トップ ≫ ナチュラルバランス/Natural Balance

パートナーが生涯健康でいられること。
いつも元気に幸せであること。

そのためにはフードもトリーツもケアグッズも、私たちが責任を持って選んであげることが大事です。

安心・安全であることはもちろん、おいしく喜んで食べられるもの。カラダによくて栄養があるもの。気持ちよくリラックスできるもの。そんな理想的なアイテムを、大好きなパートナーのために。

ナチュラルバランスは、高品質な五大栄養素が含まれ、全てが自然の原材料のみのオールナチュラル製品です。
当店はすべて正規輸入製品 (日本正規品)を取扱っています。

もっと詳しく

ドッグフード

オリジナルウルトラ ホールボディヘルス(ウルトラプレミアム)ドッグフード

リデュースカロリーフォーミュラ

活動量の少ない愛犬や減量・体重コントロールを必要とする場合、もしくは内臓機能や代謝効率が低くなった愛犬におすすめのフードです。

スウィートポテト&フィッシュフォーミュラ

穀物類を一切使用せずに作られた、牛肉・鶏肉・ラム肉などにアレルギーを起こす愛犬のためのフードです。

ポテト&ダックフォーミュラ

穀物類を一切使用せずに作られた、牛肉・鶏肉・ラム肉・白米・小麦粉・トウモロコシなどにアレルギーを起こす愛犬のためのフードです。

スウィートポテト&バイソンフォーミュラ

穀物類を一切使用せずに作られた、牛肉・鶏肉・ラム肉・ダック肉・白米・小麦粉などにアレルギーを起こす愛犬のためのフードです。

スウィートポテト&ベニソンフォーミュラ

穀物類を一切使用せずに作られた、牛肉・鶏肉・ラム肉・白米・小麦粉などにアレルギーを起こす愛犬のためのフードです。

ベジタリアンフォーミュラ

肉や乳製品のような、一般フードの成分によって起こるアレルギーを持つ愛犬のためのフードです。草食動物にもお与えいただけます。

その他、犬用 ドライフード

  • ナチュラルバランス ポテト&カンガルー
    ポテト&カンガルー
    低アレルギー穀物不使用
    カンガルー肉を使用したアレルギー対応の総合栄養食
  • ナチュラルバランス ファットドッグス
    ファットドッグス
    オールブリードダイエット
    低カロリーで蛋白質と繊維質をバランスよく配合した、肥満傾向にある愛犬用の減量フード
  • ナチュラルバランス ポテト&ラビット
    ポテト&ラビット
    低アレルギー(うさぎ)穀物不使用
    牛肉・鶏肉・ラム肉などにアレルギーを起こす愛犬に
  • ナチュラルバランス レジューム&ダック
    レジューム&ダック
    低アレルギー(ヒヨコ豆・エンドウ)穀物不使用
    牛肉・鶏肉・ラム肉などにアレルギーを起こす愛犬に

ドッグ用 缶詰め(玄米) ウエットフード

ドッグ用 シチュータイプ ウエットフード

ドッグ用トリーツ(おやつ)

セミモイストトリーツ

愛犬のトレーニングやしつけにおすすめで、嗜好性が高い原材料を使用した、セミモイストタイプの愛犬用おやつです。ジャンピンスティックはグルコサミンやコンドロイチンを配合し、愛犬の股関節や関節の健康維持をサポートします。

食物アレルギー対応トリーツ

食物アレルギー対応食と同様に、アレルゲンとなりにくい新奇性の高い蛋白質と、炭水化物を使用し主原料としてブレンドした、穀物不使用の食物アレルギー対応トリーツです。

クッキー&ビスケット

デンタルケア トリーツ

キャットフード

キャット用 ドライフード

オリジナルウルトラ ホールボディヘルス キャットフード

「ウルトラプレミアム ドライ キャットフード」が、原材料とフォーミュラを見直し、更にグレードアップした『オリジナルウルトラ ホールボディヘルス キャットフード』(チキンミール&サーモンミールフォーミュラ)として新しく発売されました。

