タイル材は何枚必要??

フロアタイルやPタイル、タイルカーペット等のタイル材施工の基本の、きほん!
「お部屋にタイル材が何枚必要??」
フロアタイル等タイル材の概算枚数算出方法をご紹介いたします。
例:
フロアタイル等タイル材の例
補足:タイル材の貼る向き
フロアタイル等タイル材の貼る向き。補足、図

 部屋の横幅に、何列タイル材が貼れるか計算する。


横幅に貼れる列数=お部屋の横幅÷タイル材の横幅(横貼りにする場合)


例: 4000÷1200=3.333…(小数点は切り上げます。) → 4列貼れる。

 同様に、縦幅に何列タイル材が貼れるか計算する。


縦幅に貼れる列数=お部屋の縦幅÷タイル材の縦幅(横貼りにする場合)


例: 3200÷300=10.666…(小数点は切り上げます。) → 11列貼れる。

 必要枚数を出す。


必要枚数=横幅に貼れる列数×縦幅に貼れる列数


例: 4×11=44 → 例の部屋は、44枚必要。

フロアタイル、タイル材の概算必要枚数の目安


以下でご紹介する方法は、お部屋のm²数がわかれば大体の枚数を出すことができる、計算方法です。

 お部屋のm²数を出す。


お部屋のm²数=お部屋の横幅(m)×縦幅(m)

フロアタイル等タイル材の算出方法、図

 タイル材1枚分のm²数を出す。


タイル1枚分のm²数=タイル材の横幅(m)×縦幅(m)


1枚分のフロアタイル等、タイル材のサイズは、各商品ページの“詳細”に記載しております。

mm表示になってるので、mに変更して計算してください。100mmの場合、0.1mです。
フロアタイル等タイル材イラスト

 概算必要枚数を出す。,鉢△能个靴m²を当てはめる。


概算必要枚数= 覆部屋のm²数)÷◆淵織ぅ襭泳臺のm²数)×ロス率


ロス率…フロアタイル等、タイル材を敷き詰めていき端をカットした際、小さくて使えないタイルが出てきます。
その分を、上乗せして計算します。

  • ウッドタイル(長方形のタイル)の場合、1.1〜1.15見てください。
  • 457.2×457.2mm角タイルで1.15〜1.25見てください。
※ただし、部屋の大きさやタイルの形状によってロス率が変わります。
この計算では概算枚数の計算になるので、目安としてください。

ちなみに・・・ 畳一畳の大きさ


  1畳の大きさ(cm) 1畳の大きさ (m²)
京間 95.5×191 1.82
中京間 91×182 1.66
江戸間 88×176 1.55
団地間 85×170 1.45