【自然療法 ホリスティック栄養療法】  症状別 ニュートリッショナル&ハーバル処方 解説     ガン 感染 脳・心臓・循環器 腎臓・泌尿器 肝臓・消化器 生殖器 目・耳・口 皮膚・被毛 ホルモンバランス・ストレス・てんかん・不安‥
◆◆Azmira Animal Nutritionの品質保証の真実◆◆Azmiraフードの詳細説明!!アズミラフード高品質材料の解説!!アズミラフードの与え方ガイド!!アズミラフード、サプルメント Q&A  見た目に綺麗な他のペットフードとは違う アズミラホリスティックアニマルニュートリション
製品に見られる不快・誤解を招く製品ラベル。貴方がお使いのフードの安全性が確認できます。当社は、あなた方が製品ラベルを読み取れるようになられる事を望みます。そして、あなた(とあなた自身)のペットに、あなたが入手出来る最高の材料を提供されるようになる事を望みます。Mega Pet Daily : マルチ栄養サプルメント - 最適の治癒的効能自然療法 ホリスティック栄養療法     トラブル別サプルメント選択法等のご相談
解毒解毒解毒!!本当のナチュラルフードをご使用いただく前に必ずお読みください。自然療法 ホリスティック栄養療法   症状別 ニュートリッショナル&ハーバル処方    栄養素&ハーブ 解説ペット・フ−ドに適切な栄養素が欠けていることと消化が適切に行なわれないことが、大きな問題を作り出す!ペットの泌尿器結石  石灰化するのかしないのか...これが問題だ!
貴方の使用フードの素材等の解説。ラベルの見方、安全性を確認ができます。Azmiraは高品質の材料を誇りとしています!! Azmiraフードの真実、高品質素材詳細、給餌方法

ホリスティック療法とは?  栄養療法とは?

当社フードをご使用いただく前に知っておいて下さい。「解毒について」
《参考》 Azmiraのフードに切替えて便が柔らかいとかガスが発生する等の苦情が有りますが、それは一日量が多すぎるからです。フードアレルギーではありません。(1999年当社が行った調査結果は、54%は与えすぎによるもの、21%が間違った与え方、即ち一日量を二回以上に分けて与えない=適切な消化を妨げる、というものでした。) もし、これらが表れた場合、解毒作用を促進する好転反応と考えられます。(調査結果により全体の16%がこのことを裏付けています。)腸が古いかすを処理し、これらの毒素を排出しているからです。これは良い兆候で、2−3日でおさまります。この時期を過ぎますと消化吸収が改善され、腸の健康状態も良くなります。

約8%のペットは(外部又は摂取性の)化学薬品、薬品、予防接種、殺虫剤に毒性反応を示しましていました。 当社のフードにはそれらは一切含まれていませんが、当社のフードを与えて数日間症状の現れたペットたちがショートファースティングの後Azmiraの食餌に戻し、何の問題も起きませんでした。

当社が使用しているハーブや他の素材にフードアレルギーを示したのは1%未満でした。


アレルギーは当社が受ける相談の中でもっとも多い問題です。
《参考》: 真のアレルギーは非常に少ないのです。最近になって獣医師も真の食物アレルギーは1%にも満たなく(過去10年間殆どがフードアレルギーと呼ばれていました。)、全体においても真のアレルギーは4%以下と認識しはじめました。その結果、RASTと呼ばれる肉と小麦アレルギーに対するテストを終えた多く飼い主の方々が当社に相談に来られるようになりました。 過去10年間これらの素材が犯人とされた結果ラム&ライスのフードが注目されました。 しかしながら、解毒と身体の強化が行われた後は肉と小麦が含まれた食餌に戻っても何ら問題は生じません。 勿論、これは肉の品質が最高のもの、小麦は全粒のもので、しかも小麦のふすまなど副産物でないことが大前提のことですが。

《参考》: 粗悪な素材は消化吸収しにくく、より多くの老廃物を生み出し、免疫システムを阻害します。(フードアレルギーに関する殆どの原因は肉など全般的な素材そのものではなく、腐敗した死体等の特定の素材に起因するものです。)  腐敗しかかっている植物の素材(腐植土、他)を使うことも同じ原因となり、同様の有毒な反応を起こします。副産物はあらゆる所に使われていて、製品には必ずしも表示されていません。

