トップページ > 印鑑の選び方
印鑑の選び方
実印・銀行印・認印について 印材について サイズについて 書体について
サイズについて
人生において、様々な場面で必要となる印鑑。はじめて作成する際にまず頭を悩ませるのが、その種類と用途かと思います。こちらでは、代表的な「実印・銀行印・認印」について、詳しく解説させて頂きます。
実印
実印 実印
住民登録をしている地方自治体に登録(印鑑登録制度)した印章の事を実印と言います。 実印専用の印鑑があるわけではなく、お手持ちの印鑑を登録する事によってはじめて実印となります。
自治体によって多少異なりますが、主に登録可能な印鑑は以下の通りです。
■8mm以上25mm以内のサイズのもの
■欠けたり、変化しやすい素材でないもの(プラスチックやゴムは不可)
■他者がすでに登録していないもの
■シャチハタで無いもの(インクが経年劣化するため)

一般的に姓名(フルネーム)での彫刻となりますが、未婚女性の方はお名前だけでお作りする場合もございます。(自治体によってはフルネームでなければ登録できない場合もございますので、予めお住まいの地域の役所にご確認ください)
また、実印が必要となるお取引では、役所で発行される印鑑証明書が合わせて必要な場合がございます。転居などで住民票を移した場合は、実印も登録し直す必要がございますのでご注意ください。
実印
実印
銀行印
銀行印 銀行印
銀行もしくは証券会社等に、口座を開設する際に届け出た印鑑の事です。
特に決まりはありませんが、名字のみでの彫刻が一般的です。そのため、世帯の銀行印を一括で管理する場合は、それぞれ印材や書体に変化をつけることをお勧めいたします。
銀行印と通帳が手元にあり、住所氏名が分かれば預金をおろす事が可能ですので、セキュリティの面でも、実印や認印とは別にご用意することをお勧めします。
銀行印
認印
認印 認印
荷物の受け取りなど、日常生活で多く使用される印鑑です。厳密には実印として登録されていない銀行印なども含めて、全ての印鑑を指します。役所に届出がなくとも、印鑑としての効力はもちろんありますので、お取扱いには十分ご注意ください。
認印は、実印や銀行印よりもやや小さいサイズを選び、名字のみでお作りするのが一般的です。「私は確かに確認・承諾しました」という事を相手に証明する印鑑ですので、読みやすい書体を選ばれる方が多くいらっしゃいます。また、最も身近な印鑑ですので、印材は好みで選ぶのもお勧めです。
認印
▲ページの上へ
印材について
印鑑の素材(印材)には種類ごとに特徴があり、お使いになる目的や用途によっておすすめの印材が異なります。ご自分の好みと照らし合わせて、気に入った印材をお選びください。
印材の種類
柘へ 黒水牛へ オランダ水牛へ
象牙へ ナツメへ 彩樺へ
アグニへ チタンへ アクリルへ
柘
黒水牛
オランダ水牛
象牙
ナツメ
彩樺
アグニ
チタン
アクリル
▲ページの上へ
サイズについて
男性はどっしりと重く太いサイズを、女性は男性に比べて控えめなサイズを選ばれる方が多い傾向です。また、その人の顔ともなる実印や銀行印に比べ、認印は小さなサイズでお作りする傾向にあります。
用途別おすすめサイズ
柘
▲ページの上へ
書体について
はんこ祭りで扱っている書体をご紹介いたします。書体によって、偽造されにくいもの、読みやすいものなど幅広く揃えておりますので、用途に合わせてお選び下さい。
書体の種類
書体見本
書体見本
書体見本
横彫りについて
横彫りについて
お買い物かごの選択肢で彫る方向をお選び頂けます。実印との見分けを分かりやすくするために銀行印は横彫りで、という方もいらっしゃいます。
書体確認
「はんこ祭り」では、1書体につき300円で書体確認サービスを行っております。
「書体確認サービス」を印鑑と同時にご購入いただくと、彫刻前に印影の確認ができます。
どんな印影・デザインになるのか不安だという方は、ぜひご利用ください。
書体確認サービスはこちらのページ
また、文字の形状をご覧頂く書体プレビューをご用意しました。
書体プレビューはこちらのページ
※書体プレビューは文字の書体ごとの形状をご確認頂くサービスです。
実際に作成される印鑑はレイアウト・文字幅等を職人がデザインするため、
実際の商品とは異なります。細かいレイアウトをご確認頂く場合は書体確認サービスをご利用ください。
▲ページの上へ
Copyright (C) 2011 はんこ祭り All Rights Reserved.