自転車を利用するためには、法律により「自転車防犯登録」が義務づけされています。
この法律は多発する自転車の盗難や放置自転車などの問題を改善するため、平成6年6月より施行されました。
自転車防犯登録をすることで自転車の持ち主であることが証明され、盗難などの被害にあった場合取り戻しやすくなります。

◆自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律
第12条 第3項(自転車等の利用者の責務)
自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家公安委員会規則で定めるところにより、
都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録(以下「防犯登録」という。)を受けなければならない。

[注意]電動自転車や一部シティーサイクルなど、盗難補償付きの自転車は、その多くは防犯登録がないと受けられません。
また盗難補償の登録期限がある場合がありますので防犯登録はお早めに行なってください。
(盗難補償はメーカーが行っているサービスです。防犯登録とは異なります。)




お住まいの地域で防犯登録されたい方は、下記のものをご持参のうえ、防犯登録を行っているお近くの 自転車屋さんで防犯登録を行ってください。 ※登録料500円がかかります。(多くが500円ですが地域によって登録料がかわります。)


・ 自転車本体
・ 公的機関発行の身分証明書(運転免許証、保険証など)
※登録する本人であることが証明できる書類を提示していただく必要があります。
・ 保証書(取扱説明書、販売証明書など)




当店で防犯登録をした場合、大阪市平野区の管轄エリアの防犯登録となります。

防犯登録は全国共通です。
自転車の所有者があなたであることを証明します。
大阪府のコンピューターに10年間保存されます。
大阪府以外にお住まいの場合、所有者確認に時間がかかる場合がございます。
防犯登録のみの販売は行っておりません。自転車と一緒にご注文ください。