抗ヒスタミン剤やステロイド(かゆみと炎症を抑制する)等の日常的に使われる薬品及び抗生物質(かんだり引っ掻いたりした外傷への細菌感染防止)はシステムを更に弱めるだけです。薬品をやめるとすぐに反応を再開しますので、また薬品に依存し更に身体は弱まり(もっと有毒な状態)ます。このサイクルが長く続けられるほど、また老化が進むほど有毒で、免疫システムと抵抗力が弱まり、益々状態を悪化させます。しばしば、それは他の、そして、より重大な病気を招く状態に身体を弱めます。癌で衰弱した犬や腎臓疾患をもった猫にアレルギーの病歴があるというケースは珍しくないのです。

当社のプログラムにたどり着くまでにかなり状態が悪化していることが多く、改善するまでに飼い主の方々が挫折を覚えるケースがあります。(特に解毒の過程で似たような症状を引き起こすことがしばしばあるからです。)

飼い主の方々は季節的なアレルギーと考え来店されることがあります。確かに高温多湿は症状を刺激するのは事実ですし、花粉、かび、ほこりは免疫システムが弱って抵抗力が低下した身体を刺激するアレルゲンです。

アレルゲンに反応しなくなる状態にまで解毒と強化が成し遂げられるには2−3シーズン必要です。浄化と強化のプロセスは強化されてい身体自身が築きあげていくものであることを覚えておいてください。

3ヶ月から6ヶ月にかけて(重症の場合はそれ以上)徐々に改善が見られ、シーズンを迎える毎に症状は軽く、または見られなくなりますのでサポートも容易になっていきます。

 《参考》 浄化の過程において多くのペットは最初の数週間以内に表面上は症状が見えなくなるほどまでに効果が見られます。より難しい状態の場合身体が強化を続けるうちに症状のサポートによく反応します。

非常に重症の場合は薬物治療を続けることを考慮しなければなりませんが、薬物は強化の過程を阻害し、毒性ももたらしますので、非常に深刻な状態に限られることを念頭におかなければなりません。









ペットへの当社の考え方
Azmira®フードはニューマン博士の、ペットの健康と症状の反転への実証と体系的な研究に基づくThe Holistic Animal Care LifestyleTM の健康的な基礎をサポートします。Azmira®はニューマン博士の長年に渡る研究に基づき、称賛に値する様々なサプルメントの開発、製造を行っています。

ニューマン博士の健康に関する助言
滋養に富んだ食餌と適切なトレーニングは幸せで健康な生活をもたらします。予防こそ最大の治療。今日の行動は明日の結果につながります。

消化の改善*
Azmira®はドライのまま与えても良いですが、少量のぬるま湯をかけるとナチュラルの香りを更に引き立てます。Azmira®缶詰、カッテージチーズ(軟質のナチュラルチーズの一つ)、プレーンヨーグルト、新鮮な野菜を加えるのも良いですが、食べ残した場合そのまま放置しないで下さい。適切な消化のため、及び必要に応じて調整出来る様計量して与えてください。常に新鮮で冷たい浄水が飲めるようにして下さい。

解毒(体質改善)*
完全にAzmira®に切り替えた後、数週間かけて体内から老廃物の排出を促進します。この期間ペットによっては艶の無い被毛が落ちたり、皮膚に炎症が出る等、古い症状が一時的に戻ったり悪化することがあります。この様な現象は稀ですが、極めて正常です。この自然な過程を通過した後著しく症状の改善がみられるでしょう。Azmira®は解毒(体質改善)を促進し、素早く健康を回復する能力が臨床的に証明されています。それがAzmira®の研究を成功に導いている要因です。






浄化(解毒)のプロセス Dr. Lisa Newman  

"私のペットは病気になりませんか?"ペットの食事を化学物質に汚染されない自然食に切り替えようとするときに、人々がたずねる最も一般的な質問です。使用していたペットフ−ドの銘柄を変えたときに、飼い犬が下痢をしたり嘔吐したりするのを体験した飼い主たちは、たいていこの質問をします。

