次世代省エネルギー基準について
 通称「次世代省エネルギー基準」(以下、次世代省エネ基準)とは、 平成11年3月に改正告示された「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断と基準」及び 「同設計及び施工の指針」のことです。 この基準は、昭和55年に初めて定められ、平成4年に一度、 改正されていたものですが21世紀の住まいづくりに照準を合わせて、全面的に改正されました。

「住宅の省エネルギー基準 早わかりガイド」
一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会「住宅の省エネルギー基準 早わかりガイド」