イシバシ楽器 17Shops

ギターに限らずあらゆる楽器にも使われ、さらにヴォーカリストやラッパーまで、幅広いユーザー層を虜にしているルーパー・ペダル。今や人気商品ゆえに、各社がこぞってこの手のペダルを発売しているが、そうした中で[RC]あるいは「Loop Station」という名のもとで、数々の名機を輩出してきたBOSSが新モデルをひさびさにリリースした。「満を持して」の「主役」の登場に、「待った甲斐があった!」と思わず納得させられること間違いないであろう。それくらい圧巻させるようなアップグレード内容で、まさにスタンダード機の誕生を予感させるような大物感をすでに漂わせている。そんな[RC-3]と[RC-30]の魅力を、ギタリストのミサワマサヒロの試奏を交えて、存分に紹介しよう。

【ミサワマサヒロ:プロフィール】
音楽学校メーザー・ハウスにて、矢堀孝一氏に師事。ギブソン・ジャズ・ギター・コンテストのバンド部門にて優勝を果たす。その後、レコーディングやライブのサポートなどで活躍し、イシバシ・バンド・コンテストのイメージ・ソングの作曲&演奏も担当。現在は女性ヴォーカルを含めた5人編成のバンド、パスピエにて活動中。さまざまなデモ演奏でも活躍するギタリスト。

【試奏環境】
●ギター:Fender Eric Clapton Stratocaster●アンプ:Roland JC-120、●エフェクター:BOSS DS-1

Brief History -Loop Station-

RE301
RE301

 録音されている音を再生しながら、そこへ別の音を次々と重ねて録音し、それらをループ再生する「サウンド・オン・サウンド」をいにしえまで遡ると、テープ・エコーの時代から、すでに実践されていたテクニックである(古いロック音源では、クイーンの「ブライトン・ロック」が有名)。振り返ればローランドが1977年に発売したテープ・エコー機[RE-301]において、「サウンド・オン・サウンド」を創出可能な機能を搭載していた。

DSD-2
DSD-2

 さらにその後、BOSSのコンパクト・エフェクターにおいては、[DSD-2(Digital Sampler / Delay)]を1985年にリリース。最長サンプリング時間が0.8秒と、今では笑ってしまうようなスペックだが、これでも当時としては画期的であった(翌86年には価格改定版のDSD-3が発売)。これら歴代機種が今日の「Loop Station」の礎となったことは間違いないであろう。

DSD-3
DSD-3

 その「Loop Station」だが、2001年に発売された[RC-20]が初号機となる。それまで「サウンド・オン・サウンド」はギタリストがディレイを駆使して作り出していたが、それ専用のペダルというものはほとんど存在していなかった。そんなところにBOSSが目を付けて、生み出したモデルが[RC-20]である。ちなみに同機は、2001年にデビューした「ツイン・ペダル・シリーズ」内で3番目に登場したモデルでもある。その後、バージョン・アップやコンパクト化など、「Loop Station」シリーズは進化を遂げていった。

 RC-20RC-20XLRC-50RC-2RC-3RC-30
機種名RC-20RC-20XLRC-50RC-2RC-3RC-30
発売年2001年2004年2006年2006年2011年2011年
録音時間5分30秒
(モノラル)
16分
(モノラル)
24分(ステレオ)
49分(モノラル)
16分
(モノラル)
180分
(ステレオ)
180分
(ステレオ)
フレーズ数101199119999
入出力モノラルモノラルステレオモノラルステレオステレオ

RC-3BOSS
RC-3

[RC-3]はコンパクト・ペダル・タイプの「Loop Station」としては5年振りの新モデル。先代モデル([RC-2])と比べ、録音時間(最大3時間)や保存可能なフレーズ数(99)など、大幅なパワーアップが図られており、入出力がともにステレオ対応となっているため、ギターのみならず、さまざまな楽器に接続することが可能となっている。さらにUSB端子の装備により、PCと接続した際にWAVファイルのインポート/エクスポートをすることも可能だ。