私が何百匹もの動物で確認した浄化過程は、銘柄の変更によって犬や猫によく起こる胃腸炎の症状とはまったく異なるものです。猫の消化器官は非常に敏感です。犬は生まれながらに清掃動物ですが、ほとんどのペットフ−ド製品に含まれる添加物や化学物質に対しては、猫と同様に敏感です。ペット動物が新たな、あるいは異なるタイプの混ぜ物や防腐剤を摂取すると、胃腸に炎症が起きます。 
私が述べる浄化過程とは、単にペットフ−ドの銘柄の変更で生じる胃腸炎よりももっと実質的なレベルで、動物の身体が反応し始める際に生じるものです。私はこの反応が、食事を自然食品に変えたすべての動物に起きるのを見てきました。新たな健康食品に変えて数週間すると、身体がおのずと、自然に浄化し始めます。一般的に動物は多くの毒素を体内に蓄積しており、それは粗悪な栄養源、化学物質に満ちた食事、不適切なサプルメント、厳しい環境的汚染物質、継続的な薬物使用、水道飲料水などが原因です。

健康に良い栄養豊かな食品が摂取されると、(化学物質、防腐剤、添加物が除去され、汚染物質への接触も減ります)身体はおのずと浄化し始めるのです。3週間から5週間たつと、古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わるので、身体が体内の主な浄化を始めるのに十分な活力を持ち始めます。この浄化過程を通して、蓄積された毒素は血液へと排除され、結腸からは古くからの残留物が取り除かれます。

この時期に動物が病気のような症状を示すのは、めずらしいことではありません。浄化過程の間は、動物は眠そうな様子で、食事を摂らず、草を欲しがり、多量に排出物を出します。排出物は目やに、鼻の粘液、耳あか、油っぽい皮膚、ガス、プリン状の便通、あるいは下痢などです。血液や、タ−ルに似た微粒子などが便に混ざるかもしれません。これらはすべて、身体が蓄積された残留物や毒素を取り除いている良い兆候なのです。

これらの症状に加えて、熱もでるかもしれませんが、このようにして身体は毒素を"燃やしている"のです。抗生物質や下痢止めのような薬によって、その症状は抑えられますが浄化期間が延びてしまいます。浄化期間中は、動物を休ませて断食させるのが1番良いのです。すべてのエネルギ−は、余計な消化吸収のためでなく浄化のために貯えられるべきです。オ−トミ−ル溶液を1/2カップ(消化器官をいやし、不純物を吸収するため)、レモンジュ−スとガ−リック溶液を各テ−ブルスプ−ン1杯(有害なバクテリアを殺菌し減らすため)、海藻または小麦ジュ−スを1/4カップ(重要なミネラルを与えるため)、蜂蜜をテ−ブルスプ−ン1杯(エネルギ−のため)などを与えてもかまいません。これらをたくさんの湧き水と共に与えると、身体を浄化させ熱を下げるのに有効です。この溶液と水を10ポンドのペットに1日、2オンスずつ与えてください。動物の体重の10ポンドごとに量を増やしてください。ホメオパシ−療法の Nux Vomica 6X、Ferrium Phos.3X、 Aesenicum 6x などもまた、解毒の不快症状をかなり和らげるのに有効です。もしも熱や下痢が24時間以上続くならば、必ずホリスティック医療の主治医に相談してください。

この浄化過程の成果は、確認が困難であなたのペットにとって不快なものかもしれませんが、将来の利益のために支払うべきささやかな代償です。解毒に、3、4日以上はかからないはずですが、それぞれのペットの年令や病歴などによって異なります。浄化作用を確実に成功させるためには、精通した専門家医の意見に常に耳を傾ける事が最も大切です。

断食期間が終わるときには、休息していた胃腸に過剰な負担や刺激を与えないよう、ゆっくりと食事を再開する必要があります。はじめの2日間は、小量を1日4回に分けて与えてください。断食の間に摂取していた1/2カップのオ−トミ−ル液の代わりに調理したオ−トミ−ル食をあたえてください。調理の材料で使用した他の素材も加えてください。これらの材料でなめらかな流動食を作ります。ペットの体重4.5kごとに、テ−ブルスプ−ン1杯を1食分として与えてください。例えば18kの体重の犬には、1回にテ−ブルスプ−ン4杯を1日4回与えてください。3、4日後には、1日3回の食事に戻してください。食事はそのままオ−トミ−ル食を続けますが、同じ量の新たなメニュ−を加えていってください。そして5日目には、新たなメニュ−で1日に2回の規則正しい食事を再開してください。週1回の短断食用に、オ−トミ−ル液を続けてもかまいません。その場合は、一日だけにして、翌日には通常の食事にもどってかまいません。わたしは飼い犬の消化器官を、毎週月曜日に定期的に休ませていまが、それによって犬の身体は浄化されるのです。犬は、とくに野性の場合、自ら2、3日ごとに断食をしています。猫の場合は、一般的に必要なときだけ断食をするので、毎週定期的に断食をさせることには賛成しません。

