国産桧で健康住宅をご提案します 吉野檜専門店 ひのきや

  • お気に入りに登録
  • メルマガ
  • お買い物かご
  • トップページ
  • 商品一覧
  • 会社概要
  • 支払い、配送、返品
  • お問い合わせ
  • 楽天トップ

{_H2_MESSAGE_}

  • フローリング
  • 壁・天井材
  • 仕切り材
  • 柱・板材
  • 日用雑貨
フローリングの貼り方

畳をフローリングにして見ましょう。
カーペットからの張り替えにも応用できます。

準備するもの

●フローリング材(広さに合わせた枚数とロス分2〜3枚)
●根太(角材)(広さに合わせた長さ・幅・高さと本数)
●コンパネ(12mm厚の合板)根太の上に貼ります。
●フロア釘とカナヅチ(センタポンチがあればなおグッド!)
●フロア用ボンド・木工ボンド
●のこぎり
●金差し(L字型した定規)
1・さあ、畳を外しましょう。
畳を外す。
2・根太(角材)を置きます。

※根太の寸法は敷居の高さ−フローリングの厚み−コンパネの厚みです。
※根太は303mm間隔に置いて下さい。
※根太の並べ方は、荒材に打ってある釘の並び方を見て、
 床下の根太と垂直に並べ釘か木ネジで固定してください。
6畳の場合の根太の本数
入れる方向が1.5間(2700mm)方向なら
長さ約3660mmが10本必要です。
入れる方向が2間(3660mm)方向なら
長さ2700mmが13本必要です。
2・コンパネ(下地合板)を敷きます。

※コンパネを貼ると、床鳴りが抑えられるという利点があるのです。
※12mm厚の板が最適です。
※コンパネの上から根太に添ってフロア用ボンドをうどんの太さくらい塗りま  す。

 
おススメのフロア用:コニシ階U928C-X(床職人)
3・フローリングを貼りましょう。

※まず、木口の確認をしてください。(無垢板には図のようなものもあります。)
 エンドマッチ(4方サネ加工の場合は必要ありません。)

※ちどり張りと一枚張りがありますが、初心者には一枚張りがお勧めです。

※張る方向は写真のように根太に垂直に。

※あて木を当てながら木づちでしっかり接合しましょう。

※最後はちょっとした一手間で、キレイに出来ます。
4・巾木でキレイに仕上げましょう。

※巾木の裏側に木工ボンドを塗ります。

※表面の溝に釘止めして完成です。

いかがですか?
プロの大工さんに頼まれる方もいらっしゃいますが、ご自分でリフォームされる方も
結構おいでになります。

あるお客様から、「自分でコツコツやったから愛着がある。」とのお声を
頂きました。
チャレンジしてみてください!!


お問合せ・御見積り・サンプル請求はこちら

【楽天市場】ひのきや 

吉田製材株式会社 奈良県桜井市きび557 TEL:0744-42-2124 FAX:0744-45-4766