Vol.369 
[2016/03/06]
BackNo.
みなさん、 こんにちは。
パソコンGPSニュースは、第362【2015/5/10】号からHTML形式での配信となりました。
ご覧になれない方は、以下のニュースWEBをご覧ください。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/gps/rNews/BackNo/PcGpsNews_369.html

Vol.369 【目次】   1. WindowsタブレットでBluetoothGPS【内蔵Bluetooth接続編】
  WindowsタブレットにBluetoothGPSレシーバを、 内蔵Bluetooth で接続する方法について説明します。
従来のWindowsパソコンと同様、 BluetoothGPSレシーバを COM接続で 使うことができます。
X. 2016年産、干鮑出荷開始
Y. まもなく終了、年度末大特価セール


1. WindowsタブレットでBluetoothGPS【内蔵Bluetooth接続編】


これまで2回にわたり、
電波法の技術基準適合証明を取得し、日本国内でも安心してご利用いただける BluetoothGPSレシーバ
・エクストリーム818xt/10Hz*Bluetooth

を、スマホで使用する方法について、ご紹介してまいりました。
・スマホでBluetoothGPS【疑似ローケーション接続編】
・スマホでBluetoothGPS【Bluetooth/SPPアプリ接続編】


ところで、
「スマホはわかった。 では、タブレットはどうするの?」
という方がおられるかも知れませんね。(^^;;

特に、Windows8以降は、 画面が大きく変わってしまい、 とまどった方もいらっしゃるでしょう。
といって、いまさら、誰かに聞くわけにもいかず...。

そのような方のために、今回は、
WindowsタブレットBluetooth接続について
を、取り上げてみたいと思います。

例にしたタブレットは、
・Lenove Thinkpad2(Windows8.1)
です。


●GPSviewを準備する
Windowsタブレットでも、
・エクストリーム818xt/10Hz*Bluetooth
に添付されたソフトウェアが使えます。

そこで、最初に、添付CD-ROMに収録されている
・GPSView
を使うこととして、 事前に、Winodwsタブレットにコピーします。

余分なことかも知れませんが、ファイルコピーするための
・ファイルエクスプローラー
の起動方法は、
・スタート画面を左にスワイプすると、一番右に見つかる「PC」あるいは「ドキュメント」タイルをクリック
ですね。


GPSViewは、CD-ROMにexe形式で収録されているので、 Windowsタブレットにコピー後、ダブルクリックすれば、そのまま起動します。

下図では、プログラム(exe)本体をフォルダーに入れ、 ショートカットをデスクトップに作成しています。



●BluetoothGPSレシーバを接続する
・エクストリーム818xt/10Hz*Bluetooth
の電源を入れます。
更新レートは、とりあえず1Hzとしておきます。

Windows8.1では、Bluetoothの設定を、
・スタート画面を左にスワイプすると、一番右に見つかる「PC設定
で行います。
[PC設定]-[PCとデバイス]-[Bluetooth]画面をたどり
・Bluetooth:ON
にします。


BluetoothをONにすると、すぐにBluetooth機器を探しに行きます。

・818のペアリングの準備完了
と表示されたら、ペアリングボタンを押します。


PINコードが求められたら、
・0000
を入力して下さい。


・ペアリング済み
と表示されたらOKです。



●COM番号を調べる
GPSレシーバは、BluetoothのSPP(Serial Port Profile)で、Windowsタブレットの仮想COMに割り当てられます。

アプリケーションプログラムは、このCOM番号を使い、GPSレシーバとやり取りをします。
こういった仕組みは、従来のWinodwsと同じです。

COMポートの何番にGPSレシーバが割り当てられているかを、コントロールパネルで調べます。

コントロールパネルは、先ほどのPC設定の一番下にあります。


あるいは、
・スタート画面を上にスワイプし、アプリ一覧画面を表示する
と、 一番右に見つかる「Windowsシステムツール」にも、コントロールパネルがあります。


こちらのアイコンは、ショートカットなので、右クリックすると
・スタート画面にピン留めする
・タスクバーにピン留めする
といったコンテキストメニューが表示されます。

