• マザーズバッグ部門ランキング1位取得
  • 今までのマザーズバッグでこんなことありませんか?
  • 汚れやすい 重いなどの問題
  • 当店のマザーズバッグにおまかせ下さい
  • 汚れに強い撥水加工
  • 雨の日も安心のマザーズバッグ
  • お勧め一覧
  • 大容量&マグネットボタン
  • マザーズバッグのラッピングについて

ママによって開発された
ママの為のマザーズバッグをお届け。

マザーズバッグの種類

ひよこ

ママの必需品の一つに、マザーズバッグがあります。

マザーズバッグとは言葉の通り、ママの為バッグです。

哺乳瓶、おむつ、着替えなどかさばる荷物が入れられて、それらをサッと出せるように仕切りがあったりするもので、赤ちゃん製品を取り扱う企業はもちろん今はハイセンスなブランドものも見かけます。

中でも人気のデザインは、肩と腕にかけられる2WAYのものです。

いつもの移動は腕にかけて、子どもと手を繋いで歩くときは肩にかけられるととても便利です。

持ち手に肩にかけられる程の長さがあると、ベビーカーにも安定してかけられ重宝します。

素材は、キャンパス生地やビニール製などありますが、ナイロン製がお手入れもしやすく軽くてお勧めです

それでなくても子どものことを心配して荷物を準備すると、中身だけで量が多くなり重たくなるのでバッグ自体の重量というのも大切な決め手となります。

カラーは、どんなコーディネートにも合わせやすいものが売れ筋ラインですが、持ち歩く頻度が高いのでお気に入りのカラーを選ぶと良いのではないでしょうか。

またお子様のイニシャルを刺繍してくれるサービスもすぐに見分けがつきますし、人気が高いですね。

最後に取り出し口ですが、マグネットタイプのボタンが便利です。

チャックタイプは開け閉めにひと手間はかかりますが、バッグからパッと手を放さなければいけないシーンに遭遇したときには安心です。

このように一口にマザーズバッグと言っても、バラエティーに富んでいますからお気に入りが見つかると良いですね。


人気のマザーズバッグの素材や形

赤ちゃん

お出かけに必需品のマザーズバッグはシンプルなナイロンやポリエステル素材のものがオススメです。

軽くて丈夫というだけでなく、雨の日に濡れても水が染み込みにくく、汚れが目立ちにくいというのがその理由です。

芸能人が使っている人気のデザインやおしゃれなブランドものもありますが、使い勝手を考えると肩にかけられて背中にも背負える2wayタイプのものがおすすめです。

特にリュックタイプは買い物などで荷物が多い時にも両手が使えるので、赤ちゃんがグズっても抱っこしながら歩くことができます。

カジュアルでシンプルなデザインのものが多く、パパが持っても違和感が無いのも人気の理由でしょう。

保育園の送り迎えや年齢の近い兄弟がいる場合はトートバッグがおすすめです。

中身が見やすく欲しいものがサッと取り出せますし、女性的なデザインのものが多いので、ママ一人のお出かけにも使うことができます。

マチが大きく地面に置いても自立できるしっかりした素材のものだと、しゃがむ必要がないので荷物の出し入れも楽にできますね。

お出かけの度に使うものなので、使いやすくどんな洋服にも合うものを選ぶのがマザーズバッグの購入で失敗しないコツです。

また、外出時は子どもに気を取られて荷物から目を離しがちになりますので、荷物の落下や防犯対策のためにもファスナーやマグネットが付いているバッグの方が安心です。

マザーズバッグといっても様々な種類がありますので、ご自分の用途に合わせたものを選ぶようにしましょう。


用途に合わせたマザーズバッグの使い方

住宅街

お出かけの時に持つマザーズバッグですが、様々なタイプがあります。

自分の用途に合わせたマザーズバッグの使い分けをすると、子供とのお出かけの時に一層便利になります。

まず、赤ちゃんから年齢の低い一歳前後の歩けない子供と出かける際は、抱っこひもでの移動がメインになります。

その際にはショルダータイプを選ぶと両手が空くので便利です。

仕切りの多いものから、仕切りが無いものもあるので、自分が使いやすい方を選びましょう。

赤ちゃんを抱っこひもではなくベビーカーに乗せて移動する時には、大き目のトートバッグタイプがお勧めです。

ベビーカーのハンドル部分に荷物掛けを取り付けると、そのままそこにバッグを引っかけて移動する事が出来ます。

逆にショルダータイプだと歩いている時に荷物が自分の前に来て歩きづらかったり、ハンドル部分にかける事が出来なかったりします。

子供がある程度自分で歩けたり、自転車での移動がメインになったときにはリュックサックがお勧めです。

こちらも両手が空くので、子供と手をつないで歩く時も便利ですし、そのまま自転車に乗る事も出来ます。

近場へのちょっとした買い物や、公園で遊ぶだけの時で荷物が少ない場合には、小さめのポシェットやカラビナを付けてのポーチも良いです。

