採寸方法・採寸の前に先ず、「窓枠の天井に取付ける」か「窓枠の正面の取付ける」かを決めましょう。


「天井付け」の場合

窓枠の内側にロールスクリーンを収めると、すっきりとしたシンプルな窓辺になります。


採寸方法


 

窓枠の内側に取付ける場合は、商品が確実に収まるよう窓枠の内側の実寸より1cm程度差し引いてご注文ください。


 

「正面付け」の場合

窓枠よりはみ出してロールスクリーンを取付けると、窓枠を覆うように取付けるので、プライバシーの確保と遮光性に優れています。


採寸方法


 

窓枠の外側に取付ける場合は、幅・高さともに窓枠の外側寸法以上でご指定ください。


窓枠を完全に生地で覆いたい場合には、窓枠よりさらに4cm以上、幅をとってご注文ください。



   

●天井付けの場合のご注意!

上の図1、図2のように、ローラーパイプなどのメカ部分があるため、生地の横幅は短くなります。そのため窓枠と生地との間は若干開きます。

●プルコード式の場合の生地の長さ


  プルコード式の生地の長さについては、上の写真のように、生地を下いっぱいまで引っ張ると、ローラー部分が見えるため、一巻き分余裕を持った長さで生地は仕上げています。そのため、ご注文の指定寸法より一巻き分長くして製造しています。
  チェーン式も同じく一巻き分余裕を持った長さで製造していますが、チェーン式は巻き終わりでストップが掛かるため、それ以上伸びることはなく、生地は指定寸法の長さで納まります。

 

●正面付けの場合のご注意!

上にある図1、図2のように、ローラーパイプなどのメカ部分があるため、生地幅が短くなります。
そのため窓枠をスクリーン生地で完全に覆いたい場合には製品幅に対して、生地幅が短くなる分をプラスし、さらに1センチ以上の余裕を持ったはみ出し分の長さを加えてご注文ください。
プルコード式、チェーン式それぞれ開き幅に違いがありますので上図を参照ください。

 

取付方法・(窓枠の天井、正面への取付け)


●下の写真はノーマルタイプの一般的な取り付け方法です。詳しくは商品に同梱されている取り付け説明書をご覧下さい。

 

●大きなサイズ(幅が大きいもの)を取り付ける場合は、2人以上で作業されることをおすすめします。

 
 

●ダブルロールスクリーンは下記の取り付け方法と若干、異なります。詳しくは、商品付属の取り付け説明書をご覧下さい。なお、必要な木枠の幅は下の取り付け方法の中に記載しておりますので、ご参照ください。


 


 

プルコード式のロールスクリーンを「正面付け」にする場合

窓枠の側面や壁面にブラケットを取付ける。

正面付けの取付け

窓枠(木製)の正面にブラケットを取付けます。ブラケットの穴に付属のネジで固定します。

●後は上記と同様の要領で取付けて行きます。


 

プルコード長さの調節

スクリーンを引っ張るひも(プルコード)の長さは、写真のキャップを外し中のひもを取り出すことで   任意の長さに調節出来ます。


 
 

チェーン式のロールスクリーンを「天井付け」にする場合

窓枠の天部分にブラケットを取付ける。

天井付けの取付け

窓枠(木製)の天部分にブラケットを取付けます。ブラケットの穴に付属のネジ2本で固定します。

●後は上記と同様の要領で取付けて行きます。


 
 

カーテンレールに取付ける


カーテンレールに取付ける場合の寸法

  • 上部にメカ部分があるためロールスクリーンの生地幅は、商品本体よりも約3〜3.5cm短くなります。
  • ブラケットの取付け位置の調節とカーテンレールの強度により、ロールスクリーンはカーテンレールより長めのものを指定し頂くことも可能です(※)。
    ※注意事項
    カーテンレールの幅より長く取付はできますが、カーテンレールの両端のキャップは外したままの状態となります。


 
 

カーテンボックス内に取り付ける場合の寸法

  • カーテンボックスの中に、カーテンレールがある場合には取り外してください。
  • ロールスクリーンの横幅は、カーテンボックスよりも1〜2cm小さめでご注文ください。
  • ブラケットを天井付けの要領で取付けてください。プルコード式、チェーン式共に同様です。


 

取付方法


ブラケットの取付け

  • カーテンレールに、ブラケットを取付ける際、右のレールビス(オプション)を使用して固定します。その際、あらかじめカーテンレールのサイドキャップは外し、ランナーはすべて取り除いておいてください。
  •  
  • ブラケットを取付けたら天井取付けの要領で取付けます。


 

※写真はプルコード式ですが、チェーン式も同様に取付けます。

●レールビス(オプション)
※レールビスは注文時に、備考欄に「レールビス・オプション希望」と書いてください。本体発注時に指定頂いた場合に限り、無料です。
●レールビスの取付け状況
※好きな位置にスライドして
 固定できます。
 

