上質な革鞄を持ったからには、その革の性質や特徴は押さえておきたいもの。知るほどに、触れるほどに、革の魅力に気が付きます

紐解く、革の歴史

日常的に使っている革製品ですが、人間は一体いつ頃から革細工を始めたのでしょうか。世界の、そして日本の革の歴史をさかのぼります。


「革」と「皮」の違い

「革」と「皮」、どちらも同じだと思ったら大間違い。その違いは、革製品を作る際の作業工程に大きく関わっています。さて、その違いとは・・・?


その革、何の革ですか?

一口に「革」といっても、その原料皮はさまざま。それぞれに質感が異なり、用途も変わってきます。バッグによく用いられる原料皮とは?


タンニング=なめし

皮をなめす=タンニングは、薬剤や技法によって革の耐久性や柔軟性をコントロールする、匠の技が光る作業です。その工程を覗いてみましょう。


Written by Cuoworks