バスマットの選び方

バスマットの選び方。


バスマットの役割。

普段何気に使っているバスマット。なぜバスマットを使うのか、そんな根本的なことを考えてみました。

湯船からあがったら浴室で濡れた身体をタオルなどで拭きますよね。でも足元はどうでしょう。しっかり拭いていますか?
「そんなにしっかりは拭いてないなー。」という大勢の人のためにバスマットは存在するのです。(当たり前ですが・・・)
タオルを床に引いて代用する、というのもひとつの手ですが、やはりそこは「バスマット」という専門家に担当していただくのが良いでしょう。
もしも湯上りにバスマットがなかったら・・・
床がビショビショ→その場所だけ床の色が変色→足跡とともに水滴が落ちる→カビがはえる→掃除が大変
・・・という負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。
それを考えてみると、日常それほど意識していないバスマットも結構な仕事をするヤツなんですね。

では、「うちのバスマット」にどこを重点的に担当してもらったらよいでしょうか。

バスマット選びで重要なのは、大きく分けて5つ。

(1)大きさ(2)吸水・速乾(3)耐久性(4)値段 (5)清潔

大きさはバスタオルで実際に使用する場所に敷いてだいたいの大きさを想定すると、購入後に「大きすぎた」「小さすぎた」などのガッカリ感を防ぐことができます。
そのほかのポイントについて、素材選びから学んでいきましょう。
この際、とことん悩んで、お気に入りの1枚を探す楽しさを味わってみてください。


index - 目次 -
みんなどんなことに悩んでいるのだろう。
バスマットの種類。
ソムリエからお悩み解決のご提案。
お手入れ方法。



みんなどんなことに悩んでいるのだろう。

たとえばこんな悩みがあったら・・・

  • 仕事をしているから洗濯は休日にまとめ洗い。 速乾性の高いものがほしい。
  • 4人家族なので最後に入る私はいつも不快感たっぷり。 吸収性のあるものを探しています。
  • 新築なので高級感がありモダンなバスマットがあったらなぁ
  • 祖母にプレゼントしたいので滑らないバスマットがいいです。
  • 男の一人暮らし、モノトーンでシンプルにキメたい。
  • 狭い家なので小さいバスマット希望。
  • 洗面所に敷きたいので大き目のバスマットがピッタリなんだけど。
速乾性、吸水性、清潔を保つ、耐久性、見た目、価格など選び方はいっぱいあります。 自分はどれで選んだらよいの?ということを解決していきましょう。

ページトップへ。


バスマットの種類。

お風呂上がり、バスルームから出ていちばんに足を乗せるのがバスマット。
ふんわりふかふかした毛足の長いタイプや、固めでしっかりしたタイプなど種類は様々。
まずは種類の違いに注目していきます。

どんな種類があるの?

タオル地は糸をたくさん使い、太い糸を使うとグっと吸収性がアップします。そのため本体は重くなります。
逆に細い糸を使用すると肌にふれたときにフワっとした心地よい感触があります。

ループパイル

パイル地は糸をループ状に織ります。
パイルは吸水性に優れており、一般的なタオルはパイル地のものが多いです。吸水性を考えた場合はパイルを選ぶとよいでしょう。
長めのループ、短めのループ、ループを立たせたり寝かせたりすることで、柔らかくしたりしっかり固めにしたりと違った肌触りが楽しめます。

【おすすめ商品 Pick Up!】

カットパイル

ループの先端をカットし、毛足を均一にカットした工程をシャーリングといい、比較的毛足が短く、光沢のある色合いと滑らかな肌触りが特徴です。
ループの先端をカットし、毛足が不均等のものをシャギーといい、比較的毛足が長く、ふわふわな肌触りが特徴です。
パイルと比べた場合、カットした分若干吸水性に劣りますが、繊維がループ状でない為ひっかかりにくく傷みにくいです。

【おすすめ商品 Pick Up!】

織り模様

タテ糸とヨコ糸を組み合わせながらパイルを作っていくジャガード織りなどで柄をつくります。プリントと違い、複数の糸を使用しデザインをはっきりくっきりさせたり、パイルの高さを変えて凹凸を演出したりしているのが特徴です。

【おすすめ商品 Pick Up!】


どんな素材があるの?

