救助する

緊急時に備え、心肺蘇生法を覚えましょう。

災害時は救急車がすぐに到着しないことも考えられます。普段通りの呼吸がない場合は、直ちに胸骨圧迫をしてください。強く・早く・絶え間ない胸骨圧迫により、救命率は大幅に向上します。

傷病者の肩をやさしくたたきながら大声で呼ぶ(何らかの応答や目的のある仕草があるかどうか)を確認します。 反応・普段通りの呼吸がない場合は、ためらわず胸骨圧迫を開始します。

圧迫位置に手を重ね、胸骨が5cm以上沈むくらい圧迫します。

手首近くの固い部分で、少なくとも1分間に100回の速度で行ってください。「世界に一つだけの花」の曲のリズムが目安になります。
※胸骨圧迫は、1〜2分を目安に交代してください。疲れると圧迫が弱く、遅くなります。
※ 胸骨圧迫の中断は10秒以上にならないようにしてください。

両ひじを真っ直ぐに伸ばし、自分の肩を傷病者の胸の真上にくるようにして、体重を乗せるじで圧迫してください。
斜めに圧迫したり、肘を曲げて圧迫しないこと。
※小児に対しては、両手または片手で、胸の厚さ約3分の1が沈むほど強く圧迫します。

胸骨圧迫に人工呼吸を加える

傷病者の肺に酸素を含んだ空気を送り、換気を補助するのが人工呼吸の目的です。

親指と人差し指で傷病者の鼻をつまみ、吹き込む息が鼻から漏れ出さないようにする。

口を密着させ、約1秒かけて胸が上がるのが見てわかる程度、息を吹き込みます。