サッカー、野球、アウトドア、ゴルフ、スキー、スノーボード、スポーツ用品のヒマラヤ -楽天市場店-

合計金額5,250円以上完全送料無料!!

TOP商品一覧メルマガ登録お支払いについて返品交換についてカートを見る会社概要

カレンダー

休み

知ってトクする豆知識

使い方&設営のポイント編

How to 炭火&焚き火編

How to ランタン&バーナー編

コールマン正規品

知って得する豆知識 How to 炭火&焚き火台編

アウトドアの基本&醍醐味といえば”焚き火”揺らめく炎は何物にも代え難い魅力があります。
でも上手に焚き火がおこせないという声をよく聞きます。 せっかくのアウトドア、コツとマナーを覚えて焚き火にチャレンジしませんか?

焚き火をしよう!

step1

着火剤を置く
着火剤を置く
焚火台の底に焚き付けを置く。新聞紙や細かい技も使えるが、手軽で確実なのは着火剤。焚火台の中央に置こう。固形タイプやジェルタイプなど色々あるので好みのものを選ぼう。

next

step2

炊き付けを置く
炊き付けを置く
着火剤を置いたらその上に火がつきやすい細枝や木くず、割り箸などを密集させる。さらにその上へ火持ちする中太の薪へと順に重ねていこう。空気の流れを妨げないように、薪と薪の間には適度な隙間をあけよう。

next

step3

火の大きさを調整する
火の大きさを調整する
着火剤に火をつけたら、細い薪に火が燃え移るのを待とう。中太の薪まで燃え移って火が安定したら火起し完了。火を囲む人数や輪の大きさに応じて、太い薪を足して火の大きさを調整しよう。



焚き火に役立つポイント!

  • 場所選び
    場所選び
    燃えやすいものの近くは厳禁。土地が開けた燃えやすいものがない場所を選ぼう。 テント、タープに燃え移らないよう十分に離れた風下でやろう。
  • 焚火台
    焚火台
    キャンプ場や河川敷でも直火を禁止している場所が多い。 焚火台を使えば地面にダメージを与えずに焚き火が楽しめる。 自然にも優しく、後始末し易くするためにも焚火台を使おう。
  • 薪
    薪
    乾燥させてあるので着火し易い。 自然の草木を使う場合は、しっかり乾いているものを集める。 着火用の枯れ草から大きな枝まで、数種類の太さを用意しよう。
  • 後始末
    後始末
    灰、炭の燃えかすはキャンプ場や公園のルールに従って処理しよう。 持ち帰る場合は水でしっかり火を消す。炭が燃え尽きたあとの灰は 「不燃物」として処分しよう。



慣れないと難しい炭起し。

  • ステップ1

    ステップ1
    チャコスタを開いて木炭を詰める。空気が下から上に通りやすいように 、なるべく立てて詰めよう。ギュウギュウでも大丈夫。
  • ステップ2

    ステップ2
    BBQグリルの炭床に着火材を置いて火をつける。着火材は手軽なジェル状よりも 、火持ちする固形のもののほうが向いている。
  • ステップ3

    ステップ3
    火がついたら木炭を詰めたチャコスタを上において放っておくだけ。 早く炭を起したい場合は着火材+焚き付けで火を大きくしておこう。
  • ステップ4

    ステップ4
    木炭が真っ赤になったら木炭起しは完了。BBQグリルに木炭を広げる。 チャコスタ&火の粉で火傷しないように注意。周囲に人や燃えやすいものがないかも注意しよう。



慣れないと難しい炭起し。

  • 黒炭

    チャコスタを開いて木炭を詰める。空気が下から上に通りやすいように 、なるべく立てて詰めよう。ギュウギュウでも大丈夫。
    黒炭
  • 白炭(備長炭)

    BBQグリルの炭床に着火材を置いて火をつける。着火材は手軽なジェル状よりも 、火持ちする固形のもののほうが向いている。
    白炭(備長炭)
  • 成型炭

    火がついたら木炭を詰めたチャコスタを上において放っておくだけ。 早く炭を起したい場合は着火材+焚き付けで火を大きくしておこう。
    成型炭

おすすめアイテム。

  • UNIFLAME ファイアグリル
  • UNIFLAME ファイアグリル
    直火禁止の場所が多いので焚き火には欠かせなくなった焚火台。 UNIFLAMEファイアグリルは価格も大きさも手ごろでおすすめ。
  • UNIFLAME チャコスタ
    BBQの炭起しならコレ!煙と格闘しなくても、着火材があれば間単に炭を起こせる。
  • UNIFLAME チャコスタ
  • COLEMAN クールスパイダーステンレスグリル
  • COLEMAN クールスパイダーステンレスグリル
    錆にくく焼きつきも少ないステンレス製がおすすめ。 使用人数で大きさを選ぼう。



  • 炭ばさみ
    炭ばさみ
    炭の補充や火力の調整に欠かせない、焚き火&BBQマストアイテム。
  • 着火材
    着火材
    ジェルタイプやスティックタイプ、板状タイプなど種類は色々あるので好みのものを選ぼう。
  • 軍手・皮手
    軍手・皮手
    キャンプ全般で使用する軍手・皮手。焚き火・BBQでも火傷予防の必需品。
  • BBQブラシ
    BBQブラシ
    鉄板や焼網、BBQ本体の汚れは毎回早めに落としておくと長く使える。
  • 木炭
    木炭
    マングローブが原料の木炭は火持ちは悪いが安価で炭起しし易い。国産切炭は割高でも安定した火持ちでゆっくりBBQが楽しめる。



Copyright © 2010 Himaraya Co., Ltd. All Rights Reserved.