聴き手:菅野(英語伝 店長)

私自身が以前から「英語手帳」ユーザーなのです。

私自身が以前から英語手帳ユーザーだったので、2017年版の英語手帳は「読んで終わり」ではなく、ユーザーの方に実際に「英語で書き込んでみよう」「このフレーズを会話で使ってみよう」と思っていただけるような、実践的な手帳になるよう工夫しました。

毎日英語で手帳や日記をつけることで、自分の日常生活にまつわる語彙が増え、英会話力アップにもつながります。英語手帳を毎日使って英語が習慣化されるよう毎月のテーマは「身近なこと」や「モチベーション維持につながること」を念頭に選び執筆しました。

2017年版は手帳へ英語で書き込みがさらにしやすくなった!

英語初級者でも手帳に書き込みしやすいよう参考になる英語フレーズで「予定+気持ち」「出来事+感想」「天気」に加え、「健康」にまつわるフレーズ集を追加しました。

私自身も英語手帳に英語で日記をつけているので、英語手帳2017年版は、自分の気持ちや感想を述べたり、健康状態を書き込んだりするためのフレーズ集「Words & Phrases」を増量しています。自分の状況にぴったりの単語を選んで空欄に入れるだけで英文が作れるので、初心者の方でも気軽に書き込みが始められるようつくりました。

最初は「Words & Phrases」内のフレーズの丸写しや英借文(すでにある文章を借りて、カスタマイズして英作文すること)で構いません。「Words & Phrases」から日々の予定や行動を表す語彙を選んで書き込み、自分の気持ちや感想を述べるフレーズ集を参考に一行プラスしてみてください。

1日の始まりや前日の夜に「予定+気持ち」を書き込んでもいいですし、1日の終わりに「今日の出来事+感想」を書き込んでもいいです。毎日5〜10分、ベッドの中や通勤電車の中で構いませんので、「2行日記」をつけてみましょう!毎日の予定や行動にプラスして、ぜひ自分の気持ちや感想を英語化してみてください。

2017年版は健康に関するフレーズを大幅に追加

実は私の母も英語手帳を使っていて、実家に帰ったときに、こっそりのぞいた母の「英語手帳」の中で、実際にフレーズ集を活用して英文を書いてくれていたのを見て嬉しくなりました。母が言うには、感想を書きたいときに、「Words & Phrases」内のフレーズ集が役立っているとのこと。それを聞いて、フレーズ集のボリュームを増やそうと思ったのです。

2017年版から追加された健康にまつわるフレーズ集は使えそうな単語をぎゅっと詰め込みましたので、まずは目を通してみて「使えそう」だと思ったものにマーカーを引き、ウィークリーページに書き込んでいただけたらと思います。

健康にまつわるフレーズは、実際の英会話でも役立つ場面が多いので、ぜひストックして自分で使える英語表現にしていただきたいです。。

英語日記はスキマ時間を利用して「心に残った出来事」を思いつくまま気軽に書く

私自身は、毎日英語で日記を書こうとして一時期しんどくなってしまったのです。そんな時、母が1週間の終わりに「その週のハイライト」的なイベントだけを2、3選び、「出来事+感想」の2〜3行の英語でシンプルに書いていたのを見て、「それでいいんだ」と思いました。今ではスキマ時間を利用して2、3日おきに「心に残った出来事」について、思いつくまま英語で書くスタイルにしています。

英語手帳の使い方のコツ 〜英語の書き込みを楽しむ〜

ちょっとした絵文字やイラストを入れたり、お気に入りのミリペンやスタンプ、シールなどを使うと手帳をつけるのが楽しくなります。「英語手帳」は余白も十分あるので、洋画や海外ドラマ、ペーパーバックなどで気に入ったフレーズに出合ったら、その都度書き込んでおきましょう。

日常生活の中で、ふと「これは英語で何て言うんだろう?」など疑問がわいたときも「英語手帳」に書き込んでおき、スキマ時間に調べるクセをつけるのもおすすめです。英語にまつわる気づきや疑問は一冊に集約して常に持ち歩くようにすると、1年後には思い出の詰まった「自分だけのフレーズ集」が完成します。

今の英語力を気にせず、英語手帳を使い倒してほしい!

現在の英語力に関わらず、英語が好きな方、英語で人生を豊かにしたいと考えている方に「英語手帳」はぴったりだと思います。私自身も英語手帳に日々の出来事や気づきを書き込んだり、ときには英語手帳に登場する単語やフレーズを使って英作文したりと、最大限活用するつもりです。ときにはその様子を私のTwitterでもシェアしたいと思います。一緒に楽しみましょう。