• マザーズバッグ部門ランキング1位取得
  • 今までのマザーズバッグでこんなことありませんか?
  • 汚れやすい 重いなどの問題
  • 当店のマザーズバッグにおまかせ下さい
  • 汚れに強い撥水加工
  • 雨の日も安心のマザーズバッグ
  • お勧め一覧
  • 大容量&マグネットボタン
  • マザーズバッグのラッピングについて

ママによって開発された
ママの為のマザーズバッグをお届け。

マザーズバックは大容量タイプで

ママとお散歩

赤ちゃんとのおでかけは、ママにとっては本当に大変です。

オムツにおしりふき、オムツ替えマットに念のための替えの洋服や防寒具、哺乳瓶やお湯を入れておく魔法瓶、タオルやガーゼ。

必要なものが次々に思い浮かびます。

外出先でぐずらないようにお気に入りのおもちゃや絵本も欠かせません。

離乳食がはじまっていたら、レトルトの離乳食やとりわけ用のお皿やスプーンも必要になってきます。

このようにおでかけ前の準備にも一苦労。

あれもこれもと念のためにどんどん詰め込んでいくと、バッグはパンパンになってしまいます。

あっというまに大荷物になってしまい、どこに何をしまったのかわからなくなってしまうことも多々あります。

マザーズバッグもさまざまなタイプのものが売られていますが、荷物が増えやすい乳幼児期の赤ちゃんとのおでかけであれば、一番重視したいのは収納力です。

口が大きく開いて、出し入れがしやすいものだと、使い勝手もよいでしょう。

中身が多いとうっかり忘れたり落としたりもするので、ファスナーでしっかり口が閉じるほうが便利です。

また赤ちゃんグッズは細々としたものも多いので、ポケットや仕切りがあると、急いでいるときにも目当てのものがすぐに取り出せてイライラすることがありません。

大容量タイプはたくさん収納できるのが魅力ですが、四次元ポケット化してしまうのが難点なので、すぐ使うものは外ポケットに、大事なものは内ポケットにとあらかじめ仕舞う場所を決めておくのもおすすめです。


荷物の整理がしやすいバッグは?

ピエロとカレンダー

マザーズバッグには主に子どもに関するものを入れることになりますが、その中でも代表的なのがオムツです。

他にはタオルや哺乳瓶、もしくは離乳食といったものなども入れることがあります。

あまりにもたくさんの荷物を入れるとなると、どうしてもバッグの中はごちゃごちゃになってしまうものです。

特に整理整頓が苦手な人ほど、バッグの中がぐちゃぐちゃになってしまいます。

必要な時に必要なものをサッと取り出すことができなくなってしまうため、きちんと整理することが大切ですが、できるだけ整理が面倒にならないように収納しやすいマザーズバッグを使うことをお勧めします。

収納しやすいタイプには、中に小分けのポケットが多く付いています。

普通のバッグでも携帯電話やハンカチなどを入れられる小さなポケットが付いていることがありますが、これと同じような感じで、どこに何を入れればいいのか分かりやすく区別されているところがポイントとなっています。

マザーズバッグには自身の荷物を入れることもあるので、お財布や携帯電話などを入れられるようなポケットが付いていることもあります。

もちろん、オムツを入れられるような収納スペースが設けられていたり、消臭機能があるポケットがあったりと今では機能性抜群のバッグが多いです。

ポケット毎に区別して荷物をいれれば取り出しも簡単で、バッグの中をゴソゴソと漁ることもなくなるでしょう。

整理整頓がしにくいという人は、収納箇所が明確になっているタイプのものを購入することをお勧めします。


マザーズバッグ、布地の特徴は

ほ乳瓶の絵

人気のあるマザーズバッグに使われる布地には、共通した特徴があります。

ひとつはとにかく軽いことです。

布地が軽いため、バッグそのものがとても軽いのです。

もうひとつは丈夫なことです。

バッグの中にはいろいろなものを入れるので、布地が簡単に破れるようなものはそうありません。

耐久性があり、しっかりとした重みにも耐えられるようになっています。

鋭いものを入れて傷つくことはあっても、バッグが破れるということはないでしょう。

また、水に強く濡れないということも大事です。

赤ちゃんがいるので傘をさせない時や、バッグだけが傘からはみ出ても大丈夫です。

外から水をかけてもバッグの中まで水分が行くことはありませんので、紙おむつやおしりふき、母子手帳などが濡れることもありません。

また、バッグの中に入れた水筒やミルクなどが漏れても外側にしみ出ることもないのです。

そして汚れにくいというのもポイントです。

汚れがつきにくいため、活動的な赤ちゃんに汚されてもすぐに洗えます。

外で地面においても汚れが染みこむことや移ることがないので、ゴミやホコリなら払ったり拭きとるだけでお手入れも簡単にできてしまいます。

ちなみに、比較的革製品は多くなく、マザーズバッグとしてはナイロンやポリエステルなどが主流です。

特殊な加工がされている綿もあるのですが、ナチュラルな風合いを求めたりオーガニックがいいというのではないのなら、安価なナイロンやポリエステルのほうが機能的ともいわれています。


