アメリカン雑貨専門店 フィフティーズ&オールドアメリカンの世界が満載!
トップページ
メルマガ
会社概要
お支払い・送料
レビューを見る
商品一覧
お問い合せ
買い物カゴ
検索ワード

価格帯で絞り込み
円〜
新商品
再入荷
トップページ
インテリア雑貨
生活/キッチン
ガレージング雑貨
ハーレーグッズ
世田谷ベース雑貨
ステッカー
ワッペン
スナップオングッズ
ステンシルプレート
ライセンスプレート
カンパニーグッズ
ブリキ看板
星条旗グッズ
ルート66グッズ
インテリアランプ
ネオン管
ボビンヘッド
コカ・コーラブランドグッズ
アメリカンダイナー
ハワイアン雑貨
パブグッズ
ウエスタン雑貨
木製看板
木箱/木樽

自分で作るDIYコーナー

ラジオフライヤー
自転車
サインプレート
ポスターフレーム
USEDナンバープレート
タブトラッグス
輸入洗剤
リトルツリー
ユニークな輸入家具
巨大オブジェ
ハロウィングッズ
音楽CD/ジュークボックス
フランク三浦の腕時計
ハニースモーク
ファッション
アウトレット品
レビューを見る
店長の藤原兄弟です。
14000円以上で送料無料
モバイルサイト
アフィリエイトパートナー募集中
みんなのお部屋自慢
マスコミ掲載歴
こうしてボクらはオーナーになった
会社案内
秘密基地の壁に空きスペースが・・・・
こんなスペースを見つけると飾らずにはいられない私

というわけで

アメ雑が似合う棚造りをすることに!

さっそく材料を買い出しにホームセンターへ!

今回もホームセンターでは超定番のDIY向け材木のSPFを使うことに!

サイズは2×10材というサイズをカットしてそれを棚にすることにします

色縫って終わりじゃ芸がないので

今回は「古材風の見た目に!」ってのをテーマにやってみることに!

まずは古材だから木が朽ちた感じを出すために板を削ることに!

ノミを買ってきて
それで角を削り落としていくでー

最初ハンマーで叩きながらしてたんだけど、
彫刻刀みたいに指の力だけで削れることを発見して
それの方が思い通りに削れるのでそれで仕上げちゃいました

ちなみにノミの使い方で
手の力で削るって方法は普通にするみたいです。

ただしノミは品質のいいヤツを買っておかないと切れ味がそれなりだからね!

初心者だとついついお買い得なセット物を買いそろえてしまいそうだけど、
私は24mmサイズのノミを1本だけ買いました。

1本で2000円くらいしたけど切れ味は抜群!

使いやすいし、長く使えるし、結局はそれで正解やねー

こんな感じで荒削りで削って古い木の感じにするわけ
ドレッサーっていう便利なヤスリで
軽く ほんの軽く 削り跡を整えます。

あんまりキレイにしすぎると味がなくなるから
ラフなテイストを残して

まあ、これはしてもしなくてもいいんだけどね

私はちょうど持ってたからササッと掛けました

んーイイ感じやないのー

何にもしてないのと比べると同じ材木に見えないでしょ!

こういう一工夫で安物の木も見違えるように生まれ変わります

もう一方もそんな感じで仕上げまーす

さて、削って加工した棚板を今度は色づけしていく作業やねー

ジャジャーン

私の大のお気に入りの着色ワックス
「ブライワックス」を今回も使います!

これは素人でも古材風の雰囲気に仕上げれる魔法の塗料ってヤツ!

まずは着色ワックスの前にベース塗料(ウッド・ダイ)を塗るところから!

専用のスポンジハケを使ってササッと塗っていきます

アッと言う間に塗り上がってきます
このウッド・ダイは伸びがイイから
素人でも塗りやすいのねー
端っこにも忘れずに!
塗り終わった後はウエス(TシャツのハギレなんかでもOK)で
キレイに伸ばすように全体をササッと拭き取ります
さて、もう一方の棚板も同じようにと

2枚とも完成

これはまだベースとなる色を塗っただけの状態!

この上からブライワックスをつけて磨くと古材風の見た目になるんです。

ブライワックスを塗る時は専用のスチールウールが便利!

材木の奥までしっかりとワックスを浸透させてくれるんです。

適当な長さにカットしたスチールウールに
いよいよブライワックスをつけて着色していきます

こんな感じで節や木目に染みこんで見た目に深みが出るんです。

すごい もはや新品の木にみえないね!

ノミで削ったところはブライワックスがよく染みこんでカッコイイの!

この何の変哲もない木が、こんな風になるんだよ!

どう、すごい変身ぶりでしょ!

ブライワックスを使えば
誰でも簡単にできるからねー

エエ感じの見た目に生まれ変わったねー

見て、この風合い!

