このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

KIHARA〜伝統産業を未来へつなぐ

商品の一覧はこちら

KIHARAの想いとは?

有田・波佐見の伝統産業を未来へつなぐ

1616年、日本で初めて磁器生産を始めた有田。
株式会社キハラは、有田焼・波佐見焼の産地商社として、この400年の伝統技術と先人たちの想いを胸に、
現代の生活に合わせた商品開発を行い、末永く愛される器をお届けします。

人をつなぐ 技をつなぐ モノをつなぐ

産地で培った窯元や職人たちとのネットワークを生かし、ものづくりをしたい人と、ものづくりができる人をつなぎます。

有田・波佐見の伝統的なものづくりの技術を、日本および海外に商品として届けることで、伝統産業を未来へつなぐお手伝いをします。

お客様に喜ばれる商品を届けることで、日々の生活を豊かにする付加価値を提供します。

KIHARAのこだわり

有田焼、波佐見焼を生み出す場所

有田焼、波佐見焼を生み出す場所

豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に連れ帰った朝鮮人陶工から、やきものに関するさまざまな技術がもたらされたのが、有田焼・波佐見焼のはじまりです。
1616年、朝鮮陶工・李参平が佐賀県の有田町泉山地区で磁器の原料となる陶石を発見し、日本初の磁器焼成に成功しました。
以降、多くの技術者や職人により有田焼・波佐見焼は発展し、江戸幕府の献上品に用いられたり、欧州ほか海外へ輸出されたりするなど、今日まで世界中の人々に愛されてきました。

KIHARAは、産地の職人たちによって作り上げられた伝統・技術・知識を礎に、現代の生活に調和する器を提案しています。

職人たちが支えるこだわりのものづくり

職人たちが支えるこだわりのものづくり

磁器の生産は、型作りに始まり生地作り、焼成、絵付けなど多くの工程を専門の職人が担当する分業体制で成り立っています。
さらに、各工程でも専門分野が異なる職人たちが大勢存在します。

KIHARAは産地商社ならではの視点で、窯元や職人たちの特性を生かしながら企画・デザインを行い、KIHARAブランドのものづくりを進めています。

KOMON:おすすめ商品

古来より伝わる日本の伝統紋様をモダンにアレンジしたKOMONシリーズ。
波千鳥や結び桜、松竹梅など縁起の良いモチーフは、結婚祝いや引き出物にもおすすめです。

KOMON 豆皿

KOMON 豆皿

600円(税抜)

KOMON 箸置

KOMON 箸置

400円(税抜)

KOMON 取皿

KOMON 取皿

800円(税抜)

KOMON 大皿

KOMON 大皿

2,800円(税抜)

KOMON KIDS豆皿

KOMON KIDS豆皿

600円(税抜)

KOMON ROCK豆皿

KOMON ROCK豆皿

600円(税抜)

HANA:おすすめ商品

自然界をモチーフにした模様の中で古来より数多くの器のデザインに採用されている花模様。
この花模様を呉須と赤色を組み合わせてモダンにアレンジしました。
飯碗、カップ、取皿、楕円皿が揃います。

HANA 飯椀

HANA 飯椀

1,400円(税抜)

HANA カップ

HANA カップ

1,300円(税抜)

商品の一覧はこちら
 

pagetop