ウッドブラインド(フォレティア・タピオ)
の取り付け方法

前のページに戻る

カーテンレールへの取り付けについて

・木製ブラインド(ウッドブラインド)は、重量が重いため、カーテンレールへの取り付けは出来ません。

準備する工具類

・プラスドライバー

ウッドブラインドの取り付け方

1.
ブラケット(取付金具)をネジ止めします。
2.
ブラケットにブラインドのヘッドボックスをはめ込みます。
※ご注意※
▼▼天井付けで取り付けに最低必要な窓枠の幅は、
●ワンコード式:5cm以上 ●ポール式:4cm以上 です。

▼▼天井付けで窓枠内にすっぽり収まる窓枠の幅は、
●ワンコード式でバランスなしの場合、8.5cm以上 
●ワンコード式でバランスありの場合、10cm以上 
●ポール式でバランスなしの場合、4cm以上 
●ポール式でバランスありの場合、6.5cm以上 です。

▼▼正面付けで取り付けに最低必要な窓枠の幅は、
●35mmスラット:3cm以上 ●50mmスラット:5cm以上 です。

▼▼正面付けでネジを打ち込む木枠の奥行きは、
●最低1.5cm以上が必要 です。

ブラケットの取り付け(天井付け)

1.
ブラケットをブラインドの端から約90mmの位置にネジ止めします。
ブラケットが3個以上ある場合は等間隔に取り付けてください。

※カーテンボックスに取り付ける場合はループ式で奥行きが120mm以上、ポール式で奥行きが70mm以上必要です。取り付ける前に確認してください。
2.
ブラケットがしっかりと固定されたか確認します。
ブラケットどうしが平行に付いているか確認してください。

ブラケットの取り付け(正面付け)

1.
ブラケットをブラインドの端から約90mmの位置にネジ止めします。
ブラケットが3個以上ある場合は等間隔に取り付けてください。
   
2.
ブラケットがしっかりと固定されたか確認します。
複数のブラケットどうしが平行に付いているか確認してください。  

ブラケットにブラインド本体の取り付け

1.
ヘッドボックスを両手で持ち、取り付けたブラケットのクッションゴムにヘッドボックスを押し当ててから、ブラケットの天板に当たるまで持ち上げます。
2.
ヘッドボックスを少し(5〜10°程度)手前に傾けて、ヘッドボックスの手前をブラケットに引っ掛けます。
ヘッドボックスを矢印の方向に「カチッ」と音がするまで押し上げます。
※傾けすぎるとプーリーが天井に当たり傷つける場合があります。
3.
すべてのブラケットにしっかりと固定されていることを確認してください。

バランス(オプション)の取り付け(取り付けスペースが狭い場合)


バランスは、ブラインドのヘッドボックスやプーリーを隠すために取り付けます。
1.
バランスを両手で持ち、天井面にバランスの上端を合わせます。
2.
バランスホルダーのツメがヘッドボックスに引っかかるまで押し込みます。
最後にバランスが確実に取り付けられていることを確認してください。

バランス(オプション)の取り付け

1.
バランスを持ち、ヘッドボックスの下部の出っ張りに、バランスホルダーのツメを引っ掛けます。矢印のようにバランスの上部のツメもヘッドボックスに引っ掛けます。
2.
最後にバランスが確実にヘッドボックスに固定されているのを確認してください。

施工上の注意

1.ブラケットは窓枠から同じ位置、平行に取り付けてください。ゆがんでいるとブラインドを取り付けられません。

前のページに戻る