Bluetoothのバージョン(規格)について
Bluetoothのバージョンは性能を表しています。また、対応できるプロファイルも違ってきます。
対応するBluetoothバージョンが異なる機器同士でも、低いバージョンにあわせて接続することができます。つまり、高いバージョンは低いバージョンをカバーしている事になります。
ver1.1 普及バージョン
ver1.2 同一周波数を使う無線LAN(IEEE 802.11/b/g/)との干渉対策が施された
ver2.0 容量の大きいデータを通信する場合に高速である3Mbpsでの通信に対応したEDRという機能が追加できるようになった
ver2.1 NFCに対応するなどペアリングが簡略化されたことにより、認証の為のPINコードを入力する必要がなくなった。
また、マウスやキーボードのバッテリー寿命を最大5倍延長できるSniff Subrating機能(省電力モード)が追加された。
ver3.0 無線LAN規格の帯域を利用できるようになった事で、従来の約8倍のデータ転送速度(最大24Mbps)を実現。
さらに電力管理機能を強化し、省電力化を向上した。
ver4.0
Bluetooth Smart
Bluetooth Smart Ready対応機器同士でのみ、Bluetooth Low Energy(BLE)による低消費電力モードでの通信が可能です。従来のBluetooth機器とは通信できません。
ver4.0
Bluetooth Smart Ready
Bluetooth Low Energy(BLE)による低消費電力モードで通信をする子機との通信に対応しています。さらに、従来の Bluetooth機器との通信も可能です。
Bluetoothのプロファイルについて
Bluetoothプロファイルは使用できる機能を表します。
使用する機器同士がそのプロファイルを有する事で、その機能が利用できます。
DUN 携帯電話・PSHを介してインターネットにダイヤルアップ接続
FTP パソコン同士でデータ転送
HID マウスやキーボードなどの入力装置を操作
OPP 名刺データの交換などをおこなう
HSP ヘッドセット等で音声入出力をおこなう
HFP スピーカーやヘッドセット等で電話の発着信や通話をおこなう
A2DP ヘッドフォン・イヤフォンにステレオ音質の音声データを伝達
AVRCP AV機器のリモートコントロール操作(再生、一時停止、音量調整など)
▼Bluetooth ver4.0で使用できるプロファイル
Battery Service Profile バッテリー残量情報を提供
FMP 見失ったデバイスを探す
TIP 時刻の修正
ANP 音声/メール着信を通知
PASP 電話着信を通知
HOGP 低消費電力で機器を接続
SPP Bluetooth機器を仮想シリアルポート化
HCRP ファイルの印刷・スキャン
BPP プリンターへ転送、印刷
BIP 画像の送受信・印刷
PAN Bluetooth経由でネットワーク接続
VDP ビデオデータをストリーミング配信
PXP 接続機器間の距離をモニタリング
BluetoothのClassについて
BluetoothのClass(クラス)では、電波の到達距離を規定しています。
Classが異なる機器でも問題なく使用できますが、到達距離は短いほうのClassに合わせられます。
例えば、Class1対応機器とClass2対応機器を接続した場合、電波の到達距離は10mになります。
Class1 最大100m
Class2 最大10m
Class3 最大1m