時計をお求めのお客様へ


「生活パターン」や「使用環境」が原因で生じる不具合(修理を必要としないケース)

注意No 症状 考えられる原因 説   明
1 止まる/進み/遅れ 磁気帯び 電化製品や磁石等が発する磁気で起こります。(磁気が残留し、その後も続く場合は修理が必要です)
ゼンマイの巻上不足
※自動巻のみ
ゼンマイの巻上げ量が不足している場合にのみ起こります。
2 進み 激しい動き
※機械時計のみ
時計を着けたままでスポーツなどの激しい動きをすると、激しい動きをしている間、一時的に進みが生じることがあります。
一般的なヒゲ絡み
※機械時計のみ
一時的にテンプのヒゲゼンマイが絡まる不具合です。稀に、何かの拍子で元に戻ることがあります。
3 進み/遅れ 気温差 およそ0度〜40度の範囲を超えた状況下におかれた場合にのみ生じます。常温に戻すと正常に作動します。
時計内の空気に含まれる湿気が、温度差によって一時的に結露として現れる場合があります。(水滴になるなど、いつまでも取れない場合は修理が必要です)
くもり



「衝撃」によって生じる不具合(修理が必要なケース)

注意No 症状 考えられる原因 説   明
4 止まる/進み/遅れ ショックバネ外れ
※機械時計のみ
ショックバネとは、その名の通り耐衝撃用のエスケープバネです。
このバネは、テンプという高価な部品の破損を防ぐため、時計が衝撃を受けると外れる仕組みになっています。バネが外れると同時に時計は止まります。衝撃が強く、ショックバネだけで逃げ切れない場合はテンプが破損する場合があります。
また、バネが外れるほどの衝撃でない場合は、完全にバネが外れず動き続けますが、大幅な精度不良が生じます。
5 進み ヒゲ絡み
※機械時計のみ
機械時計の調速機構には、テンプという部品が使われています。
このテンプは往復運動によって時計の動きを制御していますが、この往復運動はヒゲゼンマイと呼ばれるゼンマイの動きで可能になっています。ヒゲゼンマイは大変繊細な部品で、時計が強いショックを受けた場合にはショックの拍子に絡まってしまうことがあります。



「誤操作」によって生じる不具合(修理が必要なケース)

注意No 症状 考えられる原因 説   明
6 リューズ カレンダー不良 カレンダー操作禁止時間帯で操作した可能性があります。 PM8時〜AM4時の間でのカレンダー操作は故障の原因になります。

7

リューズが抜けた リューズを引っ張り過ぎたことが原因でオシドリ(内装部品)が破損した可能性があります。
8 巻芯が折れた 無理な力によって、負荷に耐え切れず折れた可能性があります。
9 回転式ベゼル 片方向しか回らないはずのベゼルが両方向に回るようになった
可動式のベゼルであるため、板バネやピンなどといった小部品で留められているものが大半で、小部品は決して頑強なパーツではありません。そのため、逆方向に回すなどの無理な力が加わると、ベゼルを留めている小部品が破損し、両方向に回転したり、外れてしまう場合があります。



クォーツ時計の電池

ご購入いただいた時計に組み込まれている電池は動作確認用のモニター用電池です。
そのため、ご購入後短期間で停止する事があります。また、モニター用電池は商品代金には含まれておりません。
電池交換につきましては有料にて承ります。



修理について

当サイトでご購入いただいた商品につきまして、万一故障や不具合が発生した場合は、保証書記載の規定に基づいて修理いたします。事前にご連絡の上、Joshin web事務局へお送りください。

紛失のおそれがありますので、必ず事前にご連絡いただきますようお願いいたします。修理品をお送りいただく際には、保証期間に関わらず、必ずメーカー保証書と弊社発行の保証書(腕時計の場合のみ)をお送りください。保証書がない場合、修理・調整をお引き受けできない場合や修理代金が割高になる場合がございます。

腕時計取扱い店舗のみ、店頭にて修理を承ります。
修理をご依頼の際は、メーカー保証書と弊社ロングラン保証書の2枚をご用意下さい。

【腕時計取扱店舗はこちら】

三重県
ジョーシン明和イオンモール店 三重県多気郡明和町中村1223 イオンモール明和1F

大阪府
ジョーシンスーパーでんでんランド 大阪府大阪市浪速区日本橋4-12-6
ジョーシン高槻店 大阪府高槻市大畑町24-10
ジョーシン岸和田店 大阪府岸和田市作才町1-3-12

京都府
ジョーシン京都1ばん館 京都府京都市右京区西院巽町38
ジョーシン伏見店 京都府京都市伏見区下鳥羽但馬町101番地

奈良県
ジョーシン郡山店 奈良県大和郡山市横田町693-1



『針のずれ・指示誤差』について

自動車のハンドルに「あそび」があるように、時計の歯車どうしの噛み合いの部分にも、時計を衝撃から守り、歯車が滑らかに動くための隙間があります。
この隙間を「バックラッシュ」と言います。この「バックラッシュ」のために、ある程度の針ずれは構造的に存在し、異常ではありません。(電波時計であっても、アナログ時計であれば同様に存在します。)
また、「バックラッシュ」による針の目盛りとの微妙なずれは、重力の影響を受けるため、ずれ幅は目盛りの位置によって異なります。
そのため、「針ずれ・指示誤差」につきましては、初期不良と認められません。




トップへ戻る