<<< 商品ページに戻る    

<<< データロガートップへ

 


  このページではフリーの地図ソフト"Google Earth"に軌跡を表示させる為の手順、及び"Google Earth"を使ったリアルタイムナビの手順を紹介しています。

 Google Earth
 地球上のあらゆる場所にジャンプして、衛星画像、地図、地形、3D の建物を表示でき、銀河の彼方から海底峡谷まで訪れることができるフリーソフト
 
 インストール ⇒ 【 http://earth.google.co.jp/

 カシミール3D
 地図ブラウザ機能を基本に, 風景CG作成機能, GPSデータビューワ・編集機能, ムービー作成機能, 山岳展望機能などの多彩な機能を搭載.
 国土地理院の数値地図をはじめ, スイス地理局の数値地図, 米USGSの地図, ランドサット衛星画像, 火星など世界中の地図・地形データ、衛星・航空写真を
 使用可能.市販の電子地図では詳細がわからない山間部も 1:25000 の詳細な地形図を使うことができるフリーソフト
 
 インストール ⇒ 【 http://www.kashmir3d.com/ 】

 

 

 



  
■軌跡をGoogle Eeathに表示する

  1. GPSマニュアルに従いkml形式で保存した軌跡データのファイルを作成します。

   2. Google Earthを起動します。

   3. Google Earthに表示したい保存ファイルを選択し、開くをクリックします。
     するとGoogle Eartth上に軌跡が自動的に表示されます。

 

 

    ※軌跡・ウェイポイントの表示は設定により変更いただけます

 

 

 



  
  GoogleEarthでリアルタイムナビゲーション


  ※本サービスはGoogle Earthバージョン5.0以降からの為、ご利用の際はバージョン情報をご確認ください


   1. 受信機(データロガー)をパソコンにつなぎGoogleEarthに接続します

   2. ツールからGPS→”リアルタイム”を選択

     

 

  3. 各項目を選択し リアルタイム追跡:「開始」をクリックする

    「プロトコル」・・・・・・NMEAを選択

    「トラックポントのインポート上限」・・・・ ・・秒単位で設定可能

    「ポーリング間隔」・・・・・・5秒以上に設定を推奨
     ※4秒以内の場合ターゲットが表示されません

    「自動的にパスをたどる」・・・・・・“オン” 
     ※オフの場合は地図に現在地を表示されません

   

   ⇒ 成功するとGoogleEarthに青い丸印で『Position』マークが表示されます。

    

    ※ナビゲーションは開始まで1〜2分かかる場合がございます

 

 

<<< 商品ページに戻る    

<<< データロガートップへ