イシバシ楽器 17Shops
BOSS MICRO BR BR-80

デジタル機器が苦手であっても、使いやすいインターフェースにより簡単操作を実現。加えてBOSSブランド自慢のエフェクターを搭載し、まさにギタリストのために作られたとも言うべきデジタルMTRとしてお馴染みのBOSS[BR]シリーズから新作[BR-80]が登場。[Micro BR]の後継機種にあたるモデルということで、ポケット・サイズの筐体は継承されているが、よくぞここまで機能を満載したと言わしめるほど、その進化ぶりは驚異的だ。本来のMTRとしての使用途のみならず、デジタル・レコーダー、マルチ・エフェクター、ドラム・マシーン、ギター・トレーナー、PCとUSB接続をするオーディオ・インターフェースなど、さまざまな用途で使え、この欲張りな多機能ぶりには舌を巻く。今回はishibashi.tvでお馴染みのギタリスト、ミサワマサヒロが[BR-80]の「MTRモード」を駆使して、1曲レコーディングした様子を動画で紹介。こちらも併せて[BR-80]の魅力をたっぷりと見ていただこう。







コンパクトながら多機能な[BR-80]だが、まずはその特徴を以下に列挙してみた。

○8トラック×8Vトラック=64トラック仕様の「MTRモード」
○MP3/Wav対応の2トラックの「Live Recモード」
○BOSS[eBand JS-8]と同等のセッション機能=「eBandモード」
○BOSS直系のギター・マルチ・エフェクター搭載
○USBによるオーディオ・インターフェース機能
○DAWソフトウェア『SONAR X1 LE』同梱

 この中で最大の特色となっているのが、「MTRモード」、「Live Recモード」、「eBandモード」という3つのモードで使用できることである。
 まず「MTRモード」だが、2トラック同時録音/8トラック同時再生に対応。8トラックにはそれぞれ8Vトラックという、BOSSが得意としている仮想トラック(Virtualトラック)が用意されており、これにより合計64Vトラック構成の本格的なレコーディングが可能となっている。またリズム・トラックはステレオで独立装備し、リズム・パターンを多数収録している。加えて、3バンド・イコライザーやリバーブなど、ミキシングに必要なエフェクトはもちろん、マスタリング・エフェクトまで内蔵しているので、[BR-80]一台さえあれば、すべてを完結することが可能だ。
 続いて「Live Recモード」は、本体に備わっているステレオ・コンデンサー・マイクを使って、録りたい時に素早く録音できる機能。これによりアコースティック楽器の演奏やボーカル、あるいはバンド練習などをデジタル・レコーダーとして高音質(16bit/44.1kHzの非圧縮・リニアPCM)で録音することが可能だ。先代の[Micro br]にも同機能は備わっていたが、搭載していたのがモノラル・マイクロフォンだったため、その点、今回のバージョン・アップでステレオ対応となったことは喜ばしい。録音フォーマットは、WAVとMP3に対応。
 「eBandモード」はBOSSの人気商品である[eBand JS-8]に備わっているセッション機能を指している。本体に内蔵しているバッキング・データ(約400種類)はもちろん、PCを介して取り込んだお気に入りの既存曲を再生し、手軽にジャムったりセッションすることが可能だ。この際、センターに定位した音を聴こえにくくする「センター・キャンセル機能」も内蔵しており、加えてピッチやテンポを可変して再生することもできるので、ギター・ソロの練習などに重宝すること間違いない。
 この他の機能としては注目したいのが、BOSS直系のギター・マルチ・エフェクターを搭載していることで、自慢のCOSMテクノロジーによるモデリング・アンプやエフェクターを多数取り揃え、そのクオリティは[GT-10]クラスという本格ぶりだという。さらにボーカル専用エフェクト[VE-20]相当の機能も備わっているため、ボーカル用の機材としても使えるところが嬉しい。
 また本体側面に備わっているUSB端子を使い、PCと接続すると[BR-80]はオーディオ・インターフェースに早変わり。同機のエフェクターを使用して、PC側に直接レコーディングすることも可能だ。その際に重宝するのが同梱されているDAWソフトウェア『SONAR X1 LE』(Windows OS専用)で、これを使って本格的なDTMレコーディングをすることができる。

