『10分でまるわかり USBメモリー講座』にようこそ。

このページでは、USBメモリーの種類や性能、使い方などをわかりやすく解説していきます。
読めばあなたも、今日からUSBメモリー博士です!

 

USBメモリーの容量は1GB、2GB、4GB、8GB、16GB、32GB、64GB…というように、倍々で増えていきます。容量が大きいUSBメモリーほど、文書、画像、動画などのデータをより多く記録することが可能です。

USBメモリー選びでは、目的や用途に合った容量をチョイスすることもポイントになります。
下記の一覧表で、最適な容量を確認してみましょう。

■目的・用途別 USBメモリーのおすすめ容量一覧

用途 オススメ容量
● text・wordファイルやExcelファイルを保存して持ち運ぶ
● プレゼン用のパワポ資料を保存して持ち運ぶ
● PCなどに入りきれなくなったデータを一時保存 etc
4〜16GB
● 大量の画像や動画を保存して持ち運ぶ
● 動画や音楽ファイルのバックアップに使う etc
32GB
● 大量の高画質画像を保存して持ち運ぶ
● フルHDの動画を大量に保存して持ち運ぶ
● PCのバックアップに使う etc
64GB〜

 

現在使われているUSBメモリーは、『USB2.0』と『USB3.0』の2タイプが主流になっています。新しい規格である『USB3.0』のほうがデータの転送速度が速いので、書き込み・読み込みの早さも重視するなら、USB3.0対応のものを選ぶといいでしょう。

USB3.0対応のメモリーは、USB端子の内側が青いかどうかで判別できます。

 

USBメモリーといえば、細長いボディと端子用キャップのイメージが強いアイテム。ですが現在は、使いやすさやデザインなどを重視したいろいろな形状のものが販売されています。主なタイプとしては、以下の5種類が挙げられます。

■USBメモリーの形状タイプ一覧

オーソドックス
端子をカバーで保護している、定番のUSBメモリーです。

キャップレス
端子を本体に収納できるなど、キャップを使わないタイプです。キャップをなくすリスクがなく、より気軽に持ち運べます。

コンパクト
指先サイズの超小型タイプです。USBポートに挿すとほとんど目立たず、PCと一体化したパーツ感覚で使えます。

microUSB対応
端子部分が、USBとmicroUSBの両方に対応できるよう工夫されたタイプです。android系スマホなどにも使えます。

おもしろ系
ユニークなデザインのUSBメモリーです。個性を演出するアクセサリーとしての利用価値もあります。