まずは身の安全

災害時の基本行動

揺れを感じたら、机の下に隠れるという方法が一般的ですが、転倒落下物などで閉じ込められてしまう可能性がありますので、場所・状況によって判断してください。
玄関は戸建て、マンションを問わず、狭い割に柱が多い安全ゾーンです。
ヘルメットなどで頭を覆い、玄関のドアを開け避難路を確保してください。もし建物が倒壊しそうな場合はすぐに脱出してください。
夜間の場合は懐中電灯が必需品です。

閉じ込められたら

家屋倒壊風景万が一、倒れた家具や壁の下敷きになったら、あわてずに「怪我がないか?」「何が倒れてきたのか?」など状況を把握しましょう。
逃げられない状況であれば、笛(ホイッスル)を鳴らしたり、近くにあるものを叩いて音を出してください。
やたらに叫んでも体力を消耗してしまいます。

火災が起こったら

火災になった場合は、周りの人に大きな声で助けを求めるとともに、消火器などで初期消火を行ってください。
もし初期消火ができず天井まで炎があがっている状態であれば、自分や他の住人の安全を確保し、直ちに避難してください。消防隊や消防団へ助けを求めましょう。
煙が充満してきた場合は、ハンカチやタオルなどで口・鼻を覆い、煙を吸わないよう低い姿勢で避難してください。

※家から出るとき

震災時、家から出るときはあせらず、以下の点を忘れないようにしましょう!

  • 外に出るときにも周囲の確認を行いましょう。ガラスや看板、ブロック塀など落ちてくる場合があります。
  • 避難するときには、電気のブレーカーを切り、ガスの元栓を閉めてください。