つぎに、素材別の特徴をみていきましょう。

綿(コットン)

タオルといえば綿。織り方によりさまざまは味わいを出せる、万能選手です。 「やさしい、ふんわり、柔らかい、包まれたい・・・」タオルに求めるものすべてが綿にあります。
でもでも、綿100%であればどれも同じ、なーんてことはありません。 上質な綿糸を使用するからこと上質なタオルができるのです。 タオルが「日本製」といっても、綿は輸入品がほとんど。
インド綿、エジプト綿、アメリカンコットン、オーガニックコットン・・・綿の種類は膨大で世界中で生産されており、それぞれ特性が違います。
とかく日本人は「綿好き」。肌に触れるものには綿を、という傾向があります。 「綿好き」ならば綿にこだわって作られたタオル生地を選びましょう。

【おすすめ商品 Pick Up!】

リネン(麻)

しっかりしている印象のリネン。代表的なものはやはり「麻」ですね。単に「麻」といっても、品質表示に「麻」と表示できるのはたったの2種類。それが「亜麻(リネン)」と「苧麻(ラミー)」。
厚みがなくナチュラルな印象が強いリネン、なんとなく弱そうなイメージですが、じつは耐久性は抜群で、濡れることが得意なリネンはもちろん吸水力にも優れています。コットンとの差は歴然、といわれるほど水を吸収して、サッサと乾く。その上、毛羽落ちが少なく生地がやせにくいリネンは洗濯ものの優等生。
反面、洗濯するとしわくちゃ・・・ということにも。シワにならないわけではないですが、干すときにピンっと伸ばすと自重でシワを伸ばすことができます。

【おすすめ商品 Pick Up!】

珪藻土

じわじわと人気が高まってきた土でできたバスマット「ソイル(soil)」。 おもな原料は土。秋田県産の上質な珪藻土を使用しています。
珪藻土は植物性プランクトン類の化石や珪藻殻の堆積物によって形成された地層。マイクロメートル単位の微細な孔が無数にある多孔質構造の特性をもっているため、水分をスーっと取り込み、あっという間に蒸発させてしまうのです。 このおもしろさは使ってみなくては伝わらないかもー。
清潔でおしゃれでかわっているバスマットを求めてる人だけでなく、洗濯の必要がないので、面倒くさがりの人にもピッタリ。

【おすすめ商品 Pick Up!】

ポリエステル、アクリル、マイクロファイバー、ナイロン

吸湿性、速乾性の代表といえばマイクロファイバー。ポリエステルやナイロンといった化学繊維で織られています。
天然素材よりも圧倒的な吸水力と速乾力、そして軽さもその特徴です。
マイクロファイバー製で肌をゴシゴシこすると肌を傷めるので、注意しましょう。もっともゴシゴシする前に水分を吸収してくれるので、その必要もないのです。
洗濯をサッと済ませたい人には、マイクロファイバーがおすすめですね。

【おすすめ商品 Pick Up!】

おうちでホテル仕様

リゾートホテルのバスルームで使われている、真っ白で柔らかいタオル。「ウチのタオルとぜんぜん違う!」と感動したことありませんか? ホテル仕様の特徴は、なんといっても耐久性。ホテルではたくさんの人が使用するので、多くのダメージをうけます。そのため、毛羽落ちを減らし、洗濯に耐えられるなどの工夫が施され、丈夫で長持ちするように作られているのです。
これだけだと硬くて吸水性の良くない長持ちタオルができてしまいますが、日本の技術はそれを上回りました!
日本でタオルといえば、今治タオル。今治タオルは世界基準のトップをひた走ります。そのこだわりが吸水性とフワっとして柔らかく包みこまれるような肌触りを生み出す「綿」です。そしてその高品質の綿を最大限に生かすために使用される水。愛媛県の天然軟水が風合い豊かな色を生み出しています。

【おすすめ商品 Pick Up!】

今治タオルにこだわる

日本が誇る世界ブランド「今治タオル」。一家に一枚、いや10枚はほしい! 今治タオルを使っていなくても名前ぐらいは知っている、という人がイメージする今治タオルは「ふわっふわっ。」が多いかもしれません。
そう、今治タオルは「ふわっふわっ。」なんです。しかも「ずーっとふわっふわっ」。
最初はふんわりしていたタオルなのに徐々に硬くなってしまったタオル、ありますよね?今治タオルは他のタオルとどこが違うのでしょうか。
洗濯すればするほど糸の根本がよじれて固くなっていきます。しかし今治タオルは撚りの強い糸を使用せず、厳しい基準を満たした素材を使用することで吸水性を持続させているのです。