Specifications

●最大録音時間:約3時 ●最大保存フレーズ数:99フレーズ ●トラック数:1 ●データ形式:WAV(44.1kHz、16ビット・リニア、ステレオ) ●リズム・タイプ:Hi-Hat、Kick & Hi-Hat、Rock 1、Rock 2、Pop、Funk、Shuffle、R & B、Latin、Percussion ●USBインターフェース: USB 2.0/1.1 ●コントロール:ペダル・スイッチ、LOOP OUTPUTつまみ、RHYTHM OUTPUTつまみ、DOWNボタン、UPボタン、WRITEボタン、RHYTHM ON/OFFボタン、TAP TEMPOボタン ●インジケーター:REC、PLAY(DUB)●ディスプレイ:7セグメント2桁(LED) ●接続端子:INPUT A端子、INPUT B端子、OUTPUT A端子、OUTPUT B端子(以上まで標準タイプ)、AUX IN端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、STOP/MEMORY SHIFT端子(TRS標準タイプ)、USB端子、DC(9V)IN端子 ●電源:DC 9V=アルカリ電池(9V形)、ACアダプター(PSA-100:別売) ●外形寸法:73mm(W)×129mm(D)×59mm(H) ●重量:450g

RC-3BOSS
RC-30

ツイン・ペダル・タイプの[RC-30]は、先代モデルの[RC-20XL]より7年振りの新作となる。[RC-3]と同様、録音時間(最大3時間)や保存可能なフレーズ数(99)のパワーアップ化に加え、2トラックでの録音/ループ再生が可能で、さらにテンポに同期できる5種類の専用エフェクトを搭載。入出力はもちろんステレオ仕様で、さらにファンタム電源供給も可能なXLRタイプのマイク端子を備えているので、ヴォーカルやラップなどでも威力を発揮する。

Specifications

●最大録音時間:約3時 ●最大保存フレーズ数:99フレーズ ●トラック数:2 ●データ形式:WAV(44.1kHz、16ビット・リニア、ステレオ) ●リズム・タイプ:Hi-Hat、Kick & Hi-Hat、Rock 1、Rock 2、Pop、Funk、Shuffle、R & B、Latin、Percussion ●エフェクト・タイプ:BEND DOWN、STEP PHASER、SWEEP FILTER、TEMPO DELAY、Lo-Fi ●USBインターフェース: USB 2.0/1.1 ●コントロール::REC/PLAY/OVERDUBペダル、STOP/TAP TEMPOペダル、MIC INPUT LEVELつまみ、MEMORY DOWNボタン、MEMORY UPボタン、MEMORY WRITEボタン、MEMORY DELETEボタン、RHYTHM OUTPUT LEVELつまみ、RHYTHM ON/OFFボタン、RHYTHM TYPEボタン、RHYTHM TAP TEMPOボタン、TRACK 1スライダー、TRACK 1 SELECTボタン、TRACK 2スライダー、TRACK 2 SELECTボタン、LOOP FX ON/OFF、LOOP FX TYPEボタン、PHANTOMスイッチ ●インジケーター:POWER、REC、PLAY(DUB)、PEAK、TRACK 1 STATUS、TRACK 2 STATUS、BEND DOWN、STEP PHASER、SWEEP FILTER、TEMPO DELAY、Lo-Fi ●ディスプレイ:7セグメント2桁(LED) ●接続端子:INST IN端子(L/MONO、R)、OUTPUT端子(L/MONO、R)(以上まで標準タイプ)、MIC IN端子(XLRタイプ)、AUX IN端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、、FOOT SW端子(TRS標準タイプ)、USB端子、DC(9V)IN端子 ●電源:DC 9V=アルカリ電池またはマンガン電池(単3形)×6、ACアダプター(PSA-100:別売) ●外形寸法: 173mm(W)×158mm(D)×57mm(H) ●重量:1.2 kg


イシバシ17ショップスの商品ページへ

トップページに戻る