カーテンレールの質問と応え

カーテンレールをどの位置に、
どのくらいの長さで取り付ければよいですか?

<カーテンレールの長さの決め方>

カーテンレールの長さは、窓の幅に対して左右の長さに余裕を加えることで、
カーテンを開けた時のたまりが、窓にかからないようにすると、窓を大きく見せる効果があります。

●一般カーテンレールの場合(図1):窓枠の外側に、左右各50〜100mmほど加える

●装飾カーテンレールの場合(図2):窓枠の外側に、左右各150〜200mmほど加える

カーテンレールの長さの決め方

ご参考:房掛(カーテンをまとめておくタッセルを引っ掛ける部品)の取付けは、
カーテンの高さに対して下から1/3〜1/2の位置を目安にするのが一般的です。


カーテンレールを取り付ける上での注意点は?

下地があるかどうか必ずチェックしてください。下地がないとカーテンレールの取付けはできません。
一般レールならば、木の窓枠に取付けることもできますが、窓枠の割れに注意してください。
窓枠が木以外の場合は、お買い上げの販売店にご相談ください。

※下地:壁の内側に木などが通っていて、ネジなどを打って固定できるところのこと。


装飾レールのポールの太さについて

細いものは繊細な感じで、太いものは存在感がありますので、目線の高さによって使い分けるのが効果的です。
例えば、目線が低いところには細いもの、目線が高いところには太いものを選ぶと良いでしょう。
また、重量のあるカーテンを掛ける場合は、太いポールの方が耐久性もあり良いでしょう。