HOME 送料その他 ショップインフォ 買い物かごを見る 商品一覧 問い合わせ

特価品
完成車
フレーム
メンテナンス・オーバーホール
ホイール
タイヤチューブ
DH
ハンドルステム
サドル・シートポスト
コンポーネント
ブレーキ、レバー、STI等
クランク、駆動系、変速機
バーテープ
ペダル類
ヘルメット
シューズ
ボトル・ボトルケージ
メーター・コンピュータ
バッグ
ポンプ等
ツール、ケミカル
サイクルウエア
秋・冬用ウエア
トライアスロンウエア
ランニンググッズ
インドアトレーナー
サプリメント補給食
ライト等

ボトルケージの設定

涼しい、あるいは雨天のレースでは問題になりませんが、暑いレースではパフォーマンスを維持するためにも、水分が必須です。
夏場、晴天という条件下では、気温が30°あるいは30度を超える中でのバイクライドとなります。体内の水分が2%失われると、パフォーマンスが10%低下するという報告もあります。
レースの距離にもよりますが、どのくらいバイクボトルを用意すればよいのかを考えてみましょう。

●51.5km程度のレースであれば2本
●ミドル〜ロング 3本  あるとかなり楽になります。短い距離のレースでは、バイク中にエイドでボトルをもらえる大会はあまりありませんが、ミドル以上ではエイドでバイクボトルを手渡してくれます。

飲み終えたボトルは、たいていエイドの前に接地されているネット(ボトルキャッチャー、海外ではBottle Dumpなどと呼ばれる)に投げ入れ、エイドで新しいボトルを受け取るのです。

ショートでも実際にはボトル1本(500ml程度)しか飲まない場合でも、体にかけて冷やすという考えから、2本用意しておくと安心です。

ロードバイクの場合
TT(トライアスロン)バイクの場合

ロードフレームであれば、通常ボトルケージは2個付けられるため、ミドル程度の距離までであれば問題ありません。

ロングの大会や、特に暑い日など、ボトルは3本欲しい!
という時にはチョイスが2つあります。

●エアロバー上のシステム等を使う
●右のTTバイクのようにサドル後方のボトルケージを使う

TTフレームはシートチューブにボトルケージ取付穴がないタイプがほとんどのため、サドル後方にボトルケージを取付るのが一般です。

この部分は正面から見ると人間の体の影になるため空力的にも有利です。
フレームに1カ所、サドル後ろに2カ所の合計3カ所を確保できます。
オススメはサドル後方とDHバー付近にハイドレーションを追加することで、アルミやカーボンなど各種用意されています。
リアタイプではスペアタイヤ、ボンベなどもサドル後方にセットできます。

●エアロバー上のハイドレーション・システム

近年は最も空気抵抗の少ないボトル取り付け位置ということで、特にロングディスタンスではエアロバー上にハイドレーションをつけることが主流になってきました。

XLAB TORPEDEシステム400

XLAB TORPEDO システム

Refil(再充?可能)なエアロ形状ボトルで、汎用性やセッティング多様性など、最もよく考えられたボトルシステムです。

TORPEDO 400 :カーボンケージ採用/最軽量
TORPEDO 100:樹脂ケージ採用/汎用タイプ
TORPEDO 50:機能を絞った簡易タイプ 安価

タイプによって価格が異なります

プロファイルデザイン AERO HC システム

プロファイルデザイン
AERO HC システム

エアロバーにベルクロで固定するプレート、樹脂製ボトルケージ、エアロボトルのセットです。

ストローは上に伸びるだけと、単純な構造で価格が安いのが特徴です。

ボトル単品(AERO HCボトル)、プレート(AERO HCブラケット)は単品販売があります。

DHバーの間隔が10cmほど必要で3Tのエアロバーのように狭い場合には取り付けられません。

Speedfil A2システム

Speedfil A2 スピードフィル

こちらもよく考えられたボトルシステムで、手前の黒い蓋から再充?可能で、飲みやすいフレキシブルホースと、トレランなどでお馴染みの吸い口が付属します。

特徴として分割タイプのため付属のボトルだけでなく、 一般的な保冷ボトルを利用することもできます。

注意:ボトルケージ類は付属しません。
お勧めは、写真左のSpeedfil Z4プラス ケージで、抜けにくい構造のケージとホースを固定するクリップ、ガーミンのマウントが付属します。

エアロバー用ボトルケージホルダー各種

このページで解説しているSpeedfil Z4+、プロファイルデザイン AERO HCブラケット、ベースバーブラケット以外にも

シマノ PRO ボトルプレートTNIバタフライ、XLAB TORPEDO Mini カーボンマウントTORPEDO Mini アルミマウント などが利用できます。

エアロバーに挟むボトル

最も価格も安いのが、プロファイルデザインのエアロドリンク(約850ml)とアクアライト(約620ml)です。

クランプ下15cm 小さいフレームはFホイールに擦る可能性もアリ クランプ下14cmほど

●注意点:

1. エアロバーの間隔(隙間)が5cm程度の狭い設定では、ボトルを挟んで付属のゴムを回して固定できますが、これより広い場合安定して固定できません。その場合は別売のブラケットキットを使って固定します。