【おすすめ商品 Pick Up!】


ページトップへ。


ソムリエからお悩み解決のご提案。

長々と語り、お待たせしました。それでは、お風呂のソムリエからお悩みを解決する商品をご紹介します。

家族で好みが分かれたらマイバスマットの導入を検討してみてください☆


ページトップへ。


お手入れ方法。

タオル素材

洗濯機を使用する際は、洗濯ネットに入れてたっぷりの水量で洗って下さい。
漂白剤を使用しますと、脱色するので、ご注意ください。
洗濯後は濡れたまま放置せず、両端をもって生地に空気をなじませるようにパンパンッと軽くはたき、広げてから干してください。取り込む時も軽くはたき、毛羽をよく落としてください。
(長時間の直射日光は繊維を固くする原因になります。)

もしもバスマットが水を吸わなかったらイライラしますよね?

洗い上がりを柔らかくする柔軟剤ですが、油剤のため、タオル地には良くない影響を及ぼすことがあります。
吸水性を損なってしまったり、パイルが伸びてしまったり、膨らんだ繊維から毛羽が出てしまったり…。
長く吸水性を維持したい場合は使用を避けたいところですが、「タオルだけ別に洗うのはちょっと・・・」、という主婦のみなさんの声が聞こえてきそう。
柔軟剤を使用しない、というのが本来のタオル地の持ち味を一番だせるのですが、そんな面倒なことはやってられない!という人、生地を柔らかくするものもいろいろありますから、ご家庭にあったものをお選びください。
できれば柔軟剤を使用する場合は10回に1回程度にとどめ、洗剤だけでやさしく洗うことをおすすめします。

ちなみに、柔軟剤の代わりに代表的なものといえば穀物酢。実際に当店スタッフが試してみましたが、たしかにふんわりしました。しかも抗菌だそうで洗濯層までキレイになるそうです。ただし入れすぎるとお酢臭くなるのでご注意ください。
あとノンオイリーの柔軟剤を使うのもいいかもしれないですね。

タオルは必ず洗ってから。

今治タオルの場合は吸水性の優れたタオルなので、洗わない状態でもとてもよく水分を吸収します。
ですが、製造時に出てしまった細かいほこりや毛羽、余分な染料の粒子が出る場合があり、色落ち等も考えられますので、まずは1〜3回、単独で洗濯してください。
直ぐには使用しないタオルも、折り目が弱くなったり、退色・シールの変性等を引き起こす可能性がありますので、一度洗ってから仕舞う事をお勧めします。

パイルの輪がほつれて飛び出してしまった!

ひっかかって飛び出してしまった糸は、そのままにしておくと更にひっかかり生地を傷めてしまいます。
見つけた時にほつれた糸を根元から思い切って切ってみて下さい。
織り方の特性上カットして使用しても、ほつれは進行しませんし目立たなくなります。

肌触りを柔らかく保ちたい。

強く絞ってしまったり脱水したままの状態で干してしまったりした時に生地がギュッと固まってしまう事があります。
干す前には両手でパタパタとよく振って空気を馴染ませ、ゆがみを取り除くように四方から軽くひっぱると、この症状を緩和させることができます。
デリケートな素材なので、振って伸ばす時も引っ張る時もやさしく行うようにしましょう。

マイクロファイバー素材

マイクロファイバーは強い素材なので、他の洗濯ものに絡んでしまうと他の洗濯ものを傷付けてしまう可能性が有ります。洗濯ネットにいれることをお勧めします。
耐熱性が低いので熱湯消毒や乾燥機、アイロンなどのご使用は避けてください。同時に直射日光にあたることも劣化の原因になので、陰干しがよいです。

リネン素材

リネンは水を得意とする繊維で、濡れると強度が増します。洗濯に強い素材です。乾きが早く、生地が薄いものが多いので、洗濯後のかさばりもありません。
シワにならないわけではないですが、干すときにピンっと伸ばすと自重でシワを伸ばすことができます。アイロンをかけるのであれば半乾きの状態がよいでしょう。


ページトップへ。

更新:2014年8月

バスリエ株式会社
Copyright(C) 2008-2014 Bathlier corp. All Rights Reserved.
当コンテンツの著作権は、バスリエ株式会社およびお風呂のソムリエSHOPに属します。
写真や記事を無断複製・転載する事を禁じます。 転載等ご希望の場合は弊社までご連絡ください。
お問い合わせ:04-7183-3252/営業時間:平日10:00〜17:00(土日祝日、その他休業日を除く除く)