キャット用 缶詰め ウエットフード

キャット用 シチュータイプ・パテタイプ ウエットフード

ディレクタブルディライツ(レトルトパウチ)ウェットキャットフード

ディレクタブルディライツ キャットフードが、原材料とフォーミュラを見直し、リニューアルして販売開始しました。
パッケージが缶詰めからプラスチックのタッパー型のレトルトパウチへ、内容量は85gから71gへと変更になっております。

キャット用 レトルトフード

肉汁を入れて水分を増やしウェットにすることで、食事と一緒に水分を摂取できるよう開発されたフードです。

さらに、抜毛が多い環境にある室内猫のために、繊維質を多くし毛玉の体外への排出を無理なく促してくれるフードです。

キャット用トリーツ(おやつ)

サプリメント

ドッグ・キャット両用

  • ナチュラルバランス ダイジェストエイド
    ダイジェストエイド
    整腸サポート
    健康を維持するための栄養素を豊富に配合し、体の内側からバランスをサポート

フードの選び方について

種類がたくさんあって、どのフードを選んだらいいかわからない…そんな時にはこちらを参考にしてください。
豊富なラインアップの中から、あなたのパートナーにピッタリの商品が見つかりますように☆

あなたのパートナーにぴったりのフード診断

ナチュラルバランスについて

あなたの愛犬・愛猫が生涯健康であるために…”ナチュラルバランス”の願いです。

最新の研究結果を基に常に進化を続けていく最高級オールナチュラルフード

五大栄養素(たんぱく質、炭水化物、 脂質、ビタミン、ミネラル)

ナチュラルバランスペットフードは、科学的・栄養学的・獣医学的・力学的に研究開発された、高品質な五大栄養素(たんぱく質、炭水化物、 脂質、ビタミン、ミネラル)が含まれたオールナチュラル製品です。

愛犬・愛猫の体内では生成できない、栄養成分(30種類のサプリメント)が、独特のブレンド方法でバランス良く配合されています。

パートナーが生涯健康で幸せですごせるよう、医学的栄養食品を与えることが必要と考えています。毛並み・毛ヅヤがとても良くなった、便の調子が良くなったとご好評いただいています。

大切な家族には、理想的なフードを選択してあげたいですね。

  • 全てが自然の原材料のみ!保存料や化学薬品等も一切使用しておりません
  • 「毎日の主要な食事」として与えるための総合栄養食
  • 年齢や犬種・猫種に関係なく、全て同じフードでOKのオールブリード
  • 他社に比べてアレルギー食のラインアップが非常に豊富
  • 尿路疾患予防に!尿を酸性に保つクランベリー配合

全てが自然の原材料のみ!保存料や化学薬品等も一切使用しておりません

ペットフードを大きく3つに分類した場合、リサイクルフード、エコノミーフード、プレミアムフードに分けられます。

  リサイクルフード エコノミーフード プレミアムフード
原材料 人が食さない部分
廃棄したもの
安価な副産物
主原料にとうもろこし
人が食べられる食材
化学物質

合成添加物
使用 使用 不使用

ナチュラルバランス製品は、人が食べられることを基準に原材料を厳選し、化学物質や合成添加物、着色料を一切使用せずに作られたオールナチュラル製品です。

上記の分類の中では、プレミアムフードに位置づけされます。その他のプレミアムフードよりもさらに上質なウルトラプレミアムフォーミュラです。

酸化防止剤には、天然のトコフェロールを使用しています。BHT、BHA、エトキシキンは一切使用しておりません

米国本社に検査機関を設置し、製造後の製品全てを検査

ナチュラルバランス製品試験機関

現在、米国ナチュラルバランス社では自社に検査機関を設置し、 製造後の製品全てを検査し、より安全で安心できる製品作りを行なっています。

ミッドウェスト検査機関、そしてナチュラルバランス検査機関にて検査を行っています。

危険なフードとは

一方で、リサイクルフードは人間が食さない部分や、廃棄したもの(バイプロダクト)を原料として、化学薬品や着色料、化学香料を使って、色合いよく味付けされたフードで、もっとも危険なフードです。

エコノミーフードは、原材料に化学物質や合成添加物、着色料を使用し、原材料については安価な副産物やとうもろこしを多く使用しているのが特徴です。このトウモロコシを使用したフードは、栄養素も低く消化も早いため、夜にフードを与えたとき、朝方に黄色い胃液を吐くことがあります。
フードを選ぶ際には、原材料を十分に吟味する必要がありますね。