【ミサワマサヒロ:プロフィール】

音楽学校メーザー・ハウスにて、矢堀孝一氏に師事。ギブソン・ジャズ・ギター・コンテストのバンド部門にて優勝を果たす。その後、レコーディングやライブのサポートなどで活躍し、イシバシ・バンド・コンテストのイメージ・ソングの作曲&演奏も担当。現在は女性ヴォーカルを含めた5人編成のバンド、パスピエにて活動中。さまざまなデモ演奏でも活躍するギタリスト。


brシリーズ歴代モデルのスペック

[BR]シリーズとしては昨年発売された[BR-800]以来のモデルで、そのモチーフとなった先代機種から数えると5年振りとなる。機能的な面では[BR-800]から多くを受け継ぎ、これらを[Micro BR]のコンパクトな筐体パッケージに収めたという内容。また2009年発売の[eBand JS-8]と同等のセッション機能を包括しているところも[BR-80]の特徴と言えよう。

機種名 BRr-1600CD
Ver.2
BR-1200CD BR-800 MICRO BR MICRO BR-80
発売年 2005年 2005年 2010年 2006年 2011年
Vトラック数 256 192 64 32 64
同時再生
トラック数
16 12 8 4 8
同時録音
トラック数
8 2 4 2 2
録音メディア 80GB
ハードディスク
80GB
ハードディスク
SDカード:1〜2GB
SDHCカード:4〜32GB
SDカード:32M〜1GB SDカード:1〜2GB
SDHCカード:4〜32GB
内臓マイク - - - モノラル ステレオ

[Specifications]

トラック数 ○MTRモード:再生=8、同時録音=2、Vトラック=64(各トラックに8つ)
○eBandモード:再生=2(ステレオ)、同時録音=2(ステレオ)
○LIVE RECモード:再生=2(ステレオ)、もしくは同時録音=2(ステレオ)

記憶容量 SDHCカード(4GB〜32GB)、SDカード(1〜2GB)

データ・タイプ ○MTRモード:非圧縮、量子化ビット数=16ビット
○eBandモード:eBandソング(録音・再生)、WAV=量子化ビット数16ビット(再生のみ)、
MP3=ビットレート64kbps〜320kbps(再生のみ)
○LIVE RECモード:WAV=量子化ビット数16ビット(録音・再生)、
MP3=ビットレート64kbps〜320kbps(録音・再生)*

AD変換 24ビット
DA変換 24ビット
サンプリング周波数 44.1kHz

記録時間 ○MTRモード:SD 1GB=約3時間、SDHC 32GB=約100時間
○eBandモード:【eBandソング(録音・再生)】SD 1GB=約4時間、SDHC 32GB=約130時間、
【WAV(再生のみ)】SD 1GB=約1.5時間、SDHC 32GB=約50時間、
【MP3<ビットレート:128kbps>(再生のみ)】SD 1GB=約16時間、SDHC 32GB=約550時間
○LIVE RECモード:【WAV(録音・再生)】SD 1GB=約1.5時間、SDHC 32GB=約50時間、
【MP3<ビットレート:128kbps>(録音・再生)】SD 1GB=約16時間、SDHC 32GB=約550時間

規定入力レベル GUITAR/MIC IN端子=-20dBu(GUITAR/MICスイッチ=GUITAR)、-40dBu(GUITAR/MICスイッチ=MIC)、
LINE IN端子=-10dBu
入力インピーダンス GUITAR/MIC IN端子=1MΩ(GUITAR/MICスイッチ=GUITAR)、6kΩ(GUITAR/MICスイッチ=MIC)、LINE IN端子=10kΩ
規定出力レベル PHONES/LINE OUT端子=-14dBu
出力インピーダンス PHONES/LINE OUT端子=22Ω
ディスプレイ グラフィックLCD 128×64ドット(バックライト付き)

USB機能 24ビット/44.1kHz USB-AUDIO(Hi-Speed USB)、USBマス・ストレージ・クラス(Hi-Speed USB)、
バス・パワー動作

接続端子 GUITAR/MIC IN端子(標準タイプ)、LINE IN端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、
PHONES/LINE OUT端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、USB端子(ミニBタイプ)、DC IN

電源 DC 9V=ACアダプター(別売)、アルカリ電池または充電式ニッケル水素電池(単3形)×2、USBバス・パワー
消費電流 130mA(ACアダプター使用時)、アルカリ電池 約6時間(8トラック連続再生、パワー・セーブ使用時)
外形寸法、質量 138mm(W)×86mm(D)×22mm(H)、140g


イシバシ17ショップスでこの商品をチェック!


トップページに戻る