• マザーズバッグ部門ランキング1位取得
  • 今までのマザーズバッグでこんなことありませんか?
  • 汚れやすい 重いなどの問題
  • 当店のマザーズバッグにおまかせ下さい
  • 汚れに強い撥水加工
  • 雨の日も安心のマザーズバッグ
  • お勧め一覧
  • 大容量&マグネットボタン
  • マザーズバッグのラッピングについて

ママによって開発された
ママの為のマザーズバッグをお届け。

マザーズバッグに必ず入れるもの

お母さんと子供

小さいお子さんを抱えていると、どうしても荷物の持ち運びが多くなります。

マザーズバッグの中身は、月齢によっても違いがあります。

まず生後1か月くらいになりますと、少しずつお出かけをする事ができます。

そのくらいですと、持ちものはオムツやおしりふきや使用済みオムツを入れるビニール袋、ミルクの子は粉ミルクと哺乳瓶、お湯を入れる水筒は必ず入れます。

その他、赤ちゃんはオムツからおしっこが漏れたり、母乳やミルクの吐き戻しをしてしまうのでお着換えやタオルやおむつ替えシートを持って行った方が良いのです。

寒い季節の移動の場合には、それプラスタオルケットや母乳をあげている場合には授乳ケープもバッグに入れます。

母乳のお母さんの場合には、母乳パッドも2枚以上持っていくと安心です。

これらの荷物を普通のバッグに入れると入りきらない事も多いです。

それにプラスして、お母さんの荷物も一緒に入れます。

病院に行く場合には、母子手帳ケースに母子手帳や保険証や診察券を入れておけば忘れる心配もありません。

お出かけの時には母子手帳ケースを、マザーズバッグに移動します。

大きく軽いマザーズバッグを使った方が、お出かけするのが楽になります。

5、6か月になると離乳食が始まります。

そうしますと、離乳食が荷物として増えます。

この時期が、一番荷物が多い時期といわれています。

離乳食が進むと、母乳やミルクを卒業させますので、徐々に荷物は減っていきます。

そのころには、大人の食べ物をとりわけできたりするので荷物はオムツやお着換えくらいになります。

このように、月齢によって荷物は変わっていきます。


マザーズバッグの選び方

ベビーシート

赤ちゃんとお出かけすると、荷物もかなり多くなります。

おむつに、哺乳瓶、お湯にミルク、タオルなどなど。

これを全部入れることができるのはマザーズバッグです。

選ぶポイントは、中身はたくさん入るけれども、そんなに大きくないものたくさんの荷物をコンパクトに収納できるものということです。

小分けのポケットが幾つかついていたり、すぐに探しているものが取り出せるものがいいですね。

そして、あまり嵩張らないこと。

2つ目のポイントは、赤ちゃんを抱っこすることを考えて、両手があけられるように2WAYのものです。

赤ちゃんを抱っこしている時は両手が空いたほうがいいですよね。

そこで、肩からかけられるものとの2WAYになっていると、いざという時に非常に助かります。

取り外しがついているものだと使い勝手がいいですね。

3つ目のポイントは、清潔を保つため、洗濯ができることです。

使ってみるとわかる事なのですが、バックは外側だけではなく、内側もミルクやら何やらで結構汚れてきます。

そんな時に洗濯できるものであれば、いつでも清潔に保つことができます。

4つ目は、丈夫なことです。

引っ張ったり、どさっと置いたりと結構乱雑に扱うことが多いので、丈夫であることに越したことがありません。

機能性ではこんな感じですが、持ち歩くマザーズバッグは、やはりデザインも大切ですね。

気に入ったデザインのものを持ち、楽しい気持ちになれば、大変な子育ても乗りきれそうです。


マザーズバッグ、選び方は何?

