ジュエリーは、お手入れ方法や保管方法に少し気をつけるだけで、その輝きをいつまでも保つことができます。「つけたら、拭いて、しまう」がケアの基本。毎日のちょっとした心がけと、定期的なお手入れが大切なジュエリーの輝きを長持ちさせる秘訣です。
基本のお手入れ方法 - daily care
ジュエリーに、化粧品やヘアスプレー、香水などが付着すると、汚れやほこりを吸収して輝きが失われたり、変色、退色の原因になります。ジュエリーはメイクの後でつけましょう。また、身につけた後は柔らかい布で拭いておきましょう。
つける - wearing
● ジュエリーはお化粧が終わった後につける習慣を身につけましょう
ファンデーションや口紅などの化粧品は油性の汚れと同じで、ジュエリーの大敵。常に、化学製品(ヘアスプレーや化粧品、香水)との接触を避けてください。特にサンゴやパールなどは油脂が苦手。身仕度がすべて完了した後に、つける習慣を身につけましょう。
● 必要がない時は外すようにしましょう
ジュエリーを着けている必要がない時は、外すようにしましょう。特に、家事や運動、スイミングや温泉に入る際は要注意です。特に、台所では、火による急激な温度変化により天然石にヒビが入ったりすることがあります。また漂白剤、ジュース、酢などにも貴金属や石を変色させる可能性が高いものがあります。台所仕事をするときは、ジュエリーを外しておいたほうがよいでしょう。
保管する - storage
● ケースにしまう前に必ず拭きましょう
ご使用後は、柔らかい布などで 汗、汚れ、水分等を軽く拭き取りましょう。 一日つけたジュエリーには、汗や皮脂、外気の汚れなどが付着しています。家に帰って外したら、ジュエリー ケースにしまう前に、すぐにきれいな布などで拭いてあげてください。ほこりはジュエリーの変色、退色を起こす原因となります。こすりつけるようにふくのではなく、ほこりを振り払うようにふくのがコツです。
● 空気に触れないよう個別に保管しましょう
ジュエリーは、空気中で放置すると、シルバーやゴールドに曇りが生じ、変色を起こします。ジュエリー同士が触れ合ってキズがついたり、チェーンが絡まったりしないよう、留金やピンはきちんと留め、ジュエリーはひとつずつ個別に分けてなるべく空気に触れないように仕切りのあるケースに保管してください。右の写真のように、小さなジッパーロックのついた袋に入れた上、ジュエリーボックスなどで保管することを強くお勧めします。
貴金属の種類とケア - gold & silver

ゴールドアイテム

Gold(金)<ソリッドゴールド> 混じりけの無い金のことです。金は腐食に対して非常に強いのが特徴です。金含有量率は「カラット(Karat)」で表わされ、24Kと表記される物が純金。純金は柔らかいので他の金属を加えて硬くし加工をし易くしたものが18K金や14K金です。18K金の純金含有率は75%、14K金の純金含有率は60%です。当店では、ソリッドゴールドは14K金・10K金の商品を中心に扱っております。
金張 <gold-filled> 金張は地の金属の1/20以上の重さの金を熱で圧着したものです。金メッキよりもかなり厚い層で作られているため、剥げにくいとされています。但し、変色することはあります。変色はクリーニングすることで、大部分はきれいな状態になります。表記はGFで金の含有量、使用量により「1/20 18KGF」といった形で表記されます。日本ではあまり見かけませんが、欧米ではアクセサリーなどに多く使われているポピュラーなものです。一般的に金メッキ(Plated)よりも上質だとされています。
※platedに比べてはがれにくいタイプですが、メッキの一種であるため、金属アレルギーが起こることがあります。
金メッキ <gold-plated> 電気分解により金をミクロン単位で付着させたものです。メッキは使用しているうちに剥がれてくることがあります。銀が地の金メッキの場合は、(銀が大丈夫な方は)金が剥がれても金属アレルギーになることはなく、また銀の風合いも楽しめます。
※一般的には地は真鍮で、汗や摩擦に弱いため、比較的金属アレルギーが起こりやすい素材です。
銀に金メッキ <gold-vermeil> Gold Vermeilとは、銀(スターリングシルバー)に金メッキをほどこした、海外で人気の加工方法です。Gold Vermeilは、シルバーに比べ、より汚れや、変色に強い加工といわれていますが、他のゴールドやシルバージュエリーと同様のケアをすることをお勧めします。金が剥がれても、銀にアレルギーがなければ、金属アレルギーになることは少なく、またアンティーク風の風合いも楽しめます。
※銀にアレルギーのある方は、金属アレルギーが起こることがあります。
Gold(金)のケア 塩素や、洗浄液などに代表される強い化学薬品には触れさせないようにしましょう。それだけで、デイリー使いにおけるキズを防ぎ、金のつやめいた輝きを長持ちさせることができます。クリーニングするなら、石鹸(合成洗剤成分を含まないもの)を溶かしたぬるま湯で、柔らかいブラシを用いてやさしく洗いましょう。身に着けない時は柔らかい布にくるむか、箱に入れて保管することをお勧めします。

シルバーアイテム

Silver(銀) 白色の貴金属ですが、同じ白でもプラチナと比べて落ち着いた光沢が特徴です。ゴージャスな輝きを放つ金のジュエリーも良いものですが銀製品の柔らかい光沢もまた魅力的です。純銀をそのままジュエリーに使用すると、柔らかすぎて身に付けているうちに変形したり、キズがついてりするので、普通は純銀に銅を5%混ぜて使用します。これを950銀といいますが、もう少し硬い925銀をスターリング・シルバーといって欧米は大抵これを使用しています。輝きはほとんど変わりはないのですが、最近は925銀の人気が高くジュエリーの主流になっています。当店では925銀のアクセサリーを販売しています。
Silver(銀)のケア 適切なケアをほどこすことで、シルバーのクオリティは一生ともいえるほどの間、維持することができます。こすったような傷や、そのほかのダメージを最小限にするために、布の袋や宝石箱の個別の仕切りのなかで保存することをお勧めします。また、化学薬品にさらされると銀はダメージを受けてしまいますので、ブリーチ剤を使ったり、アンモニアを利用した洗浄の際、塩素殺菌されたプールで泳ぐ場合などは、シルバー製品を身に着けることは避けましょう。 空気中の硫黄や硫化水素に触れること銀は変色しますが、銀専用のケア商品(液状のもの、ヤスリ状のもの、シルバークロスとよばれる布など)によりすぐにケアすれば、汚れ・変色部分を落とすことができます。

※ 金属は使用素材により、体質によってはかぶれ等を生じる場合がございます。金張り加工やプラチナでも、例外ではありません。少しでもおかしいと感じたら、ただちに着用を中止し、専門医に相談される事をおすすめいたします。また、商品のお取り扱いには充分ごご注意ください。特に衣類等への引掛けや、小さなお子様、ペットの誤飲、など当社では事故の責任を一切負いかねますので、くれぐれも商品の取り扱いにはご注意ください。

商品に関するお問い合わせ

お問い合わせはメールでお願い致します。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先 株式会社ジューシーロック お問い合わせ係
メールアドレス customer@juicyrock.co.jp