SAFS SPORTSについて

  • SAFS
    「元気でまじめなスイマーを応援します!」
    上手い下手じゃなく、「泳ぐことが好きなスイマー」のための
    競泳水着を製造するブランド「SAFS」
    水泳上級者も満足のクオリティを追及しています。
    しかし、必ずしもトップレベルのスイマーをフィーチャーした水着ブランドでなく
    自分のペースで泳ぐ時間を楽しむことができるスイマーさんに寄り添いたい。
    普段着の競泳水着をコンセプトにしています。
    塩素と戦う水着の真実、
    水着の寿命は100時間。
    水着選びの中で欠けている、消耗品と言う基準。
    大手メーカーの水着は、塩素水による劣化が原因で通常100時間ほどで寿命を迎えます。
    それと比べて、SAFSの水着は、およそ80時間。
    大手メーカーとSAFSのコストパフォーマンスを比較
    大手メーカーの水着
    1枚で約5,000円〜
    SAFSの水着
    2枚でも5000円以下

    スイマー応援のSAFS水着は、大手の水着に比べ値段は1/3〜1/2。
    数枚を用意して、ローテーションすることで、大手メーカーよりも
    コストパフォーマンスは高くなります。
    FINAマークなし、つまり練習用
    コスパの高いSAFSは普段着水着
    水着の使い方間違っていませんか?
    SAFSの水着は、「FINAマーク」なし、つまり練習用です。
    協会公認の大会に出場のときは大手メーカーの水着を。
    そして普段の水着を酷使する練習用には、コスパの高いSAFS水着を。
    普段着の水着がSAFSです。
    水着は一張羅ではありません。
    複数の水着をローテーションすることで、品質劣化を遅らせることができます。
    複数の水着を用意するならスイマー応援ブランドSAFSの水着。
    常に変化し続けるSAFS
    SAFSは常に変化し続けます。たくさんのお客様からの声を頂戴しております。
    直接ユーザー様から改善ポイント頂き、日々品質改良を続けています。
    SAFSが目指すのは、「泳ぐことに集中できる品質」「泳ぐことを邪魔しない水着。」

customer’s voice

素材と水着の豆知識

  • ポリエステル×ポリウレタン
    ナイロン×ポリウレタン
    多くの水着が、ポリエステルとポリウレタンの2種類の繊維で編まれています。
    フィット感が求められる水着は伸縮性の良さが必要となり、そこで、その役割を発揮するのがポリウレタン繊維!!

    伸縮性の多きいいポリウレタンをポリエステルと一緒に編みこむことで伸び縮みする素材が生まれ、体にフィットする着用感が出来上がるのです。

    ちなみに、ポリエステルではなく、ナイロンとポリウレタンの2種類の繊維で編まれている水着もあります。
    収縮性の良さのポリエステル
    さらに肌触りの良いナイロン
    ナイロンはポリエステルよりもさらに伸びがよさや、肌触りの柔らかさに特徴があります。
  • ポリエステル ナイロン
    肌触りの柔らかさ
    伸び
    弾力性変化のし難さ
    強度引っ張り強さ
    耐久性
    速乾性
    吸収性 (ポリエステルより高い)
    撥水性
    耐熱性
    耐光性紫外線の強さ ×
    耐薬品性 耐アルカリに弱い 耐酸性に弱い

素材で見る商品別比較表

女性のための競泳水着の選び方

  • ほっそり見せたい

    ストライプや縦ラインで
    スッキリと見せる

    そんな方はデザインや生地の作りで選ぶのがオススメです。

    リブ編みでストライプのデザインに見えるものや、エンボス加工で縦ラインのデザインが入っているものがあります。

    縦のラインにより、スッキリとしたラインに見せることが出来ます。

  • お腹を目立たせたくない

    胸元のロゴやデザインを強調

    ぽっこりお腹が気になってダイエットのために泳ぎ始めた方、
    これから泳ぎ始めようとしている方も多いはずです。

    お腹に力を入れて引っ込め続けるのも疲れちゃいますよね?
    そんなときは視覚効果でお腹に目線を行かせなければいいのです。

    そこで、胸元にロゴやデザインが強調されているタイプをご紹介いたします。

  • 大きなお尻が気になる

    大きなバックロゴで小尻効果

    お尻が気になる方は思いっきり大きなロゴの入っているもので
    ヒップアップ&小尻効果を狙いましょう。

    デニムなどもお尻に大きなポケットがついてるものをはくと
    お尻が小さく感じられたりしますよね?

    そこで、バックロゴの大きなものを集めてみました。

  • 足をすっきり長く見せたい

    足を長く見せたいのならやっぱりワンピースタイプ

    足を出すのが抵抗ある方、
    デザイン切替でハイウェストに見えるハーフスパッツタイプもご用意しております。