うすはりグラスは、ビールグラス、ロックグラス、冷酒用グラスなど、様々な用途にお使い頂けます。

「うすはり」の「はり(玻璃)」とは、ガラスを意味します。
名前の通り、薄いガラスで作られたこのグラスの底の薄さは世界で唯一。
この繊細な飲み口が、唇に触れた時の異物感を限りなく少なくして、
氷がグラスに当たる音、味わいを醸し出します。

 一例として、ジョッキで飲むビールと何が違うのか、ジョッキは泡よりもビール自体の苦みや重さを強調してきます。
 それに対して、「うすはり」はふわふわで肌理の細やかな泡があり、酵母の香りがふわっとしてビールをそのまま手に持っているような錯覚に陥ります。

 厚みのあるジョッキの場合は下唇にジョッキのフチの外側があたり、上唇の両端にフチの内側があたる、上唇と下唇の間からビールが口に入ってきます。
 これが、うすはりだと、下唇にグラスのフチの外側があたり冷たさを感じた瞬間にはビールが口に入っている感覚です。
うすはりは熱伝導が高く、極限にうすいため異物感がないので飲み物に意識を集中しやすいのです。

 また、うすはりは高級なバー・レストランでも選ばれ、使用されています。
 贈り物に最適な木箱入りで、結婚式の引き出物にも重宝されており、お父さんへのプレゼント、会社の先輩の贈り物にも喜ばれています。

 松徳硝子は、大正11年(1922年)、村松庄太郎により、電球用ガラスの生産工場として、創業しました。
 手作りガラスの生産工場として、職人による手仕事にこだわりを持っています。
 電球製造で培った薄吹きの製法に磨きをかけ、「一口ビールグラス」と呼ばれ、江戸硝子として古くから、料亭や割烹で広く愛用され続けて来た薄吹きグラスのご注文を数多く頂くこととなりました。
 「一口ビールグラス」や、松徳硝子の原点である「電球」、そして、これまで作り上げた数千種類にも及ぶガラス器製造のノウハウを元に、長期間に渡り、更なる品質の向上、製品イメージの図案化、技術研究開発と数々の失敗を繰り返し、平成元年、遂に理想とするグラス「うすはり」が完成しました。
 その後も、更なる品質の向上、技術研究開発に努め、ビール・お酒・飲み物を「より美味しく飲むことが出来るグラス」として、高い評価を頂いております。

松徳硝子 うすはり タンブラーL
 ビールグラスとして数多くのCMに出演中のうすはりシリーズの代表格、タンブラーLを始め、用途に合わせたサイズ展開が、タンブラーの魅力です。ビールを上品に嗜む「一口ビールグラス」として、古くから料亭や割烹で愛用されているタンブラーSも、数多くのファンを持つ、ロングセラーなグラスです。

3,600円(税抜)

松徳硝子 うすはり オールドM
 タンブラーと並び人気の定番グラス、オールド。ロックグラスとして広く知られています。焼酎やウイスキーの水割り用としてはもちろん、日常用のグラスとしても、多用途にお使い頂けます。氷を入れて楽しむ際、うすはりならではの、氷のあたる感触、涼やかな音色をご堪能ください。

3,300円(税抜)

松徳硝子 うすはり ブルゴーニュ
 日本の食卓や和のお膳に合うように、ステム(ワイングラスの脚)を取り除き、気軽に美味しくワインを楽しむ為に作られたグラスです。広がりのある口元により、フルーティーで、軽やかなタイプのワインにおすすめのグラスです。
 

3,900円(税抜)

松徳硝子 うすはり ボルドー
 日本の食卓や和のお膳に合うように、ステム(ワイングラスの脚)を取り除き、気軽に美味しくワインを楽しむ為に作られたグラスです。口元の絞りが、ワインのアロマをより印象づけます。ボルドーは、比較的重厚なミディアムから、フルボディタイプのワインにお勧めのグラスです。

3,900円(税抜)

pagetop