アイランドスタイル
最新のアジアン照明・家具・オリジナルインテリアを直輸入販売
「空間を変える」モダンリゾートインテリアショップ

Island Style Colums

Island Style Column Vol.01
-Life Style-

おしゃれにも、くつろぎにも。
間接照明が私たちの生活にもたらしてくれること

こんにちは。アイランドスタイルのスタッフホリです。
ここでは、間接照明がどんなものか、
またおススメな理由をご紹介していきたいと思います。
ぜひ、ハッピーな照明生活の参考にしてください!


『間接照明ってそもそもなに?』


間接照明という言葉は知っていて、
なんとなくイメージでこんなものと知っているのだけれども、
言葉では説明ができない。
以外にも初歩的なところを私も知りませんでした・・

間接照明とは、照明の明かりを壁や天井などにあてて、
ワンクッションはさんでお部屋を照らす方法のことです。
部屋の天井にある蛍光灯のように直接部屋を照らすのではなく、
間接的に明かりを広げている。
要は、照明の使い方の一つということです。

よく、照明自体を間接照明と指して言うかもしれませんが、
あれは間接照明としても使えるものということなんですね。
当店のライトも基本的にそうです。
壁際にライトを置いて、壁に明かりが反射していれば、
それだけで間接照明としての効果を発揮しています。
では、間接照明の効果とはなんでしょう?

間接照明の効果1:空間の立体感を感じることができる

言葉ではいまいちピンとこないかもしれませんが、壁や天井に明かりをあてると、その空間に光をやわらかく拡散することができます。
直接ピカッとするのではなく、ふんわりとです。
そうして出来上がった空間には、普段より立体感を感じることができます。
照明付近とそうでない部分の明暗が出来上がって、よりお部屋に立体感を生み出しているということのようです。

実際に体感してみると分かると思いますが、明るい照明でお部屋の隅々まで照らしたときより、お部屋の一部分が、明るいときのほうが、メリハリを感じませんか?
そして、その一部分だけ明るい場所は、一箇所でなくてもいいんです。
部屋の複数個所にあるほうが、よりメリハリを感じられます。個人的にも光に凸凹ができると思いました。

間接照明の効果2:気持ちを落ち着けるくつろぎ感と趣き

考えてみるとすごく不思議なのですが、間接照明って、なぜかとっても落ちつきますよね。
リラックスできるし、特に寝る前なんかはこうこうとした明るい部屋で過ごすより、トーンダウンした薄暗い部屋のほうが落ち着いて過ごせますよね。

あと、あれにもちょっと似てる気がします。キャンプで焚き火を囲んで過ごすときの雰囲気。
あたりは真っ暗なのに、火をじっと見つめてるだけで落ち着く。会話もなんだかしっぽりといい雰囲気で弾む。
キャンプでは、レジャーならではのちょっぴりドキドキな感覚が。自宅だと、ムーディーな空間にちょっとドキドキしたり。
とにかくリラックスできる効果があるのは、間違いないはず。

ただ、どんな明かりでも落ち着くのかと言うと、そうでもないようで、明るさ控えめなオレンジ色のお落ち着いた明かりが、特にそのリラックス効果を発揮するようです。
光の強さや種類によって人体がどう反応するのかは色々あるみたいですが、昼間のような明るい明かりは、なんだか身体が活動的になってしまうのは、感覚的に分かる気がします。
光の楽しみかたも人ぞれぞれで、きっと個人差もあると思うので、どんな明かりを選ぶのかは皆さんの直感を信じていただければいいのではと思います。
そして、くつろぎ効果だけでなく、お部屋に趣が生まれ、なんだかおしゃれな感じになりますよね。
これはもう刷り込み的なイメージなのでしょうか。
部屋に立体感を生み出すこともその一因だと思いますが、そこに理屈はない気がします。
照明の配置次第でもありますが、
テレビや棚の裏などの見えないところに置いたり、
植物やインテリアなどに光をあてて影を作ったり、たくさんライトを設置したり。
もちろん壁や天井に当てるだけで、そこには光のオブジェが。

一般的に言われてることでもあるけれども、まさにおしゃれな部屋作りに欠かせない定番のひとつとなっているのが間接照明。あるだけでおしゃれな部屋になりうる最強インテリアの一つだと思います。
しかも明かりまで確保できるので、一石二鳥。
ホテルやお店などの商業施設でも、積極的に間接照明は利用されていますよね。
ホテルのロビーが大きな明かり一つだけというのを想像すると、ちょっと寂しい。
壁に、テーブルに、天井に、足元に。たくさんの照明が散りばめられているからこそ、出来上がる趣のある空間ですね。
昔、子供の頃に残る記憶は、実家のリビングの中心にある天井の蛍光灯、ではなく、部屋の片隅にある就寝時用の壁照明。
小さな明かりで、そばまで寄らないと本も読めないような明かりだったけれども、オレンジ色のまるくてやわらかい明かりに安心感を覚えた記憶があります。

間接照明に興味がない人でも、一日の終わりに疲れた体を癒すべく、リラックスできる部屋で過ごすのは、日々の健康的な生活の補助にもなるはずでは。
単純にそういう意味でも私たちの生活の助けになる。そんな力が間接照明にはあると思います。
自分好みのおしゃれなお部屋作りももちろんだけれども、なによりまず、長い人生の中で羽を休めるひとときの手助けとして。
さっそく、部屋の明かりをワントーン落としてみませんか。

照明一覧はこちら
→トップページへ