WHAT

マザーズバッグは赤ちゃん用のいろいろなものを入れるのですが、その時に選び方はいろいろなものがあります。

積極的に買い換えるわけではなく、また兄弟姉妹が生まれた時にも使えるので、長く使えるものがいいですよね。

選び方としては、まずは自分がどういうシーンで使うかをしっかり考えましょう。

例えば子供を抱っこすることが多いのなら斜めがけショルダータイプがいいですね。

両腕が飽きますので、赤ちゃんを抱っこすることができます。

ベビーカーに乗せるのなら持って動けるトートタイプが大容量で好まれています。

また、中にはベビーカーに引っ掛けることを想定しているバッグもあるようです。

好みに応じて考えましょう。

次に、できるだけ軽い物がいいでしょう。

というのもマザーズバッグには自分のものも入れますし赤ちゃんのものも入れます。

とても重く大きくなるため、少なくともバッグそのものは軽いほうがいいのです。

最近は特に軽くて丈夫、機能性もバッチリのバッグがありますので、そのようなものを選ぶといいでしょう。

最後に、できるだけユニセックスなものがいいかもしれません。

可愛らしいバッグだとパパが持ちたくないと拒否することもあるので、なるだけデザインはそれなりにシンプルなものの方がいいでしょう。

プリントがハートだったりキャラ物だったりピンクだったりすると、あまり持ちたがらないものですし、女性用という印象が強すぎて嫌がることもあります。

夫婦で子育てをするのなら、パパが持つ機会も考えましょう。


マザーズバッグを選ぼう

遊ぶ子供

赤ちゃんを連れて外出する際に重宝するのがマザーズバッグです。

たくさんの荷物が入り、かつ取り出しがしやすくて急いで子供の世話をしないといけない、といった場合でも使いやすい仕様になっているのが特徴です。

マザーズバッグを販売する業者は現在たくさんあり、それぞれいろんな特徴のバッグを提供してくれています。

バッグの選び方を考えて、自分が使いやすいものを買いたいものです。

特に最近では機能性や他のグッズとの汎用性が高いバッグがたくさん提供されてきています。

ベビーカーにフィットして運べるタイプのものや、たくさんのポケットがついていて仕訳がしやすくなっているものなど、たくさんあります。

長く使えるように、世話している子供一人に使わなくなってもその次の子供が生まれてからも使えるような長持ちするタイプの方が良いでしょう。

また、夫婦ともに利用することが多いので、ユニセックスタイプのもので男女どちらが持っていても違和感がないものの方が、家族全員で使いやすいというメリットがあります。

マザーズバッグを探したい場合、やはり口コミ情報をチェックするのがおすすめです。

赤ちゃんグッズ販売専門サイトや通常の通販サイトなどをチェックすると、利用者の口コミ投稿がたくさん掲載されています。

バッグを利用しての評価も掲載されていることが多いので、バッグ選びの参考になります。

評判の良い物の方が使いやすいことが多いので、気になる方はチェックしてみましょう。


使いやすいマザーズバッグのポイントは

親子

ママの必需品のひとつに挙げられるマザーズバッグは、出産祝いのプレゼントとしても人気がありますが、さまざまなデザインやサイズの物が売られており、どこをポイントに選べばいいのか迷ってしまうことも多いでしょう。

赤ちゃんを連れてのお出かけは、紙オムツをはじめ、おしり拭きやタオル、着替え、ティッシュ、哺乳瓶に粉ミルク、お湯を入れたポットなど、たくさんの荷物が必要です。

それに加えてお財布や携帯電話なども持ち歩かねばならないのですから、それらを整理して入れられて、目的の物をサッと取り出しやすいバッグを選ぶ必要があります。

ポケットや仕切りがあるタイプなら、バッグの中で荷物が散らばってしまうことがなくなるでしょう。

また、たくさんの荷物が入るようにと普段のお出かけに大きなバッグを持ち歩く必要はなく、ちょっと公園へ行く程度なら小さ目、数時間のお出かけなら大き目と、用途に合わせて違うサイズのマザーズバッグを持っていると便利です。

そして、赤ちゃんを抱っこして移動することもありますから、ショルダータイプよりは肩から斜め掛けにできる物が良いでしょう。

リュックサックもいいですが、赤ちゃんを抱っこしたままでは荷物を取り出しにくいこともあります。

斜め掛けのバッグなら、抱っこしたままでもお財布などが取り出しやすく、両手が空くので安心です。

ナイロンやビニール加工したものであれば、濡れや汚れに対処しやすいですし、洗濯機で丸洗いできる布製のバッグなら小まめな洗濯でいつも清潔に使えます。

天候や季節に合わせて選ぶのも大切なポイントです。

マザーズバッグの雑貨屋チプティーTOPヘージ

コラム1(マザーズバッグの多機能性)

コラム3(マザーズバッグ、選ぶポイントは何?)

コラム4(マザーズバッグの種類)

コラム5(最新のマザーズバッグ情報なら)

コラム6(マザーズバックは大容量タイプで)

コラム7(子育てママの味方「マザーズバッグ」)

コラム8(ダークカラーのマザーズバッグの長所)

コラム9(機能性に優れ、デザインの種類も豊富です)


商品を検索する

本日の楽天ランキング受賞結果 多くの商品がランキング入賞中!!

楽天ランキング上位入賞商品

(マザーズバッグ部門)

 ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)  ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)  ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)  ランキング入賞ありがとうございます(マザーズバッグ部門)

多くのご注文ありがとうございます

本日の

楽天ランキング

受賞商品

ランキング
 

お客様の声

レビュー(ご感想)

  • 多くのレビューを頂いております レビュー

  • 詳しくレビューを見る

売れ筋ピックアップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