ナチュラルバランスの誕生

ナチュラルバランス社長ジョイ・ヘリック氏

ナチュラルバランスペットフード社は、以前はペットフードの研究所として、日本でも有名なアメリカのトップクラスのペットフードメーカーに対してフォーミュラを作っていた会社です。研究所では、獣医学博士・栄養士を揃え、“ペットによいフードとは何か”を日々研究し開発を行い、各メーカーへフォーミュラを提供していました。

しかし、開発されたすばらしいフォーミュラをメーカーに提示しても、コスト面などの理由により商品化されないことが多々ありました。

そこで、ジョイ・ヘリック氏(ナチュラルバランス社長)は、ディック・バン・パッテン氏(俳優)との出会いをきっかけに、これからのペットフードは“ペットのためによい素材を使わなければならない”という共通の想いで、ナチュラルバランスペットフード社を設立しました。

元々が研究所ですので、スタッフにペット栄養士・人間の外科医・ドッグトレーナーを迎え、さらなる充実したフォーミュラで妥協のない製品作りを始めました。
それが、今日のナチュラルバランスペットフードのはじまりです。

「毎日の主要な食事」として与えるための総合栄養食

ナチュラルバランスペットフードは、療法食、処方食ではありません。

総合栄養食とはフードと水だけで十分な栄養素を摂取することができるフードのことで、毎日の主食としてお与えいただけます。愛犬・愛猫の成長や健康を維持することができる、理想的な栄養素がバランスよく配合されています。

『総合栄養食』と表示のあるフードは、ペットフード公正取引協議会が、世界的に認められた小動物の栄養基準となっているAAFCOの分析試験による栄養基準、または給与試験プロトコールの評価基準をクリアしたものです。

全米50州の基準を満たした高い品質のペットフード

アメリカ国内50州で販売

オールブリードの総合栄養食として、全米50州で販売ができるAAFCO基準の販売許可を取得しています。
AAFCO(Association of American Feed ControlOfficials)は、米国飼料検査協会のことで、米国FDA内に総括本部が存在し、全米50州に出先機関として存在しています。

製品の製造と管理について

そして各州によってAAFCO基準が異なります。これはそれぞれの州で決めた州法と、その州のAAFCOが定めた基準があるためであり、その基準に適していなければその州において製品を販売する事ができません。
つまり、全ての州の基準を満たすほどの高い水準で製造されているからこそ、全米50州で販売ができるのです。

年齢や犬種・猫種に関係なく、全て同じフードでOKのオールブリード

オールブリード(健康維持食)とは、種や年齢に関係なく離乳時からシニアまで、すべてに対応したドライフードの意味です。ペットフードの先進国アメリカでは、オールブリードが主流になりつつあります。

自然界で考えますと、子犬用や老犬用といったように、区別して獲物を収穫することはしていません。
子犬の時期には柔らかい部位を食べて成長し、成犬期になるとたくさんの量を食べます。
老犬になると自然に食べる量が減ってきます。

このようなことから、同じフードでも与える量と回数を調節することで、子犬から老犬まで対応することができるのです。

年齢によってフードをやわらかく加工(ふやかす)したり、食べる分量の調節を行うだけで、特別に成分を増やしたり、カロリーを上げたりする必要は全くありません。

ナチュラルバランス オリジナルウルトラ ホールボディヘルス ドッグフード

超小型犬や歯・口内に疾患がある場合にも食べやすい、小粒タイプの形状もありますので、愛犬に合わせてお選びください。
キャットフードはすべて小粒での形状になっています。

栄養学的・力学的に研究されたウルトラプレミアムフードの特徴

ウルトラプレミアムドライフードの形状はすべて、力学的に研究開発されたパレット状をしています。あらゆる犬種・年齢でも、口の中に入れた時に噛みやすい大きさ・割れやすい硬さに研究されています。

