有子山博美さんオススメの英会話教材「英会話マスタープログラム」

英会話力をアップするコツは、

  1. 自分の日常にまつわるフレーズを増やす
  2. 使用頻度の高い定番フレーズを大量にインプットする

の2本柱だと考えています。具体的な方法としては、

(1)は英語で日記や手帳をつけたり、日常生活の中で常に「これは英語で何て言うんだろう?」と考えて調べるクセをつけること。

(2)は、使えるフレーズが満載の動画をたくさん見て、口ずさんで丸ごと覚えてしまうのが一番! そこでおすすめなのがこの「英会話マスタープログラム」です。

厳選されたシチュエーション

収録されているのは10ユニット40動画。たとえば「同僚と空港で会う」「さよならを言う」「電化製品を買う」「車を購入する」「銀行口座を作る」「スーパーで買い物」「ファーストフード店で食べ物を注文する」「美容室に行く」「パーティーに行く」…などなど、どれも日常生活に密着したシチュエーションばかりなので、フレーズも実践的です。

また、「残業」「職場でのイライラ」「好きな俳優について語る」「テレビ番組について話す」「選挙について話す」「経済について話す」など、会話のネタとして定番のトピックも網羅されています。

ネイティブらしい会話スピードとあいづち表現

英会話教材の中には、実際のネイティブの会話とはかけ離れたものもありますが、これは会話スピードも自然で、何より洋画や海外ドラマにも登場するような「ネイティブらしい言い回し」が満載です。

とくに「あいづち表現」は、そのまま覚えておくと会話が弾むこと間違いなし。「これが言いたかった!」という絶妙なフレーズがたくさん登場します。

充実の機能

英語・日本語字幕機能、リピート機能はもちろん、きめ細かい辞書機能もついているので、いちいち自分で調べる手間がかかりません。単語は単語、イディオムはイディオムとしてきちんとカタマリで意味が表示されます。もちろんすべて音声付きで発音も確認できます。

また、ディクテーション・タイピングによる空所補充や単語クイズもあり、キーとなる単語やフレーズがばっちり覚えられます。

スピーキングの練習にもぴったり

いざというときにパッとフレーズを言えるようにしておくには「音読」が欠かせませんが、自己流でやると間違った発音で覚えてしまう危険性があります。

「英会話マスタープログラム」なら音声を何度でも聞けるのはもちろん、自分の発音を録音して判定してもらえたり、ネイティブ音声と比較したりできる機能があります。

よいスコアを出そうとつい夢中になって練習するうちに、通じやすい発音・イントネーションが身につきます。

多彩なジャンルの動画を字幕・音声つきで見放題

さらに、動画だけであれば(ディクテーションやスピーキング機能はなし)、映画やニュース、テレビCM、有名人のインタビュー、子ども向けアニメなどなど、膨大なコンテンツを視聴できます。ジャンルも多彩なので、英会話教材はもうあれこれ手を出さず、これ一本で十分なのではないかと思えるほど。

iPhoneやiPadからもアクセスできるので、スキマ時間を活用してナマの英語のシャワーを浴び、「使ってみたい!」と思えるフレーズに出合ったらどんどんインプットしていきましょう。リスニング力、会話力がぐんとアップするはずです。

有子山博美(うじやま ひろみ)
英語学習コンテンツ制作、ときどきイラストレーター。神戸市外国語大学英米学科を卒業後、学習ソフト制作会社で数々の社会人向け英会話ソフトを企画制作。留学経験なしでTOEICテスト990点(満点)を達成するとともに、洋画や海外ドラマを使った「DVD学習」 で英語力を磨き、国産バイリンガルへと成長。現在は英語学習情報サイト「Romy's English Cafe」を中心に、育児に追われながらも、メルマガ、ウェブサイト、ツイッターを通じて英語学習関連の情報を提供している。著書に『英語手帳2016年版』(IBCパブリッシング)、『英語手帳120%活用法』(IBCパブリッシング)、 『留学しないで、英語の超★達人!』『同僚に差をつける! 毎朝10秒の英語レッスン』(以上、中経出版)、『ネイティブが本当に使っている45の話せる英文法』(旺文社)などがある。

英会話マスタープログラム