丸洗い・羽毛ふとん製造工場 ねむりの専門店 ふとんスタジオ

楽天市場トップ
お気に入りショップへ登録
カートを見る
年末年始のお知らせ 初めての方はこちら 羽毛ふとん丸洗い(プレゼント) 魔法のリフォーム OUTLET
OUTLET ALDSアルアス羽毛ふとん 機能付 健康敷ふとん ハギレセット レース生地ハギレセット
自社工場の行程 よくある質問 お客様の声
丸洗い・リフォーム 納期の目安 10営業日 寝具・ハギレセット 納期の目安 3営業日

羽毛ふとんの基本
そもそも羽毛ふとんとは?
 ダウンを50%以上使ったふとんを「羽毛ふとん」、50%以下のものを「羽根ふとん」と呼び、区別しています。

 例えば、ダウン90%のふとんには、充填量の90%入っていて、残りの10%はスモールフェザーが入っています。スモールフェザーには、硬い羽軸が付いていますので、フェザーの充填量が多いほどガサつき感があります。
 そのためダウン充填率が高いほど、高級でいいおふとんとされています。

ダウンとフェザー

ダックとグ−スの違い
ダウンの種類
グースとダック?
 羽毛は食用に飼育されたものの副産物であるため、フォアグラを目的に十分に生育させ飼育されるグースに比べ、食肉を目的とするダックはダウンが十分に育つ前に食用となります。

 そのため一般的にはダックよりグースのほうが品質的には良いと言われます。

 また、グースの方が優れている点としては、以下のような事があげられます。

【保温性に優れている】
 グースは、ダックに比べて体が2〜3倍も大きいため、成熟したグースからは空気包含力に富む大きなダウンボールが採れ、ダウンボール1個あたりの毛の本数も多く、保温性に優れています。

【軽い】
 グースの羽根は、ダックに比べて羽枝は細く柔らかいので軽いです。

【羽毛の匂いがあまりない】
 グースは草食性なので、雑食性のダックに比べ羽毛の匂いがあまりありません。


マザーグース・マザーダック
マザーグース  グースやダックには、食用の採取を目的に飼育されているものと、マザーグース・マザーダックと呼ばれる卵を採る目的で4〜5年間飼育されている親鳥がいます。

 この羽毛は、長い期間飼育され、鳥の成長期間と共に羽毛(ダウン)の成熟度にも違いが生じ、通常の羽毛に比べ大きくコシがあるので、保温性やかさ高性に富み、また耐久性にも優れています。

 また、普通のダックやグースに比べて数も少ないので、希少価値から高級になります。


アイダーダック
 アイダーダウンとは、野生のアイダーダックの雌が卵をかえすために、自分の胸から抜き取って巣に敷き詰めた羽毛のことです。

 毛綿鴨と呼ばれる海洋性水鳥のアイダーダックは、アイスランドやグリーンランドなどの北極圏の海岸線に生息し、厳しい寒さに耐えるため、全身を覆う羽毛には弾力があり、より保温性に優れています。

 アイダーダックの巣は5月中旬〜6月にかけて、海岸の低地や岩場などに作られます。
 保護鳥であるアイダーダックからは、直接羽毛をとることが出来ないため、卵からかえった雛鳥が巣立ったあと、巣を壊さないように羽毛が採取されます。

 1羽の水鳥から直接採取される羽毛の量が約60gなのに対し、巣から採取されるアイダーダウンの量は約20gほどです。採取が困難であるため稀少で、そのためアイダーダックは「キングオブダウン」と称され高級と評価されるゆえんです。

羽毛ふとんの品質表示ラベルの種類
ゴールドラベル
 羽毛ふとんの品質性は、ふとんに付属しているゴールドラベルの星表示(6つ星・5つ星・4つ星・3つ星)で知ることも出来ます。
 このゴールドラベルは、日本羽毛製品共同組合が「羽毛ふとんの一層の品質向上」「消費者の商品選びをスムーズにする」「羽毛の品質はもちろん、側生地、縫製にいたる羽毛ふとんのトータルを保証する」ことを目的に発行しているラベルです。

 ラベルの違いは、基本的には羽毛ふとんに使われる羽毛のダウンパワーの数値で区分されています。
ニューゴールドラベル
【ニューゴールドラベル】
使用羽毛品質 ★★★
ダウンパワー 300cm3/g以上
エクセルゴールドラベル
【エクセルゴールドラベル】
使用羽毛品質 ★★★★
ダウンパワー 350cm3/g以上

ロイヤルゴールドラベル
【ロイヤルゴールドラベル】
使用羽毛品質 ★★★★★
ダウンパワー 400cm3/g以上
プレミアムゴールドラベル
【プレミアムゴールドラベル】
使用羽毛品質 ★★★★★★
ダウンパワー 440cm3/g以上


【ダウン(羽毛)パワーの違い】ダウン(羽毛)パワーの違い
ダウンパワーとは、羽毛のふくらみを数値化したもので、羽毛がどれだけフワフワしているか?どれ程の弾力性を持っているか?を表したものです。
良い羽毛は、重さあたりの体積が大きく、よりたくさんの空気を含みます。数値が大きいほど、大きく膨らむことを表し、優れた保温性を持つ高品質な羽毛と言えます。

羽毛ふとんの特徴
軽くて暖かい
 羽毛ふとんが暖かいのはダウンが呼吸しているからです。
 寒い時にはダウンが膨らんで開き、たくさんの空気を抱え込んで、体温から伝わった熱を逃さないようにしてくれます。
 1つ1つのダウンボール同士が固まることなくできているので、ダウン全体が効率的に広がり、羽毛ふとんのすきまをなくし、暖かい空気を逃さないようにしてくれます。