2. あまり小さいフレームで、エアロバーの位置が低い場合など、前輪にボトルが擦ってしまう場合があります。アクアライトでくぼみのあるクランプ部分下が14cm、エアロドリンクで15cmです。その場合も、別売のブラケットキットを使って上方向にボトルを持ち上げて固定することで解決します。

●エアロバーに挟むボトルのメリット
エイドステーションで渡されるボトルが、バイクボトルではなく通常の水ペットボトルのみというケースに有用です。
ベースバーブラケットキット ブラケットキット

プロファイルデザイン ベースバー・ブラケットキットの使用

ベースバーブラケットキットを使うと、エアロドリンク or アクアライトを固定できるだけでなく、付属のブラケットを上から挟み込んで、そこに通常のボトルケージを固定できます。

これでショート/ロングと使い分けることができます。

※ベースバーブラケットキットを装着するには、ハンドルにブラケットを通す必要がありますので、いったんエアロバーやブレーキレバー等を取り外す必要があります。

フロントハイドレーション関連商品はこちら

サドル後方のボトルケージ(ボトル2本タイプ)

XLAB

XLABカーボンウイングi はフルカーボン製のフレームです。
サドルレールに取り付けるタイプで、ほとんどの自転車に利用できます。アルミ製で価格を抑えたスーパーウイングもあります。
CO2ボンベとインフレーターをねじ込んで固定するための「X- NUT(エックスナット)」やボンベ、ケージは別売オプションです。
フレーム下側に予備タイヤ等を固定することができます。写真はTireBagで、きれいに折りたたむとチューブラータイヤも収納できます。

XLAB ターボウイングはアルミ製のフレームで、価格もこなれ最もポピュラーです。

サドルレールに取り付けるタイプで、ほとんどの自転車に利用できます。
ボトルケージやボンベは別売オプションです。
CO2ボンベとインフレーターをねじ込んで固定するための「SONIC NUT(ソニックナット)」もオプションです。
このほか左右別体のミニウイング・システムもあります。

Speedfil R3 (ケージ2本装着可能)は角度を変えられる汎用タイプでリアシングル用としても利用できます。後方にチューブラータイヤを固定するストラップが付属します。
シマノ PRO トライアスロン ケージ サドルマウントは最も安いタイプです。ただサドルレールに取り付けられる調整幅が少ないので注意してください。
プロファイルデザイン RMC リアマウントはカーボン製プレート、安い樹脂製ケージの組み合わせで価格を抑えています。

サドル後方のボトルケージ(シングルボトル タイプ)

XLAB

XLAB Delta 400 は角度調整可能なサドルレールに取り付けるシングルボトル・システム。

別売のMulti X-Strike システムと併用することで、CO2ボンベとチューブ(あるいは瞬間パンク修理剤)を固定できます。

XLABのデルタシリーズは各種リリースされています

Delta 100 (樹脂製ケージ付属)
Delta 200 (カーボンケージ/Gorilla XT付属)
Delta 225 (カーボンケージ付属)サドル後部が深くまわりこんだISM Adamoシリーズ等に
Delta 300 サーベロ旧P2〜P4のシートポスト後部穴を使用
Delta Sonic NEWP3/P5 Kestrel等のシートポスト用

Speedfil R3 (ケージ2本装着可能)は角度を変えられる汎用タイプでリアシングル用としても利用できます。 Speedfil R3 シングル 後方ボトルケージ1個用(ケージ別売)、角度調整可能な樹脂製パーツで価格を抑えています。

大型ボトルシステム

Speedfil STD Speedfil F2

スピードフィル Standard/F2システム

写真左のスピードフィル 1.2L ハドレーションシステムは、専用ケージで固定する大容量のボトルシステムで、Refil可能なタイプです。
飲み口はチューブを介して、ハンドル付近に持ってくることができます。

写真右のSpeedfil F2は、従来タイプのボトルケージに差し込み、チューブをハンドル付近まで伸ばすタイプで、こちらもRefill可能です。

特に1.2Lはサイズが大きいため、前三角が小さいバイクだと入らないこともあります。


補給食のセット(トップチューブ取付)

XLAB

XLABステルスシリーズ各種:ボルトオンタイプはトップチューブ上のボトルケージピッチのボルト受けがあるフレーム用

Stealth 100:ベルクロ取り付け 容量327ml
Stealth 200:ボルトオン 容量327ml
Stealth 300:ボルトオン 容量327ml
Stealth 400:ベルクロ取り付け 容量380ml
Stealth 500:ボルトオン 容量380ml

プロファイルデザイン AERO E-PACKはエアロ形状のベルクロ取り付けバッグです。長めにして高さを抑えることで、バイクを振ったときにも揺れにくくしてあります。
容量525mlと大きめです。
ただし小さなフレームに装着すると、ペダリング時に膝が擦れる場合があります。

XLAB ROCKET POCKETはノーマルサイズラージサイズがあります。容量の違いとなります。 PROの AERO FUELも2サイズ展開で、Medi と MAXIがあります。ただ底面が広いので膝に擦れやすいようです。

補給食のセット(エアロバー取付)

Noribukuro(ノリブクロ)

エアロバーの間につける補給食用バッグです。

ベルクロでバーに固定します。

マチがあるために、見た目よりも容量があり、特にロングのレースでおにぎりやようかん、フルーツなど、GELや固形バー以外を携帯したい場合に便利です。

リーズナブルな価格もポイントです。

>> 補給食用バッグ一覧はこちら <<