マザーズバッグは選び方が大切

赤ちゃんとママの手

小さい子供がいる方は外出の時に、マザーズバッグを使うことが多いと思います。

オムツやオムツ替えシート、赤ちゃんの着替えセットやミルクセットなど、何かと荷物が多くなりがちなママに便利なように作られたバッグなので、バッグの中で荷物がぐちゃぐちゃにならないように、ポケットなどの収納などが沢山ついていたり工夫されて作られています。

そんなバッグですが使う期間が限られていることもあり、1つのマザーズバッグしかないという方も多いです。

しかし、毎日使っていれば丁寧に扱っていても汚れてしまいます、

そんなときに洗濯機で簡単に洗うことが出来れば良いのですが、残念ながら丸洗い出来るバッグはそれほど多くないのが現実です。

せっかくのお気に入りのバッグでも洗えなければ困ってしまいますので、購入時に汚れにくいバッグを選ぶことをおすすめします。

たとえば汚れがつきにくい素材のものであったり、汚れが目立たない暗い色のバッグを選ぶといいでしょう。

どうしても自分が気に入ったものを使いたいという方は外出前に防水スプレーをしたり、帰宅後にバッグを拭いたりしてお手入れするとなにもしないより汚れにくくなります。

それでも汚れてしまった場合には、少しお金はかかりますがプロに任せるという方法もあります。

限られた期間しか使うことのないマザーズバッグですが、あるととても便利なのでぜひお気に入りの物を見つけてください。

最近はママタレントプロデュースのものも人気です。


バッグはどんなふうに洗えばいい?

海辺の妊婦さん

マザーズバッグは育児中頻繁に使うもので、外に持って行くことが多いためどうしても汚れてしまいます。

衛生上、汚れたままでは良くありませんので汚れてしまったらすぐに洗うことをお勧めします。

洗い方としては、普通に洗濯機で洗うというのももちろん可能ですが、できるだけ洗剤は使わないようにした方がいいかもしれません。

と言うのも、マザーズバッグにはオムツや哺乳瓶といった、子どもの肌に触れやすいものを入れることが多いからです。

洗剤負けしてしまうことも考えられます。

また、洗濯機で洗ってしまうと、型くずれしてしまうこともあります

柄が付いていたり、カラフルな色遣いのデザインだったりするものは、色落ちしてしまうかもしれません。

このようなことを懸念する場合には、手洗いをお勧めします。

洗剤を使わずに単純にぬるま湯でもみ洗いをするだけでも、たいていの汚れは落ちるものです。

もしくは口に入れても害がないと言われている重曹を使ってみるのもいいでしょう。

いずれにしても、子どもの体に影響がないような洗い方を選択することが大切です。

ついたばかりの汚れであれば、すぐに落ちるものなので、こまめに汚れをふき取るように意識しておきましょう。

毎日使うのなら、洗濯している間に使えるようにマザーズバッグを二つ用意しておくというのもいいかもしれません。

また、片方が汚れてしまっても、翌日はもう一つを使えますので交代で使えて便利です。

なかなか洗濯できなかったり、乾かなかったりする時に役立ちます。

マザーズバッグの雑貨屋チプティーTOPヘージ

コラム1(マザーズバッグの多機能性)

コラム2(マザーズバッグに必ず入れるもの)

コラム3(マザーズバッグ、選ぶポイントは何?)

コラム4(マザーズバッグの種類)

コラム5(最新のマザーズバッグ情報なら)

コラム6(マザーズバックは大容量タイプで)


商品を検索する

本日の楽天ランキング受賞結果 多くの商品がランキング入賞中!!

楽天ランキング上位入賞商品

(マザーズバッグ部門)

 ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)  ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)  ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)  ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)

多くのご注文ありがとうございます

本日の

楽天ランキング

受賞商品

ランキング
 

お客様の声

レビュー(ご感想)

  • 多くのレビューを頂いております レビュー

  • 詳しくレビューを見る

売れ筋ピックアップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