マーキング、圧着やシルクプリントなどの種類をご案内。チームオーダー チームユニフォーム カスタムウェアーはお任せ下さい

マーキングの種類

プリントの例 フロッキープリントの例
通常一番使用される、汎用性の高いプリント方法です。チームオーダーの背番号や、チーム名などはに使用されます。シートを文字の形にカットして、熱をかけて圧着します。文字が小さいと剥がれやすくなるので、小さい文字の圧着はオススメできません。 チームエンブレムや、企業ロゴ、もしくは個人名などに向いています。立体的になり、見映えもかなりよくなります。ですが、枚数が少ないと、高額になってしまいます。
マーキング注意事項
高熱、高圧力のプレスをかけますので、生地にはうっすらプレス跡が残る場合がございますが、洗濯をされることでほぼ解消いたしますので、ご了承ください。(黒、紺など濃い色のものは出やすいです。)
フロッキープリントの例 シルク印刷の例
圧着シートに熱をかけて、盛り上がった感じのマーキングです。フエルトのような感じに仕上がります。立体感があり、通常の圧着とは一味違った感じになります。 メーカー正規品に既にプリントされているのが、シルク印刷です。追加で大きなロゴを入れたり、枚数が多い場合はシルク印刷が向いています。枚数が少ないと、製版代がかかるので、1枚あたりの単価が高くなってしまいます。

マーキングの色

マーキングカラー マーキングカラー マーキングカラー マーキングカラー マーキングカラー
実際のサンプルを見る 実際のサンプルを見る 実際のサンプルを見る 実際のサンプル準備中 実際のサンプルを見る
マーキングカラー マーキングカラー マーキングカラー マーキングカラー マーキングカラー
実際のサンプルを見る 実際のサンプルを見る 実際のサンプルを見る 実際のサンプルを見る 実際のサンプルを見る
マーキングカラー マーキングカラー マーキングカラー
実際のサンプルを見る 実際のサンプルを見る 実際のサンプルを見る

上記に無いカラーでも、プリントをすることは可能です。白いシートにマーキング専用のプリンターでお客様ご指定の色を作成することが可能です。ご要望がございましたら、是非メールにてお問合せ下さい。(teamorder=boas-comrpas.com | =を@マークに変更してメールを送信してください)

書体フォント(文字の種類)

Font.01 A-OTF 新ゴ Pro Font.02 DFG綜藝体
Font.03 DFG流隷体 Font.04 DFG麗雅宋
Font.05 HGP重ね角ゴシックH Font.06 DFP風雲体W12
Font.07 MS Pゴシック Font.08 しねきゃぷしょん
Font.09 ヒラギノ角ゴ6 Font.10 ヒラギノ明朝体7
Font.11 AG Foreigner (当店人気No.3) Font.12 Agency FB
Font.13 Alba Font.14 Arial Black (当店人気No.1)
Font.15 Bauer Font.16 Borg9
Font.17 Cable (当店人気No.2) Font.18 Century Gothic (店長オススメ!)
Font.19 Concielian Bold Font.20 Monotype Corsiva
Font.21 Forte MT Font.22 Impact
Font.23 Poornut Font.24 a_Lancet
Font.25 ボアコン限定ナンバーA(ネーム無し)   Font.26 ボアコン限定ナンバーB(ネーム無し)

マーキングの出来ない箇所

以下の場所には基本的にマーキングをすることが出来ません。以下の場所以外でしたら基本的にどこでも可能です。
ZIPの上 縫い目の上 面積が小さい箇所 版の上(塗りつぶし可) 生地の境目