clink トップページへ
トップページ 取扱ブランド一覧 買い物カゴを見る ご利用案内 お問合せ


昨年大反響となったTOYPLANEのclinkオリジナルインタビュー企画。今回もTOYPLANEデザイナーKEY NAKANO氏の全面監修の元、各アイテムのディティールにクローズアップしたオリジナル画像を撮影し、細部のディティールへのこだわりやバックボーンについてKEY氏に語ってもらったインタビューを同時掲載したオリジナルコンテンツを公開。
同時に巻頭企画として国内マーケティング&PRの大久保氏にも加わってもらった特別対談も掲載。clinkのWEB上のみの完全限定公開のスペシャルプログラムです。


clink yamada(以下C):まずは今季(2015AW)のコレクションテーマ、コンセプトを教えてください。
Key Nakano/TOYPLANE DESIGNER(以下K):今季は"Urban Renewal(アーバンリニューアル)"というのをテーマワードにしてます。直訳すると「都市再開発」って意味なんですけど、元々あった物を一度分解して現在のスタイルに再構築するっていう所がTOYPLANEの服作りに通じる物があるんじゃないかなと思って。
大久保/TOYPLANE PR(以下O):TOYPLANEの場合、これまでのアイテムを見てもらうと、POPなイメージから凄くベーシックな物まで、振り幅というか、かなりバリエーションが広いように感じると思うんですけど、実は全てベースにはアメカジ、古着があって、そこに「今」のテイストとか、アーバンなスタイルをミックスさせるっていうのが基本なんですよね。
C:なるほど。確かにそうですね。
K:今季はこの"Urban Renewal"をテーマにする事で、その基本の部分にも改めて立ち返って、今まで意外と作って無かった作り込みのシンプルなクルーネックのスウェットとかスイングトップ、コーチジャケットみたいなある意味アイテムとしてはかなり「普通」な物もリリースしてます。
O:それとこれは余談なんですけど、Tower Of Powerが70年代にリリースした"Urban Renewal"っていうタイトルのアルバムがあって、今季のテーマソングとして実は展示会中はずっとTower Of Powerをかけてたんですよ。
K:Tower Of Powerも"T.P."だしね。
C:おぉ!そうですね。そういう裏設定みたいな事も含めて、TOYPLANEの場合、展示会で説明して貰うそれぞれのアイテムのバックボーン的な所とか、KEYさんの拘りとか古着の知識とかって、聞いてると本当に面白いんだけど、なかなか店頭での接客じゃないとお客さんに伝える事が難しいんですよね。
O:確かにそうですよね。
C:その辺をどうやってWEBを見てくれてるお客さんに伝える事が出来るかっていうのは、結構前からKEYさんとも大久保君とも一緒に呑んだりしながら話してたテーマで。
K:うん。そうですよね。
C:そこで去年はトルソーを使ってシンプルにスタイリング提案をしたんですけど、ここ2シーズンは特にカタログのスタイルも変わって、ほぼ全てのアイテムにスタイリングLOOKが付いてるんで、今回はもっとアイテムのディティールをクローズアップしてみようと。
K:そうですね。今撮った写真を改めて見ると、カタログでは伝えきれていない細かなディティールなんかが判ると思うんで、凄くいいと思いますよ。


▼ TOYPLANE PULLOVER PARKA "DREAM TEAM" -clink 12th anv. limited- ▼



掲載の説明文・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
Copyright (C) clink/PAC CO.,LTD. All Rights Reserved