MAIN PAGEアージレ ┃AGILE(アージレ)by RUCOLINEなんでもQ&A


なんでもQ&Aトップ画像
商品番号の下の色をクリックすると、その商品の説明へ
ART.226 ハイカットスニーカーART.203 バレーシューズART.233 バレーシューズART.204 バレーシューズART.228 ミドル丈ブーツART.2636 ショート丈ブーツ





AGILE(アージレ)よくある質問(商品について)

【Q1】 なぜアージレの靴を履くと楽に歩けるのでしょうか?


【Q2】 アージレの素材が合皮なのはなぜですか?


【Q3】 なぜ替え紐が付いているのですか?


【Q4】 なぜ夏でもハイカットスニーカーのシリーズが多いのですか?


【Q5】 ファスナー付きハイカットシューズ。紐靴なのに、なぜファスナーがついてるのですか?


【Q6】 アージレの「a」のマークがない!! これ、本当にAGILE by RUCOLINEの商品ですか?


【Q7】 同じ時に2足合わせて買ってるのに、片方だけ、不良が出ました。なんで?




AGILE(アージレ)よくある質問(注文について)

【Q1】 せっかく注文したのに商品がない? 注文できたのに、なぜでしょうか?




AGILE(アージレ)よくある質問(その他)

【Q1】 合成皮革の靴ってどうやってお手入れすればいいですか?


【Q2】 アージレってルコラインの製品とどう違うのですか?






AGILE(アージレ)よくある質問(商品について)回答一覧


Q1.なぜアージレの靴を履くと楽に歩けるのでしょうか?

【Answer】
アージレは、スマートなデザインで、大変細く見え、窮屈そうというイメージがあるようですが、 実際には【3E/EEE】のゆったりワイズ。 その上、靴紐でジャストフィットさせることができるため、圧迫感を最低限にまで抑えることができます。 また、医学的に女性が最も快適に足運びを行えるヒールは3-4センチ程度とされていますが、 アージレはソールの最も厚いヒール部分が4.5cm程度、最も薄いつま先部分で2cm程度です。この高さが歩きやすさの秘訣です。

↑ページトップへ戻る




Q2.アージレの素材が合皮なのはなぜですか?

【Answer】
ルコラインでは、本革素材の商品も生産されています。しかしAGILE by RUCOLINEでは合皮のみの商品を展開しています。なぜ合皮にこだわるのか。それは、何より履き心地が良いからです。 本革製品は、時間がたつほど自分のものになっていくため、アージレの本革製品をというお声を多く頂戴するのですが、自分のものになるまでに時間がかかります。買ったその日からやわらかく、足に沿う靴を目指し、何より履き心地を第一に押し出しているからこそ、合皮製品をお勧めしています。また、合皮製品ならではのやわらかさに加え、軽さも同時に手に入る。魅力的だと思いませんか? ただ、合皮製品だとどうしても夏に蒸れることがあったり、何足もお持ちのお客さまにおかれましては、風合いの違う、毛色の違うルコラインを..というご意見も頂戴しておりますので、ボディをネットにしたものや、キャンバス地のものなどの入荷もしております。

↑ページトップへ戻る




Q3.なぜ替え紐が付いているのですか?

【Answer】
アージレの靴って、本当に履きやすいんです。毎日でも履いてしまいたくなるんです。だからこその替え紐なんです。 毎日、自分の足に合わせるために、紐をほどいて、結えて..を繰り返していると、だんだん紐がけばだってきます。シックなスーツや、エレガントなお出かけ服に着替えたのに、紐がけばけばだとちょっと興ざめじゃないですか。そんな時は紐を取り替えてリフレッシュ。紐を変えるだけで、おニューを身につけたような、新鮮な気持ちになるものです。 ※替え紐がついているのはART.226(対象外商品もあります)だけです。

↑ページトップへ戻る




Q4.なぜ夏でもハイカットスニーカーのシリーズが多いのですか?

【Answer】
もちろん、全く蒸れないとは言いませんが、夏でもかっちり、ルコのART.200をお召しの女性に出会うことが結構あります。 その秘密はシューズのインソールと内張りの素材。ルコラインは、内張り素材にも手を抜きません。 活性炭を使用した、匂い菌、カビの生えにくインナーソール(中敷き)と、DRi-LEX®という素材を内張りに使っているため、冬暖かく、夏爽やかなシューズない環境を作り出しているのです。 また、日本の気候に合わせて、ハト目加工も 施し、より通気性を良くしています。(ART.200 ハイカットシューズのみ)

↑ページトップへ戻る




Q5.ファスナー付きハイカットシューズ。紐靴なのに、なぜファスナーがついてるのですか?