また、可消化率が90%以上と高く、胃腸への負担も軽減されます。

ナチュラルバランスのフードの形状

ウルトラプレミアムフードの形状

片面がドーム状、もう一方の面が平面という形状になっています。
これは、ドーム形状の方は硬くて割れにくく、平面形状の方からは簡単に割ることができるという特徴があります。

一般的なフードの形状

他社フードの形状

一般的な球状のフードの場合は、何処から噛んでも口の中で転がり、噛む事が難しい為にそのまま飲み込んでしまう危険性があります。
両面がパレット状のフードの場合は、何処から噛んでも硬く、かみ砕くことが難しくなります。

実際に、現在使用しているフードを、指2本で割ってお試しいただければ、実感していただけることと思います。
小粒のフードだから子犬に適しているとは限らないのです。

食物アレルギー予防のために考えられた蛋白質と炭水化物

食物アレルギーは、同じ種類の蛋白質や炭水化物を摂取し続けることによって発症し、その60%は遺伝によるものと言われています。

ウルトラプレミアムは、食物アレルギーを予防するために、3大栄養素のうち蛋白質と炭水化物にそれぞれ3種類の原材料を使用しています。例えば、ホールボディヘルスドライドッグフードの場合、蛋白質は鶏肉・ダックミール・サーモンミール、炭水化物には玄米・オート麦・ブリュワーズライスを使用しています。

こうすることによって、食物アレルギーの原因とされる蛋白質・炭水化物の原材料を分散させアレルギーの発症を軽減し、3種類のフードをローテーションしているのと同じ状態をつくることができます。

愛犬に必要な量の蛋白質・炭水化物を補給する場合、1種類のみを補給するのに比べて、3種類を使用して補給した方が1種類の必要量が少なくて済みます。よって、1種類の蛋白質・炭水化物を継続して与えるより、ウルトラプレミアムを与えることで食物アレルギーの予防を手助けすることができます。

但し、鶏肉・ダック肉・サーモンに食物アレルギーがある場合は、ナチュラルバランスのアレルギー対応成分限定食への切替をおすすめします。

他社に比べてアレルギー食のラインアップが非常に豊富!

ドッグフードアレルギー予防のために数種類のたんぱく質と炭水化物を使用

ナチュラルバランス ポテト&ダック ドッグフード

ウルトラプレミアムドッグフードでは、アレルギー症を予防するために、3大栄養素である蛋白質(新鮮な鶏肉・新鮮なラム肉・新鮮なダック肉)、炭水化物(玄米・オートミール・大麦)に、それぞれ3種類の原材料を使用しています。

それにより、アレルギーの原因とされる蛋白質・炭水化物の原材料を分散させてアレルギーの発症を軽減し、3種類のフードをローテーションしているのと同じ状態をつくることができます。

また、遺伝性によるアレルギー症を、子供・孫の代へ残すことを抑えることができます。

キャットフードアレルゲンとなりにくい新奇性の高いタンパク質と炭水化物を使用

ナチュラルバランス グリーンピース&ダック キャットフード

猫の食物アレルギーの原因となる穀物類には、白米・小麦・小麦グルテン・小麦粉・とうもろこしがあります。

ウルトラプレミアムキャットフードでは、この穀物類を一切使用せずに作られています。

厳選された食材の中から、1種類のプレミアムたんぱく質と、1種類の炭水化物を使用することにより、アレルギー反応を防ぐアレルギー対応食です。

オメガ3とオメガ6の配合

良質な必須脂肪酸(亜麻仁・ニシン油)を2種類使用し、良質なオメガ3とオメガ6をバランスよく配合することによって、皮膚とコートを健康に保つ手助けをします。

尿路疾患予防に!尿を酸性に保つクランベリー配合

水道水をおすすめしています。

尿路疾患の主な原因は、尿中のペーハー(pH)のバランスが崩れ、尿がアルカリ性に傾くことによって起こりやすくなります。

ウルトラプレミアムキャットフードには、希少価値の高いクランベリーが配合されています。このクランベリーは低カロリーでビタミンCや食物繊維のほか、アントシアニン類などのポリフェノールを豊富に含んでいます。また、クランベリーには、尿のpHを酸性に傾ける働きを持つ『キナ酸』が多く含まれています。

