ヨーロッパ写真日和VOL.97『クリスマスのパリから』

image01

こんにちは、吉田タイスケです。12月に入れば、パリもすっかりクリスマス、、、と言いたいところですが、今年はとにかく地味です。こちらに暮らすようになって、はや十余年。たぶん、今まで一番装飾の少ないクリスマスかもしれません。

image02

ヴァンドーム広場周辺のイルミネーションを撮影するつもりだったのですが、あまりに夕焼けがきれいだったので、ちょっと観覧車から街を撮ろうかと寄り道してみました。

image03

しかし、、思ったよりも観覧車が混んでいて、夕焼けが終わるまでに間に合いそうもなく、けっきょく断念←エー!

image04

カール・ラガーフェルド先生がお描きになったイラストを横目に、ヴァンドーム広場へと戻ります。

image05

サントノーレ通り。

image06

image07

通りのカフェも、ノエル仕様です。

image08

中央のブロンズコラムと、建物のファサードが美しいヴァンドーム広場。300年を超える歴史がありますが、現在は高級ホテルとジュエリーブティックが軒を並べています。今年は四隅にツリーが配置されただけの、シンプルな装飾でした。パリでは数少ない、歩きやすい広場です。

image09

そのまま広場を渡って、ギャラリー・ラファイエットの方まで歩いてみます。

image10

「架空のキャバレー」とタイトルがついたウィンドウ。足が動く仕掛けです。

image11

庭に咲いた花を生けたという部屋の花瓶も、そこに屋外の自然があるようで和みます。テーブルのセンターレースも、なんとなく昭和だし、、、。 ちなみにここで食べる食事は、今回のスイスツアーでいちばんと言ってもいいくらい美味しかったです。いつか再訪したいですね。

image12

こちらはギャラリー・ラファイエットの吹き抜け内観。オペラ座などを参考に造られたということですが、まるで劇場のようです。天井のガラス細工も美しい。

image13

ギャラリー・ラファイエットを出て帰る道すがら、こちらはカルティエのウィンドウから。ミニチュアの世界、遊びが効いてますね。

image14

さあ、自宅に到着しました。ロンドンから取り寄せたアンティークのテーブルも届いたところだったんです。どうぞ中へ、、、と言いたいところですが、ホテル・ウエストミンスターの入り口です。ヴァンドーム周辺はリュクスなところが並びます。

image15

こちらはサン・ドミニク通りの交差点。カフェの赤い庇がフォトジェニックでした。 広場から観覧車、ショーウィンドウなど、クリスマスシーズンのパリから街の風景をお届けしました。 どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

Return to Top