 逆に暑い時は、ダウンが閉じて空気を抱え込まず、暖かい空気の通り道をつくり、熱を逃し通気性を良くしてくれるのです。

 羽毛ふとんは、ふっくらとボリュームがあっても、中身はほとんど空気なので軽くて体を圧迫しません。

さわやかで快適
 人は眠っている間にコップ一杯もの汗をかくといわれています。
 羽毛ふとんは吸湿性と発散性に優れているので、眠っている間に体から余分な湿気を吸収し、ふとんの外に発散してくれます。これは透湿性と呼ばれるダウンの特性です。

 羽毛ふとんは、他の素材のふとんに比べて透湿性に優れているため、ふとんの中がムレにくく、いつもサラっとした肌触りでここちよく眠れます。

体によくなじむ
 ドレープ性も羽毛ふとんの特徴です。ドレープ性とは、ふとんが身体に沿ってフィットすることを表す言葉です。
 羽毛ふとんは、繊維を蓄積した他の素材と異なり、羽毛1個1個が独立しているので、空気をたくさん含み、ふとんが身体に沿って包み込むようにぴったりフィットし、ドレープ性がとても高い素材です。

 身体の形に合わせてフィットしてくれるので、肩口にすきまができることなく寒い空気がふとんの中に入る事を防いでくれます。

お手入れが簡単
 羽毛ふとんは、放湿性にも優れているので、他のふとんのように頻繁に日に干す必要がありません。
 また、小さくたたんでもすぐに元に戻り圧縮回復力がよいので、他のふとんに比べて、収納にも場所をとらず、軽くて日々の取扱いも楽なので、極めて便利です。

 
※圧縮回復力とは、圧力をかけて体積を小さくした状態から、圧力をなくした元の状態を取り戻す力です。

とても経済的
 羽毛ふとんは、大変耐久性に優れ、丁寧に使用すれば長期間使用できます。
 つまり、長い目で見ればとても経済的なのです。

 また、側生地を交換したり、中の羽毛を補充したりとリフォームが可能で、丸洗いも可能です。保温性に優れているので、電気毛布やあんか、室内暖房等の使用を減らしたり、併用するなどして、エネルギーを節約できます。

キルトについて
 羽毛掛ふとんの構造は、基本的には表生地と裏生地との間に、高さのある「マチテープ」を縫込み、羽毛の入る立体小部屋をつくります。この立体小部屋をつくることで、ふとん全体に羽毛が均等にいきわたるようにし、全体の保温効率を高めます。

 この加工をキルトと呼び、羽毛のかたよりを防ぎ、かさ高を保つために側生地に施します。

 一般的に「立体キルト」「二層式立体キルト」と呼ばれるものがあり、当社ではこの2つのタイプに加えて「アルダスキルト(特許取得構造)」の3タイプがあります。

 他に、上下の側生地を直接縫っている「平面キルト(ヨーロピアンキルト)」があります。

平面キルト
平面キルト
 表地と裏地とを直接縫製するので、羽毛小部屋は立体にはなりません。

 通気性は良いので、夏用のダウンケットに適していますが、縫い目近くの羽毛がつぶれてしまい、空気を含まなくなるので、保温性が悪く、冬用の羽毛ふとんには向いておりません。

 また、側生地のミシン目から羽毛が飛び出すこともあります。

立体キルト
立体キルト
 立体キルトの構造は、ひとつひとつがボックス状に密閉されていて、隣の小部屋の羽毛に熱を効率的に伝えます。

 中央の身体の部分にクールポイントと呼ばれる、暖かさが逃げる部分(キルティングの縫い目の部分)が出てしまいます。

 また、羽毛を簡単に吹き入れるための穴や切れ目があいており、2〜3年は問題がなくても、徐々に襟裳との部分から羽毛が移って片寄りが生じることがあります。

二層式立体キルト
二層式立体キルト
 二層式立体キルトの構造は、羽毛の立体小部屋をさらに上層・下層に分けてつくり、上層3×4マス・下層4×5マスの立体羽毛小部屋ができます。

 上層下層でマスがずれるようにつくられているので、よりすきまなく羽毛がいきわたり、保温効率も大幅にアップします。

 キルトをずらしたため、クールポイントは防げますが、羽毛の移動は完全には防げません。

アルダスキルト
ALDSキルト
 ALDS(アルダス)キルトの構造は、4×5マスの羽毛の立体小部屋の各マスに特殊な弁を設けて、吹き込んだ羽毛が移動しないという画期的な構造です。(特許番号3168885号)

 寒冷地仕様構造で、どこよりも高いマチでクールポイントをなくし、優れたかさ高性を実現しました。

 より保温性、フィット性が高い羽毛ふとんで、広くお客様に喜ばれております。


羽毛ふとんの生地について
羽毛ふとんの側生地には、羽毛が飛び出さないよう『ダウンプルーフ加工』が施されています。

ダウンプルーフ加工とは? <プルーフとは「防ぐ」「・・・を通さない」という意味があります。>

羽毛ふとんの取り扱いについて
末永く、快適にお使いいただくための取り扱い方法をご紹介いたします。

収納方法


干し方


クリーニング(丸洗い)は?


カバーについて


寒いときには?


ニオイについて


リフォームについて


最後に・・・
 当店をはじめ、百貨店や取引先の寝具メーカーがお客様のお宅を訪問して、羽毛ふとんの点検をすることはありません。
 関係があるように偽って、高額な商品の購入や修理をしつこく勧める「点検商法」の被害が最近急増しています。
 おふとんのことで何かありましたら、まずは当店、または下記の窓口までご相談ください。

【日本羽毛製品協同組合】 東京都中央区日本橋茅場町3-12-4
             TEL / 03-5649-2285
【地方自治体などの消費者センター】 など
copyright © ふとんスタジオ. All right reserved.