特集:2016年のカレンダーはこれで決まり!

1年中、家族みんなの視線が集まるカレンダー。ずっと使って飾ってとするものだから、いつ見てもかわいいな♪と思えるものにしたいですよね。

今回は当店取扱のカレンダーをご紹介いたします。実用性のあるもの、どちらかというと実用性よりインテリア性を重視したもの、とにかくかわいいもの。いろいろとタイプはありますが、どれもとっても素敵です!
お家にぴったりなものがございましたら、ぜひ2016年のお供にお迎えしてあげてくださいね♪

>>積み木のような字体がかわいい!ドイツのポスターカレンダー、SNUG.TOY BLOCKSはこちらから♪

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

センスのいいお部屋になること間違いなし◎クールなポスターカレンダー。

一年をまるっと細長いポスターの中に収めたSNUG.VERTICAL(スナッグ・バーチカル)。
フォントサイズを変え、バランス良く配置されたクールな一枚です。

こちら実は、日照時間が長い月ほど大きな字で書かれているんです。日本だと夏至にあたる6月が最も日照時間が長いとされますが、SNUG.STUDIOはドイツのブランドですので、5月が1番大きな字になっています。

実用性は正直あまりないですが、そんなことよりかっこよさ!という方にはピッタリです。
シンプルで、存在感もあり、お部屋をぐっと引き締めてくれます。

カラフルなリサ・ラーソンの動物たちで綴る一年♪

Lisa Larsonが手掛ける、MIKEYを始めとしたユニークな動物たちがカレンダーになりました。
「Baby Number Book」という、小さなお子さまが数字を楽しく数えられるように作られた絵本が元になっています。ですので、1月には1匹のMIKEY、2月には2頭のキリン、3月には3頭のライオン…といったように、動物が描かれているのです。

リビングなどにはもちろんですが、お子さまのお部屋に飾るカレンダーとしてもおすすめです。
目に鮮やかな色を楽しみながら、お子さまと一緒に動物を数えたりと、学べるカレンダーとなっております。

実用性も◎リサ・ラーソンの陶器が楽しめるカレンダー。

本当は陶器作品をコレクションしたいところだけど、なかなか難しい…そんな方にぜひおすすめのカレンダーです。
毎月1つずつ登場する陶器作品に思わずうっとり…♪
スケジュールを書く部分もしっかりと確保され、右下には前月と翌月も見ることができる機能性にも優れたカレンダーです。ちょこっと描かれたリサのドローイングも、遊び心があってかわいいですよ。

機能性を重視すると、どうしても生活感が出てしまいがちなカレンダーも、これなら大丈夫。目立つところに飾りたくなりますね。

カレンダーの後はポストカードとして使える♪陶器作品カレンダー

こちらも同じくリサ・ラーソンの陶器作品を楽しむことのできるカレンダーです。
こちらはコンパクトなタイプで、棚の上やトイレなど、ちょっとしたスペースに飾るのもおすすめ。

また、カレンダーとしての役目が終わったら、切り離してポストカードとして使うことができます。マスキングテープなどで壁に飾ったり、フレームに入れて飾るのも素敵ですね!
小さめのカレンダーで、実用性よりはデザイン性を重視したものになりますが、長く楽しめるのはうれしいポイントです♪

2016年は大好きなムーミンと一緒に過ごす!

北欧を代表するキャラクター、ムーミン。かわいいキャラクターはもちろん、心に染み入るストーリー、時には自分の考えを見つめなおすきっかけをくれるような、そんな深さも兼ね備えていて、世界中で愛され続けています。

そんなムーミンのカレンダーを、2016年のメインカレンダーにするのはいかがでしょうか。
描かれる絵も、挿絵をそのまま抜粋したような大人っぽい仕上がり。フィンランド語と英語表記となっていて、祝日もフィンランドのものが記載されています。実用性には少し欠けるかもしれませんが、現地の空気が漂うカレンダーは格別です。

キャラクターものでも子供っぽくならず、リビングなど堂々と飾りたくなりますね!

番外編:クリスマスまでのわくわくを数えるカレンダー♪

こちらはちょっぴり番外編カレンダーです。
2016年を共に過ごすのではなく、間もなくやってくるクリスマスまでのわくわくを数える、アドベントカレンダーです。

アドベントカレンダーとは、12月1日から、毎日扉を開けていき、クリスマスまでの日数を数えるためのものです。

こちらのムーミンのアドベントカレンダーは、毎日ムーミンの仲間たちが扉から出てくるというかわいすぎる仕様!今日は誰かな?…わ!大好きなスナフキン♪なんて思わず笑顔になること間違いなし。
クリスマスには全部で24体のフィギュアがずらり!その光景は、クリスマスの高揚感と重なり、特別な瞬間となってくれます。

クリスマスが終わってからもずーっと飾っておきたくなりますね♪

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