【Answer】
「紐靴面倒」、「紐でアジャストしたことないわ」というお客様。もったいないです。せっかくの履き心地で少し損してます。 ということで、意外と人気なのが、ファスナー付きルコライン、ART.226。 お買い上げ頂きましたら、ご自身の足に合わせてジャストフィットさせるだけで、後はファスナーで着脱できるから、とっても簡単、便利。急いでお出かけの際も慌てなくていいですよね。

↑ページトップへ戻る




Q6.アージレの「a」のマークがない!! これ、本当にAGILE by RUCOLINEの商品ですか?

【Answer】
ルコラインの新しいラインとして登場したAGILE by RUCOLINE(アージレバイルコライン)。アージレの製品には、どこかしらにデザインの一部としてaのロゴ(マーク)が縫い付けられているのですが、ART.208のローカットにはどこにも縫い付けがありません。純粋に、場所がないという理由なのですが、でもご安心ください。どこかにルコラインの文字が隠されているはずです。小さなルコラインブランドの証明があちこちにちりばめられているはずです。
※ ART.208の場合はインソールにプリントと、「べろ」の部分に縫いつけのタグがあります。

↑ページトップへ戻る




Q7.同じ時に2足合わせて買ってるのに、片方だけ、不良が出ました。なんで?

【Answer】
全く同じ商品であっても、入荷ロットが異なることがございます。また、保管環境ももちろんですが、その商品をお召しになったシーンや頻度、様々な違いの積み重ねで、どちらかが先に劣化してしまうことは、普通に起こりえることです。
また逆に「買ってから全然履いてないのに..。」ソールが割れたり、生地が避けたり...。これは、全く使用しなかったからこそ起こる経年劣化。合成素材は、全く使用しないと、どんどん弾力性を失い、もろくなります。また、使用時の汚れなども劣化の一因と成ります。

↑ページトップへ戻る





AGILE(アージレ)よくある質問(注文について)回答一覧

Q1せっかく注文したのに商品がない? 注文できたのに、なぜでしょうか?

【Answer】
申し訳ございません。アージレは卸売在庫と共有しております。卸売りの商品の動きは、とても早く、WEBに在庫状況を素早く反映できません。
そのため、ご注文を頂戴した段階で、在庫確認し、正式受注のご連絡を差し上げる手配となっております。
もし、商品がなく、次回予約で確保できる場合は予約手配、入荷予定がない場合は、他の商品の在庫確認をしてお知らせしたり、ご注文のキャンセルをさせていただいております。
ご迷惑、お手数をおかけいたしますが、できるだけ皆様に不便なく、商品をお届けできるよう手配しておりますので、なにとぞご了承ください。

↑ページトップへ戻る






AGILE(アージレ)よくある質問(その他)回答一覧


Q1.合成皮革の靴ってどうやってお手入れすればいいですか?

【Answer】
甲の汚れは、水でぬらし、かたく絞った布でふいてください。革製品に比べて汚れにくく、汚れがついた場合も目立ちにくいのが特徴です。
ですので普段のお手入れは拭いていただくだけで十分綺麗な状態でお使いいただけます。
それでも汚れがひどく取れにくい場合は、その部分を布で少し叩くようにしていただくと取れやすいと思います。 革製品とは異なるため、くつクリームなどの保革油は使わないでください。 変色変形の原因となりますので、乾燥するときは、陰干しにしてください。

↑ページトップへ戻る




Q2.アージレってルコラインの製品とどう違うのですか?

【Answer】
2013年、RUCOLINEの新たなラインとして「AGILE by RUCOLINE」は誕生しました。まず違いは素材です。AGILEの製品は全て合成皮革を使用しています。何より履き心地よく履いたその日からお客様おひとりお一人の足にフィットするので合皮にこだわっています。AGILEが誕生したことによりRUCOLINEのラインナップはすべて革を使用した製品のみです。
次に価格です。合成皮革を使用している分、RUCOLINEよりもお求めやすいお値段でご提供いたしております。多くの方にこの履き心地を体験してもらいたい、毎日履くものだからこそ少しでも手の届くお値段で・・・というさまざまな願いがAGILEには込められています。
またRUCOLINEは少し年齢層が若めの方向けのデザインが多いイメージですが、AGILEはシンプルで飽きのこない落ち着いたデザインが多いのが特徴です。シンプルの中にもオシャレで洗練されたデザインはRUCOLINEのポリシーであり、AGILEでもしっかり語り継がれています。

↑ページトップへ戻る






株式会社 メモスでは、常に【ルコライン】社製品を、計画的に輸入しておりますが、素材、サイズ、色のバリエーションが多く、商品によって欠品することが予想されます。
もちろん、在庫確認後のご注文も承ることができるのですが、基本的に【ご注文順】のご提供、ご予約と成りますので、在庫確認を兼ねてまずご注文を頂くという方式にさせていただいております。