キナ酸は、体内で馬尿酸に変わって尿を酸性に保ち、細菌の増殖を抑える働きをしますので、尿路疾患の予防・改善に効果的です。

尿路疾患を予防するクランベリー

しかし、日常与える水がアルカリ性の場合、尿中ペーハーがアルカリ性に傾いてしまいますので、水を購入して与えるときは、注意が必要です。

ナチュラルバランスでは、水道水をおすすめしています。

排便が良好であること

ナチュラルバランスペットフードでは、便を固める作用の成分は一切使用していません。

一部では、飼い主の掃除の手間を省くため、故意に便を固める成分(クレイ、ビートパルプなど)を配合させているペットフードが非常に多いのが現状です。

便を意図的に固めるシステムでは、食べ物が消化され体に吸収されるときには、栄養成分まで固めていってしまうので、体へ吸収されないまま排便されてしまいます。また、クレイなどを使用したフードを継続的に食べた場合、胃腸の粘膜にクレイが付着し、それが皮膜をつくり吸収率を下げる場合もあります。

良好な便は少し柔らかめで、ペットシーツなどに多少付く程度が良いとされています。

ご注意並行輸入製品にご注意!

皆さんご存知ですか?正規輸入製品と並行輸入製品の違いについて!

大切なパートナーのカラダのことを考えれば、おのずと答えが出てくるのではないでしょうか。
健やかなペットライフのために。知っておきたいですね。

製品の製造と管理について

日本正規輸入製品とは

正規品倉庫

正規輸入製品は、アメリカから日本への輸出用に製造された製品です。
日本正規総輸入元である、株式会社オフィスプロフィットインターナショナルより、アメリカのナチュラルバランスペットフード社の本社に発注を行い、日本正規品として製造を行っています。

  • 日本の気候に合わせ、カビや微生物の発生を防ぐため、低水分に抑えています。
  • 長期輸送時の酸化を防ぐため、天然酸化防止ナチュロック(特許成分)を使用しています。
  • 湿気や害虫から守るため、特殊バリアパッケージを使用しています。
並行輸入製品とは

一方で並行輸入製品は、ナチュラルバランス本社からアメリカ各州の問屋に配送された、米国国内仕様の製品です。
アメリカのブローカーが日本での売れ筋商品を買い集め、ブローカーの所有する駐車場で「野ざらし」にて1~2週間程度放置した製品を、日本のブローカーに売り渡し、輸出を行っているのが実情です。

  • 野ざらしでブルーシートを被せ、1~2週間放置しているため、酸化が早く起きる原因になります。
    例えば、ロサンゼルスの気候は、朝昼晩の気温差が10度近くあり、昼間は太陽の直射日光を浴びて製品が汗をかき、夜間から朝方には夜露が付き、製品の品質が著しく低下します。
  • 賞味期限が仮に1年あるとしても、上記のような管理保管をしていれば、実際日本に輸入されての賞味期限は1~2ヶ月しか持たないことになります。

日本と米国国内仕様のパッケージの違いについて

日本正規輸入製品のパッケージ

日本仕様のパッケージは、ピンホールが開きにくい強度を保ち、外部からの光を遮断して内部結露を起こしにくい4層バリアフィルムを採用しています。

外側の3層は、防湿性の高い「延伸ナイロンフィルム」を、「バリアー性フィルム(エバール)」で挟み込んだ構造となっています。空気はもちろん湿気も確実にシャットアウトします。

4層バリアフィルム

さらに内側には、ピンホールが開きにくく強度性を高めるための「リニアポリエステルフィルム」を使用し、長期保存に適しています。

日本正規輸入製品のパッケージ

また、ジッパーがついていますので、気密性に優れています。開封後もフードの鮮度を保ちます。

国内で販売されている他のペットフードで、このようなパッケージはあまり使用されていません。ナチュラルバランスならではのこだわりです。

並行輸入製品のパッケージ

米国国内仕様の紙パッケージ

並行輸入されているパッケージは、アメリカ国内で販売されている国内仕様の紙パッケージです。光と水分に非常に弱く、酸化しやすい仕様です。
気密性が悪い為に、カビや微生物が発生しやすく、害虫等が混入しやすい状態の為に、輸入することは不向きになります。