盛岡冷麺
韓国マッコリ
高麗人参酒

▲TOPへ戻る

●クレジットカード不正使用撲滅強化店・個人情報保護強化店・不良品100%保証・ラッピング・リボン・のし紙・メッセージカード対応・即日発送対応・到着日時指定可・領収書可
浜田屋トップ お買物かご 会社概要 店主はこんな人 お届け・送料 Q&A 浜田屋トップ 楽天トップ
日本酒、蔵元ごとにご紹介しています。蔵のコンセプトを知ってこそ酒の味が分かります。





















日本酒TOP大吟醸酒吟醸酒純米大吟醸酒純米吟醸酒純米酒本醸造酒普通酒その他の日本酒季節限定酒日本酒関連商品
親爺のピックアップ「30」です。浜田屋得意の日本酒 以外も実店舗販売中。安心してご利用下さい。
澪 益々繁盛 松露 マッコリセット 高麗人参酒 ヘンケル フェリスタス ケジャン じゅうねんドレッシング 長久保のしそ巻き漬
又兵衞 大七 くろうま マオタイ酒 百年梅酒 モエセット ボトル彫刻 チャンジャ 柚子茶 盛岡冷麺
奈良萬 繁桝 キンミヤ焼酎 ツインアルプス ビアンダ ドクターワイン 益々繁盛 白菜キムチ カニピラフ エチケットビュー
●20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。
●送料無料は離島・沖縄は対象外 ●クール便はヤマト運輸(クロネコヤマト)指定 ●クール便指定商品以外は普通便発送、クール便での発送(有料)は別途承ります。 ■クール便は10kg迄(例)一升瓶5本迄、720ml10本迄 ●箱付商品の包装・のし掛け・メッセージカードは1個110円 ●箱無し商品のラッピングをご希望の場合はギフト箱・包装各種(有料)から→
浜田屋は ●品質完全保証 ●代引き手数料100円 ●昼12時迄当日発送可能(営業日)
※購入希望の商品価格帯へ移動→ ● 1円~1,000円 >1,001円~2,000円 >2,001円~3,000円 >3,001円~5,000円 >5,001円~10,000円 >10,001円以上~ >
●お願い:全商品実店舗でも販売している為、ネット販売での在庫設定が間に合わず「売り切れの場合もございます」ことご理解お願い致します。
※日本酒の発送方法変更(クール便不使用)についても・・是非ご一読ください。 ●問い合わせ 電話0246-25-2301 FAX0246-25-2304

店舗内検索







浜田屋は ●品質完全保証 ●代引き手数料100円 ●昼12時迄当日発送可能(営業日)

焼酎のページへGO 韓国酒のページへGO 紹興酒のページへGO 高麗人参酒のページへGO デコレーションボトルのページへGO 特大シャンパンのページへGO 果実酒のページへGO 洋酒のページへGO 韓国キムチのページへGO 気になるサプリページへGO グルメの皆様へGO
震災後 福島県の情報を発信つづけています。福島県の新聞一面を皆様に読んで頂きたい。
外部被ばくと関連性なし
18歳以下の甲状腺がん有病率
福島医大放射線医学県民健康管理センターの大平哲也教授ら同大のグループは8日、東京電力福島第一原発事故による外部被ばく線量の程度と、甲状腺検査の先行検査時に甲状腺がんが見つかった18歳以下の割合(有病率)に関連はみられないとする研究結果を発表した。今月2日、国際医学学術誌「メディスン」電子版に論文が掲載された。 大平教授らは、甲状腺検査先行検査(平成23年10月から27年6月)を受診した県内全域の18歳以下の30万476人を対象に研究を行った。 原発事故後4カ月の生活状況などを把握する県民健康調査の基本調査で分かった個人の外部被ばく線量の結果をもとに、県内を市町村単位で(1)外部被ばく線量が5ミリシーベルト以上の人が1%以上(2)外部被ばく線量が1ミリシーベルト以下の人が99・9%以上(3)それ以外-の3つの地域に分けた。その上で、甲状腺がんの有病率を指標化すると、最も線量が高い(1)が10万人当たり48、最も低い(2)が同41、(3)が同36で、「地域間で違いはみられなかった」とした。内部被ばく線量を考慮した世界保健機関(WHO)の被ばく線量分析結果に基づく地域分類でも検討したが、関連性はみられなかった。 さらに、甲状腺検査と基本調査をともに受けた12万9321人を対象に、個人の外部被ばく線量と甲状腺がんが見つかった18歳以下の割合につながりがあるかも調べた。基本調査による外部被ばく線量が(1)1ミリシーベルト未満(2)1ミリシーベルト以上2ミリシーベルト未満(3)2ミリシーベルト以上-における甲状腺がんの割合はそれぞれ0・05%、0・04%、0・01%で、「関連はみられなかった」と結論付けた。 大平教授は「これまでも中通 り、会津、浜通りといった地域分けで甲状腺がんの悪性または悪性疑いの割合を発表していた。今回は被ばく線量で(市町村を)分けて比較したが、地域でも個人でも差がみられなかったことに意味がある」とした。一方、「今回の論文は原発事故後4年間に限った内容。目立った変化がないか今後も調べていく必要がある」としている。

本日の朝刊です。
PDF↓↓↓

福島民報