どちらかを行い、いつでも呼び出せるようにしておくと便利ですね。
※下図は、タスクバーにピン留めしたところです。


コントロールパネルからデバイスマネージャーを開くと、 ポート(COMとLPT)
・Bluetoothリンク経由の標準シリアル(COMn)
が見つかります。
このCOMnが、GPSレシーバが割り当てられたCOM番号です。
2つ表示されている場合は、共に覚えておきます。



●GPSViewを起動する
・GPSView
を起動します。


GPSViewのPlease Choose項目に
・通信速度:115200(BPS)
・COM番号:先ほど調べたCOM番号の内の1つ
をセットし、 Onボタンをクリックします。

しばらく待ってもデータ受信できない場合は、 一旦Offにしてから、もう一つのCOM番号をセットし、 再度、Onにします。
受信ウィンドウに、測位データが表示されたらOKです。


Setup画面では、
・NMEAセンテンスの出力選択
・DGPS(SBAS)のOn/Off
ができます。


更新間隔(Update Rate)の変更は、ここでは行わないで下さい。
本GPSレシーバの場合、1Hz/10Hzの変更は、GPSレシーバ本体スイッチで行います。
GpsViewで更新間隔の変更を行うと、機器が不具合を起こす場合があるので 注意して下さい


●測位データを保存する
測位データを保存したいときは、 StartLogボタンをクリックします。
出力する場所やファイル名は、自由に指定することができます。


出力を終了する場合は、 StopLogボタンをクリックします。

出力ファイルは、テキスト形式なので メモ帳や一般のテキストエディターで見ることができます。



●10Hzを受信する
10Hzを受信するときは、一度 GPSViewを終了し、 GPSレシーバの電源を10Hzで入れ直してから、 上記の
・GPSViewを起動する
からやり直します。

10Hzでも、1Hzと同様に測位データの受信・表示が可能です。


但し、GPSViewでは、10Hzの測位データの記録・保存はできません。

10Hzを記録・保存するには、
・Tera Term
等のターミナルソフトを使います。


※Tera Termの使用方法については、
・パソコンGPSニュース 第202号
を参照して下さい。


●終了する
GPSViewを終了し、GPSレシーバの電源を切ります。



X. 2016年産、干鮑出荷開始

●網鮑・吉品鮑【2016年産】いよいよ出荷開始いたしました。

網鮑100g
!超特大!
【2016年産】
\150,000(税別)


網鮑30g〜
【2016年産】
\10,000〜(税別)


吉品鮑12g〜
【2016年産】
\4,000〜(税別)


Y. まもなく終了、年度末大特価セール

●GarminハンディGPSレシーバ♪特別サービス品♪

♪日本登山地形図同梱キャンペーン♪
GPSmap64SJ【日本語版】
※在庫限り※
15%OFF
\63,580(税別)


♪CityNavJv12[DVD]サービス添付♪
eTrex30J【日本語版】
※在庫限り※
15%OFF
\58,650(税別)


♪4大プレゼント付き♪
eTrex20J【日本語版】
※残1台※
15%OFF
\39,100(税別)

●時刻同期専用GPSレシーバ

tmAdjust7【トライアル版】サービス添付
EasyTime86
10MHzクロック出力
在庫限り、特価
\79,800(税別)



tmAdjust7【トライアル版】サービス添付
EasyTime7 Classic
ご要望にお応えし、急遽発売再開
在庫限り、特価
\64,800(税別)


40MHzクロック出力
VN-872(GT-87)
古野電気社製時刻同期専用GNSSレシーバ
在庫限り、特価
\70,000(税別)


●自律航法対応GPSレシーバ

動態管理GPSレシーバ/データロガー
AVIC-MRZ90II-B
業務用フルカーナビ
※在庫限り、超特価※
\99,800(税別)



業務用車載GPSレシーバの定番
GPS-M1ZZ
ジャイロ・加速度センサー内蔵
【max4Hz出力】
\56,800(税別)



パソコンGPSショップ
パソコンGPSニュース編集部

〒328-0024 栃木県栃木市樋ノ口町396-1
株式会社SPA GPS/ITセンター
TEL:0282-20-0620, FAX:0282-20-0621
http://www.spa-japan.co.jp/
http://www.rakuten.co.jp/gps/
http://www.facebook.com/pages/Gps-Concierge/
E-mail:gps@spa-japan.co.jp

Copyright(c) 2015 SystemProducerAssoicateCorpretion All Right Reserved.