光触媒とは

光触媒とは、太陽の光(紫外線)によって、悪臭や有害物質などを分解するときに触媒と して働く物質のことです。
触媒とは反応を助ける作用のことで、この場合、酸化チタンの ことを指します。

酸化チタンは、白い粉状のものです。歯磨き粉、化粧品のUVカット製品(紫外線吸収 剤)、医薬品のカプセル剤、白いペンキなど以前から幅広く使用されて、人体に無害で 安全性が高いので安心して使用できるものです。

さらに、光触媒(酸化チタン)は有害物質を分解したり、空気中の菌を除菌したりいろ いろな作用を発揮して、われわれの生活環境によい影響を与えてくれます。  
特に、環境関連材料として今大変脚光を浴びています。

効果について

光触媒(酸化チタン)は、次のような効果が期待できます。

作用
用途又は効果
1 防汚作用 ビルの窓ガラス、壁面の防汚など
2 脱臭作用 シックハウス症候群の予防
部屋の臭いを取り、悪臭を分解(ホルマリン、アンモニア、たばこ の臭いなど)、有機物分解など
3 抗菌作用 室内浄化(空気をきれいにする)
室内のウイルスやあらゆる菌に対して効果を発揮
4 防曇作用(親水性) 車のサイドミラー、鏡などのくもり止め (水滴にならない)
5 水の浄化作用 水中の汚染物質(有機塩素化合物など)を分解