これホームセンターで一番安物の木だよ

いやーすばらしー(o ̄∇ ̄)o

さて、塗装が乾いたところで

いよいよ壁へ取り付けします。

棚受けはアイアン製で見た目にシンプルなヤツをチョイス

今回は壁がコンクリートだったので

ネジはコンクリートビスってコンクリート用のネジを使いました

ホームセンターで100円レベルの価格で買えます

設置した棚にさっそくアメ雑を飾りつけてみたの

あー いいねー カッコイイわ

ほら、何もなかったシンプルな壁がアメリカっぽくなった

こんな感じに変身

んー エエやん このカット

棚板はあえて段違いに設置することで
よりシーンの表情をおもしろくする狙いが!

しかし安物の木材を使ってエエのができました

これは大成功やねー (〃 ̄▽ ̄〃)

 

 

さて、お次は書棚作り編へ・・・・・・

今度は書類や雑誌を収納する書棚を作ることに!
丸ノコを使ってカットします

車輪はホームセンターに行って

数ある内からこのデカタイヤのヤツを選びました

こんなデカイキャスターをつけることってなかなかないんだけど、

私は特に荷重的に必要ないのに
大きい見た目がアメリカンだからって理由でこれをチョイス!

余分な長さは丸ノコでカットしちゃいます

アッという間にカット!

丸ノコのガイドって機能を使えば
素人でも直線をキレイにカットすることができるのねー

が、このカット、後になって切りすぎたことに気がつく・・・・・

雑誌は入るがファイルボックスを入れるのに3mm足らず・・・・

これもまた素人大工の道なり

カットし終わった材木を仮並べしてみて

完成する姿を見てみます

んーエエ感じやんかー

太い板幅に無骨な見た目

米軍のミサイル木箱をモチーフにしたのでそんな感じ

 

おっと ぼぉっとしてる場合じゃねぇ!

はよ、組まな

さていよいよビス止めしていきます

昔はトンカチで釘打ちするのが一般だったんだけど、
今はトンカチの代わりに電動ドリルでビスで留めるのが一般的なのね

電動ドリルだと素人でも確実に留めることができるからね!

ネジはフローリングを貼る時に使った「コンパネビス」を使用しました。

この木ねじは木が割れにくくて
一般的によく使われるコーススレッドよりも
こっちの方が私のお気に入りです。

 

んーどんどんミサイル木箱っぽくなってきたぞ!

デカキャスターを取り付けます。

ネジが太いので予めドリルで下穴を空けておいて
それからネジを回すと木が割れずにキレイに固定できるのね!

4つとも装着完了!

部屋に置いてみると・・・・・

ガタガタするやんかー

んー 失敗(笑)

もう一度、ネジを外して組み直さなきゃ

 

今回は並行した板を固定するのでこんなことに・・・・

こういう場合は
キャスターつけてから組まなアカンなーと学習する

ジャジャーン

ミサイル木箱風のオリジナル書棚が完成!

自分で作ると思い通りのサイズで作れるからエエんやねー

さっそく設置してみよう

おー カッコイイぞー

特に板幅の太いところなんか最高やねー

アメ雑もよー似合うなー

絵になるねー

今度はこれをミリタリーカラーに塗装するぜー

と簡単には言ってみたものの、

このミリタリーグリーンって色は日本では売ってません

というわけで、あれこれと見比べてアメリカ製のペンキで調合することに

イイ感じのミリタリーグリーンが届きました!

ちなみに調合する際に

米軍が実際に使っていたフィールドデスクの引き出しの色をサンプルにして
リアルなアーミーグリーンを再現しました

というわけで

書棚に載ってた雑貨や本を一旦全部降ろさなきゃ・・・・・

庭のデッキで塗装開始です!

おおー エエ感じのアーミーグリーンやんかー

この色は日本のホームセンターではまず買えない色やねー

裏面から順番に・・・・

裏面の塗装完了!

ひっくり返してと

表面も塗装じゃー

ジャジャーン

塗装完了!

2時間後には乾いてるぞ

設置!

おおー 見違えるようにカッコエエなー

こんな書棚まず売ってないでしょ!

名付けてキャンディタワーオリジナル「ミリタリーブックシェルフ」なり

雑貨を飾って 雑誌を収納してみます
おおー 絵になるねー

あとはステンシルを入れると完璧やねー

それは後日のお楽しみに取っておこう

いやー シブイ

実際の見た目はつや消しの戦車みたいなカラーです。

これが私のデスクの背中側なのねー

こんなところでキャンディタワーは作られてるんですよ!(〃 ̄▽ ̄〃)

 

ホームに戻る




Copyright (C) CandyTower All rights reserved

藤原兄弟のアメリカ雑貨屋 キャンディタワー
〒546-0024  大阪市東住吉区公園南矢田2-18-23 キャンディタワー1F
営業時間:AM10:00〜PM6:00(土日祝は休み)
通販専門会社のため実店舗はございませんので予めご了承願います。
 TEL:06-6615-9595
 FAX:06-6615-9595
 Email:rakuten@candytower.jp
※インターネットからのご注文は365日24時間受付中です。

レビューを見る  お気に入りに追加  友達にメールですすめる  お問い合わせ

     店長の部屋   携帯で見る  当店を紹介して楽天ポイントをGET