紙壁紙の貼り方

のりを作る

1枚目は柄を確認して、天井の高さ より+10cm程度長くカットします。

2枚目以降は、1枚前の壁紙の右側に
柄を合わせて壁紙の長さをカットします。

順番を間違えないように壁の左から
順番に番号を振っておきましょう。


のりを塗る

床にのりが付かないように、ビニール シートなどで養生します。

まずは1枚、ペンキ用のローラーで壁紙 の端まで、タップリを塗ります。
(後々はがしたい場合は、こちらの糊を使います。)

のり面をあわせるように、やさしく畳み 5分程度ねかせます。


1枚目を貼る

壁の左端に壁紙の端を合わせて貼っていきます。
上下に5cm程度の余分を作っておきます。

ズレてしまっても、糊が乾きはじめるまで、
何度でも貼り直しができるので、
落ち着いて位置を決めていきましょう。

撫で刷毛、又はスキージー(スムーサー)で壁紙の裏の 空気を抜きます。
動きは壁紙の中心から上下に。


余分をカットする

壁紙の上下の角の折り目をしっかり付けます。
スムーサー竹べらを使ってクセを付けましょう。

スムーサー地ベラなどをカッターガイドにして、 余分を取り除きます。
取り除いたら、周りに付いたのりを、硬く絞った スポンジやタオルなどで拭き取ります。

カッターの刃は頻繁に折り、常に切れ味の 良い状態を保ちましょう。
仕上がりのきれいさにつながります。


2枚目を貼る

1枚目と同様に、たっぷりとのりを塗ります。

隣の壁紙と柄をあわせながらつなぎ目から 壁紙の位置を決めていきます。

上下の余分をカットし、つなぎ目を ジョイントローラーで押さえて圧着します。


3枚目から完成

2枚目の要領で3枚目、4枚目と 柄を合わせて貼り進めていきます。

最後の右端の余分もしっかりとクセ付け します。 スムーサーや地ベラなどをカッターガイドにして、 余分を取り除きます。

周りに付いたのりなどを固く絞ったスポンジや タオルなどで拭き取って〜完成!


完成