ブラックバス・トラウト・オフショア! ハンドメイドルアーの専門店 ルアーショップ「ギジェット」
ハンドメイドルアーショップ ギジェット
会社概要お支払い・送料伝言板商品一覧カートの中身を確認メールマガジン配信楽天市場のTOPへ
■検索キーワード
 
商品名、商品番号で探す
価格
円〜
 ◆ハンドメイドルアー製作入門
ルアーメイキングマニュアル
 【シンキングミノー 70mm】

製作工程 No.6
 前回準備したアルミシートを実際にボディーに貼っていきます。
 アルミ箔と粘着シートではそれぞれ張り方が異なりますのが、好みに合わせて好きなタイプのホイルフィニッシュにしてみましょう。

 ◆アルミを貼る【アルミ箔版】
 先に用意していたボディーに、『リターダーシンナー』を塗ります。

 リターダーシンナーは塗料に混ぜて乾燥を遅くさせるための溶剤ですが、塗布することでボディーにコーティングされていたセルロースセメントを溶かして、接着剤として機能させます。

 アルミ箔を貼る側面と上下面にさっと塗ります。
 型を付けておいたアルミ箔をそっとのせます。

 リターダーシンナーで溶かされた表面は、ヌルっとした感じで滑るので、貼ってからの位置調整も簡単です。

 接着剤を使用すると、貼ったアルミの位置を修正することが出来ず、すぐにシワになってしまいます。
 背中の部分や腹の部分はシワにならないように丁寧に貼り込んでいきます。

 どうしてもシワになってしまう場合は後で塗装する予定の場所に逃がしたりすれば目立たなくなるので、どの部分にアルミの地を活かすのか…、またどの部分は塗装で隠れるのかを考えて貼ると良いでしょう。

 アルミの地を活かす側面部は、強い力で擦るとウロコ模様が薄くなってしまいますので注意しましょう。
 写真が光ってしまい見えにくいですが、このように曲面に貼ることが出来ました。

 アルミ箔の端の部分がめくれあがっていないかを確認して、しばらく乾燥させます。

 ◆アルミ貼りの準備をする【アルミ粘着シート版】
 アルミ粘着シートバージョンの方の説明です。

 まず、アルミシートの裏紙を剥がします。(←当たり前ですが…)
この時、アルミシートを剥がすのではなく、裏紙を剥がすようにするときれいに剥がせます。
 ちょっと分かりにくい表現ですが、アルミ側を剥がそうとすると、シートにシワがいきやすいので、裏紙側を引っ張る…ということです。
 位置を合わせてボディーにのせます。

 貼り直しは可能ですが、きっちり貼った後だとアルミがシワになりやすいので、最初の段階できっちり位置決めしましょう。

 体側の中央付近から最初に押し付けて、徐々に腹側と背中側に向けて指で押さえていきます。
 写真は腹側の折り返し部分です。

 指やナイロンの布などで丁寧に貼りこみます。
なるべくシワにならないように注意しますが、どうしてもシワになってしまう部分は、カッター等で切り込みを入れたりして、後に塗装する部分に逃がします。
 アルミシートの端の部分はドライバーの軸などの滑らかな金属棒の側面で押さえると、きっちり貼りこめます。

 ただし、模様は消えてしまいますので注意して下さい。

 また、こうしておくことで、後の工程でアルミとボディーの段差を消すときに楽になります。
 出来上がりはこんな感じです。

 模様のくっきりした硬質なイメージで仕上がりますね。

 シートの浮き上がりがあると、後で苦労しますのでよく確認しておいてください。

 ◆顔の部分にアルミシートを貼る
 本来であればテンプレートに合わせて切り出したアルミシートを貼ればよいのですが、テンプレート通りに顔が彫れていないのと、凹凸があるので、現物合わせでアルミシートを貼ります。

 軽く貼り付けておいて、余分なところをデザインナイフで切り取ります。
刃が良く切れる状態で少しずつカットして、顔の彫りと合わせていきます。
 端っこの部分(特に、細くなっているところ)は、剥がれてきやすいのでケガキ針の軸の側面などでよくなじませます。

 平面の部分には傷やシワが入らないように注意してなじませます。うろこの模様などがないので、傷が入ると目立ちます。(釣果には影響しないと思いますが、気分的にねぇ…笑)
 …で、貼り終わった状態です。

 今回は口のパーツを全て別パーツにして貼り付けました。

 あまり凝り過ぎるとアルミ貼りで苦労します…トホホ

 ◆アルミ貼りの仕上げ
 ケガキ針などで側線の点を打っていきます。

 ん…、ちょっと下過ぎましたね(笑)。
 せっかくなので、ムナビレもアルミシートで表現してみましょう。

 中心線の左右にムナビレのもとになるディティールを書き込みます。
写真ではフリーハンドで描いてますが、雲形定規などを使った方が確実にキレイです。
 中央で折って、はさみでムナビレのかたちに切り取ります。
 適当な位置に(笑)、貼り付けます。
 こちらはアルミ箔版の方にムナビレを貼った状態です。

 …明らかに大きすぎました。 が、まぁ、よしとします(←なんで?)。
 こちらの方にはルレットで側線を表現します。

 ルレットは本来裁縫用の型取り道具なのですが、等間隔に点を打っていけるので非常に重宝します。
 上の写真がアルミ箔版。 下がアルミ粘着シート版です。

 付ける模様でガラっとイメージが異なります。

 好みに応じて使い分けてみてください。

【Gwidget(ギジェット)】ニードル(目打ち)
【Gwidget(ギジェット)】 
ニードル(目打ち)
メーカー希望小売価格 オープン価格 
販売価格 472円(税込)
【フェザー(Feather/サンコー商会)】リターダー(白濁防止剤)100ml乾燥遅延・白化防止剤
【フェザー(Feather/サンコー商会)】
リターダー(白濁防止剤)100ml
乾燥遅延・白化防止剤
メーカー希望小売価格 735円(税込)
販売価格 588円(税込)
【ACCEL(アクセル)】リターダー(白化防止剤)100ml乾燥遅延・白化防止剤
【ACCEL(アクセル)】 
リターダー(白化防止剤)100ml 
乾燥遅延・白化防止剤
メーカー希望小売価格 682円(税込)
販売価格 535円(税込)
【フェザー(Feather/サンコー商会)】リターダー(白濁防止剤)徳用1000ml乾燥遅延・白化防止剤
【フェザー(Feather/サンコー商会)】
リターダー(白濁防止剤)徳用サイズ1000ml
乾燥遅延・白化防止剤
メーカー希望小売価格 7,350円(税込)
販売価格 4,725円(税込)
【Clover(クローバー)】Nルレット(ギザ歯タイプ)画像1
【Clover(クローバー)】 Nルレット(ギザ歯タイプ)
メーカー希望小売価格 680円(税込)
販売価格 680円(税込)
【アウトレット大放出品】アルミ粘着シートウロコモールド・125mmミノー型抜き25体分ホイルフィニッシュ用アルミ粘着シート
【アウトレット大放出品】 
アルミ粘着シート ウロコモールド・125mmミノー型抜き 25体分
ホイルフィニッシュ用アルミ粘着シート
メーカー希望小売価格 1,260円(税込)
販売価格 420円(税込)

≫ギジェットのTOPページへ ≫ルアー製作方法のINDEXへ ≫次の工程へ

商品レビュー レビューの書き方ガイド

意外と簡単!
ショップへのリンク
商品のリンク