↑ページトップへ戻る


AGILE by RUCOLINE(アージレ バイ ルコライン)
アートナンバーについて
アージレのデザイン(形)には【アートナンバー(ART.NR)】が割り振られています。アートナンバーごとに商品をご紹介します。
アート・ナンバー226 ART.226
大人気!Art.226は、くるぶしのすぐ下にまで履き口がくる、ハイカットタイプ。足首をクッション性のある素材でくるむため、歩くのが快適です。一年中、快適にお過ごしいただくために、土ふまず付近に、ハト目で通気口を施してあります。また内側にファスナーがついているので着脱がとても簡単です。
アート・ナンバー203 ART.203
ソールはArt.226と全く同じ4.5cmを使用し、クッション性をそのままに、スカートをお召しの際に人気の可愛いストラップシューズです。
全体的に丸いフォルムとストラップから【バレーシューズ】とも。単色カラーなので、飽きがこず、どんなお洋服にでも相性ぴったり!
アート・ナンバー204 ART.204
ソールはArt.226と全く同じ4.5cmを使用し、クッション性をそのままに、スカートをお召しの際に人気の可愛いストラップシューズです。
全体的に丸いフォルムとストラップから【バレーシューズ】とも。203とは違い、素材の切り替えをしてあるので、主役になる一足に!
アート・ナンバー233 ART.233
ソールはArt.226と全く同じ4.5cmを使用し、クッション性をそのままに、スカートをお召しの際に人気の可愛いストラップシューズです。
全体的に丸いフォルムとストラップから【バレーシューズ】とも。204と少し違う素材の切り替えをしてあります。こちらも主役になる一足に!
アート・ナンバー228 ART.228
ソールはArt.226と全く同じ4.5cmを使用し、クッション性をそのままに、オシャレの幅が広がるミドルブーツタイプ。
歩きやすさはそのままに、コーディネートの幅が広がる一足に。パンツを履いてブーツインでもよし!スカートと合わせてフェミニンに履くのもよし!
アート・ナンバー2636 ART.2636
ソールはArt.226と全く同じ4.5cmを使用し、クッション性をそのままに、オシャレの幅が広がるショートブーツタイプ。
歩きやすさはそのままに、コーディネートの幅が広がる一足に。パンツをロールアップして合わせれば足長効果も抜群です!
その他、シーズンごとにサンダルやブーツアイテムが入荷したり、毎年、新たな素材の商品が登場します。
現在、定番商品のみのご紹介にとどまっておりますが、お問い合わせは随時承っております。お気軽にお知らせ下さい。
↑ページトップへ戻る


RucoLine
ルコライン社は1987年創業。
建築学を学んだ妻ダニエラがデザインを担当。女性の快適な歩行のため、医学的根拠に基づく機能を、彼女の独特のデザイン感覚で造り上げていくシューズは、20年以上もの間、女性の心をとらえている。
輸入販売元:株式会社 メモス


RUCOLINE® 快適の理由


ルコラインが年代を選ばないデザインやハイエンドな素材のみでなく、履き心地よく、快適な歩行を実現するということは、輸入を開始して以来20年近く、変わらずご愛顧いただいていることを見ても証明されています。


インソール(中敷き)には、消臭・速乾性の高い活性炭が含まれた素材を使用しています。
また、夏は通気性、冬は保温性を保ち、摩擦を最低限に抑える、DRi-LEX®というポリエステル100%の素材を内張りとして使用しています。直接足が触るこの二つの部分の素材選びには妥協がありません。
そして、ソールにはポリウレタンの型抜きのソールを使用しています。これは、空気の層を持たせることで、適度な弾力を持たせることができ、何よりも軽いソールを実現しています。
ルコラインの重さは、わずか400g(※)程度。その軽さに、はいているのを忘れるほどです。

ソールはこんな形をしています。




糸の子で縦にカットすると、こんなに深い穴が開いています。
穴をたくさん作ることにより、片足400gに満たない重さ(素材、サイズ、デザインにより異なる)と、やわらかいソールを実現しています。

※37サイズのシンプルな合皮素材のものの片足を計測しています。サイズや素材、アクセサリーにより重量は変化します。



おみ足に合ったRUCOLINEを長くご愛用いただくために…
弊社取扱のルコラインは、初めて履いた時さえもやわらかくお召しいただけるよう、また、長い時間、お召しいただいても軽快でいられるよう、軽く柔らかいポリウレタン素材を使用しています。
ポリウレタンはゴムを原料としており、そのため、たとえ御利用回数が少なかったとしても、長い期間まったく使用せず放置すると、素材自体の酸化が進み、徐々に弾力性を失います。
弾力性が失われた靴に急に刺激を与えることにより、ソール割れなどの現象が報告されています。
こうなるともうお修理が不可能で、せっかく長年大事にお持ちいただいたルコラインを処分するしかなくなってしまいます。
こまめなお手入れはもちろんのこと、せっかくのルコラインですので、日々御利用ください。



agile14ss






サイズ表