壁紙(石膏ボード)に取付ける


かべロック(ネジ付き)を使用して取付ける


 

※ご注意!
大型などのブラインド・ロールスクリーンの場合は、おすすめ出来ません。操作時に落下するおそれがあります。
大きさに関わらず、天井は強度的に弱いため取付けることができません。

かべロックはなるべく石膏ボードの裏に、木下地などがある部分で取付けてください。
ロールスクリーンやブラインドを昇降する際の力で、ネジごと落下する危険性があります。取り付けは、自己責任でお願いいたします。
ご心配な方は、専門業者に取付けを依頼してください。


 
  • 壁面の下地(壁の基材)が石膏ボードの場合には、付属のネジでは取り付けられないので本舗オリジナル商品では、写真の「かべロック(ネジ付き)」をご用意しています。本体注文時のお買い物カゴの備考欄の「下地の種類は?」のところで、石膏ボードに『○』をつけて頂ければ無料で同梱します。(本舗オリジナルのロールスクリーン、アルミブラインドのみ)
  • 先ず、壁面の下地、壁の基材が何かを調べます。簡単な方法として、長めの押しピンを壁に差し込んでみて、やや固かったら「ベニア」、軽く入ってしまう場合は「石膏ボード」です。まったく入らない場合は「コンクリート」の可能性が高いです。
  • 壁面の下地が石膏ボードであればその裏に木の柱などしっかりした下地がある部分を探し、長めのネジを別途購入して取り付けるとよりしっかりと取付けることができます。
  • また壁紙屋本舗では「スーパープッシュ」という専門的な道具があります。これは木下地がワンプッシュで簡単に調べられるだけでなく、12mmの石膏ボードの下の金属下地を発見することができます。

    スーパープッシュについて詳しくはコチラ>>
  • 壁面の下地がコンクリートの場合には、ドリルで下穴を開けて、コンクリートビスで取り付けたり、プラグと呼ばれるものを差し込んで取り付けることが可能です。

かべロックのしくみ


 
 

ネジ止めしないで取付ける(浴室タイルなど)・本舗オリジナルロールスクリーン専用、新・テンションバーを使用します。


本舗オリジナルロールスクリーン専用、新・テンションバー

正面付け・天井付けともに可能な“つっぱり棒式”のテンションバーです。 キズをつけないため、賃貸住宅など壁面に穴を開けられない場合にも適しています。

しかし、凹凸のある壁紙、布壁、土壁、ベニヤ、コンクリートなどざらざらした面には取付けられません。 奥行き3cm以上が必要になります。 (ダブルロールスクリーン、ウッドブラインドの他、他社のロールスクリーンには取り付けられません。)

新・テンションバーについて詳しくはコチラ>>

取付方法

1.シャフト受けの貼り付け

両面テープで、テンションバー本体のシャフトを受ける部品を取付け位置に貼り付けます。


 

2.ロールスクリーンの取付け位置の確認

ロールスクリーンを天井付けにするか、正面付けにするかを決めます。本体を固定します。


 

3.本体の取付け

テンションバー本体をシャフト受けを通して左右のダイヤルを回しつっぱる形で固定します。


 

4.固定させる

テンションレバーを左から右へ、パチンとなるまで回すとロックがかかります。


 

5.ブラケットの取付け

ロールスクリーンと取付けるためのブラケットを白い部品の上にネジで取付けます。
上の写真は天井付けの場合。


 

5.ブラケットの取付け

  ブラケットを取付けた後は、「ロールスクリーンの取付け」の要領でロールスクリーンをはめ込んで取付けます。
上の写真は正面付けの場合の位置。


 
 

取付けしにくい所への補助金具
(オプション・ブラケット)・ロールスクリーン、ブラインドの取付補助金具の使用


●ロールスクリーンの取付け面が15mm以下でブラケットが安全に取付けられないときや、窓枠・サッシ部分に取付け穴をあけられないときに取り付けを補助するための金具を使用します。

※ご注意!
この商品は、本舗オリジナルのロールスクリーン、ソフトブラインド、アルミブラインド、ウッドブラインドにのみにお使い頂けます

●ロールスクリーン、ブラインド用
 オプションブラケット(取付補助金具)
 Aタイプ(L型)

詳しくはコチラ>>

 

●ロールスクリーン、ブラインド用
 オプションブラケット(取付補助金具)
 Bタイプ

詳しくはコチラ>>

 

●ロールスクリーン、ブラインド用
 オプションブラケット(取付補助金具)
 Cタイプ(T型)

詳しくはコチラ>>

 

●ロールスクリーン、ブラインド用
 オプションブラケット(取付補助金具)
 Dタイプ

 

詳しくはコチラ>>

 

窓枠に段差がある場合(ブラケットスペーサーを使用)


●ロールスクリーン、ブラインド用
 ブラケットスペーサー
 12及び20

詳しくはコチラ>>