別の壁にもガイド用タイルをピッタリとつけ、ガイドに沿ってカット。

  • 細かいところも同様にガイド用タイルを合わせ、カット。

  • 他の辺もガイドに沿ってカット。

  • 複雑な形もこれでぴったり!

  • 完成!!