これは、子供のトイレトレーニングが終了してオムツを持っていく必要が無くなった時にも、荷物が少なくなるので活用出来ます。

移動手段や、子供の年齢に合わせてマザーズバッグを上手に選びましょう。


タイプ別に使い分けてみよう

妊婦さん

マザーズバッグは子育て中に使える便利なバッグですが、子どもの年齢に合わせて使い分けた方がいいかもしれません。

と言うのも、最近では様々なタイプのバッグが市販されるようになってきたからです。

一昔前まではトートタイプしかありませんでしたが、荷物がたくさんあると肩が凝ってしまいます。

また、片側の肩に掛けて歩くことになるので、両手で二人の子どもと手をつないでいると、バッグを掛けている側の子どもに当たってしまいます。

このような不便さもあることから、用途によって使い勝手のいいタイプを選ぶことをお勧めします。

両手が空いた方がいいという場合には、断然、リュックタイプがお勧めです。

バランスよく背負うことができるので、肩への負担も楽になります。

また、年齢で考えるのなら、オムツが外れた時や離乳食になった時などで替えることをお勧めします。

オムツも哺乳瓶も要らなくなれば、容量が小さいタイプのマザーズバッグにすることができるはずです。

最近は小さめのトートバッグタイプも売られているので、荷物が少ない時のために買っておくといいかもしれません。

また、マザーズバッグは子育てが終わってからでももちろん使えるので、デザイン性も考えて購入することをお勧めします。

小さめのトートタイプであれば、いろいろな用途で使う機会が出てくるものです。

お散歩用として利用したり、買い物用として利用したりすることもできるようになります。

このようにして、目的に合わせて使い分けるとオシャレです。


流行のものが欲しい

ママと赤ちゃんの手

マザーズバッグは子育て時に欠かせないものとなってきています。

子沢山の場合、上の子たちの時に使ったバッグをそのまま下の子たちの時にも使用することは可能です。

頑丈なつくりのものであれば、代々、使い続けることができます。

しかし、デザイン性が時代とともに変わってくることがあるはずです

一昔前のものを使っていることが恥ずかしかったり、利便性を感じられなかったりするのであれば、思い切って最新のものに買い替えた方がいいかもしれません。

最新のマザーズバッグを知るためには、インターネットの活用をお勧めします。

マタニティグッズなどを販売している通販サイトを見ることで最新のマザーズバッグを知ることができます。

一昔前まではトートタイプが一般的でしたが、現代ではリュック型も人気となってきています。

また、デザイン性もとても可愛らしいイラストや柄物などが販売されるようになってきているので、やはり一昔前とは時代の差を感じられることも多いです。

インターネットで情報収集することによって、流行に乗り遅れることなく利便性の高いバッグを購入することができます。

機能性はもちろんのこと、デザイン性もどんどん進化してきているので、定期的に買い替えた方が効率的です。

例えば、収納ポケットがたくさん付いているものも最近は流行っており、いろいろな荷物をキレイに収納できるのでバッグの中がぐちゃぐちゃになることもありません。

整理が苦手な人は特に収納ポケットが多くついているバッグをお勧めします。

マザーズバッグの雑貨屋チプティーTOPヘージ

コラム1(マザーズバッグの多機能性)

コラム2(マザーズバッグに必ず入れるもの)

コラム3(マザーズバッグ、選ぶポイントは何?)

コラム5(最新のマザーズバッグ情報なら)

コラム6(マザーズバックは大容量タイプで)

コラム7(子育てママの味方「マザーズバッグ」)

コラム8(ダークカラーのマザーズバッグの長所)

コラム9(機能性に優れ、デザインの種類も豊富です)


商品を検索する

本日の楽天ランキング受賞結果 多くの商品がランキング入賞中!!

楽天ランキング上位入賞商品

(マザーズバッグ部門)

 ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)  ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)  ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)  ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)

多くのご注文ありがとうございます

本日の

楽天ランキング

受賞商品

ランキング
 

お客様の声

レビュー(ご感想)

  • 多くのレビューを頂いております レビュー

  • 詳しくレビューを見る

売れ筋ピックアップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