この過程が終了すると、変化が顕著に現われます。まず第一に、皮膚と毛(一度抜け落ちて)が以前よりも軟らかくゆったりとしてきます。慢性的な臭い息とガスはなくなり、年令とは無関係にペットは若返ります。食物の消費量も減って体重が安定します。適切な消化吸収(浄化された腸による改善された吸収力のおかげですが)によって、免疫組織が強化され、動物はいっそう健康になります。

浄化過程は、健康生活を確保するための重要な第一歩です。浄化された消化器官と栄養の適切な吸収が健康体の基盤なので、この過程を避けるべきではありません。ある食物から他の食物へとただ変えるだけでは(たとえ"より健康的な"食品であっても)、身体がその食事を適切に活用しない限り、成功を保証するものではありません。




















アレルギ−からの解放
あなたのペットのアレルギ−
現在、非常に多くのペット、とくに犬がアレルギ−症状を示しています。絶えず掻いたり体を噛んだり、ひどい皮膚病があったり、毛並みが悪かったり、手足をなめたり、顔を家具にこすりつけたり、唾液が過剰に分泌したり、呼吸が乱れたりするのは、ペットにとっても飼い主にとっても大変憂鬱なことです。残念なことに治療効果が期待できそうなものは、あまりありません。

ホリスティックケアが認められるまでは、症状を和らげるための戦いは終わりそうもありませんでした。一方では、新しい効果的な医療や食事が探求されていました。通常は季節が変わるたびに、動物たちは悪化するようです。医療の効果は減少し、食事療法もお金の無駄づかいのようでした。
このような状況は、体が自然に逆らって治療されている場合によく見られます。免疫組織は、酷使されるため、時間がたつにつれて衰弱し負担が拡大し、最終的には全身の健康が冒されてしまいます。"アレルギ−"にかかったことのある年老いた動物が、癌のような深刻な病気にかかるのもまた、めずらしいことではありません。

免疫組織がどのように機能するのかを理解すると、なぜ"アレルギ−"が非常に多くの症状の原因であるのかが明確になります。それらの症状は、実際には衰弱した免疫組織に対する反応なのです。残念なのは、こうしたことが対症療法的に認識されず、すべてが1つの"診断"のもとにまとめられてしまい、ホリスティックケアよりもその症状だけが治療されるということです。
 
免疫組織が衰弱すると、腎臓や肝臓も影響されます。副産物、臭いのする動物脂肪、化学物質(ペットフ−ドの一般的な材料です)などの摂取によって、これらの重要な臓器の負担が増すにつれて、生体構造上の、あるいは否定的感情の不均衡(適切な消化を妨げます)や排泄物の蓄積が、体内で拡大し続けます。最大の排泄器官である皮膚は、これらの排泄物を除去する仕事を担います。このことが、結果的に皮膚の炎症を起こします。最もひんぱんに見られる症状は、小さな赤い吹き出物、発疹、"噴火点"です。

"アレルギ−"とは何なのでしょう?
アレルギ−症状とは、吸引されたり摂取されたりした特定の物質に対する強烈な体の反応で、局部的に炎症を起こします。たいていの場合、その物質が取り除かれると、症状もおさまっていくようです。ところが、多くのアレルギ−症状は免疫組織の不均衡が表面化しただけで、ある物質にたいする実際の"感受性"を示すものではないのです。本当のアレルギ−といえるケ−スは、全体の20%以下です。

アレルギ−体質の動物は少数ながら実在し、免疫組織を強化することが特定の物質に対する防衛力を高めるために(たいていは、それ後その感受性を完全に治します)不可欠ですが、現実にはアレルギ−症状を示す80%以上の動物は、衰弱した免疫組織や不十分でバランスの悪い食事と戦っているだけなのです。

何年にも及ぶワクチン、化学物質を使っての入浴や水浴び、医薬品、そして言うまでもなく、ほとんどのペットフ−ドやご馳走に使用される防腐剤や副産物の摂取がペットの命を奪っています。人気のあるペットの近親交配や過剰な遺伝子操作もまた、ペットをアレルギ−体質にするのです!  

それらの炎症のため動物たちは掻いたり、噛んだり、手足や顔をこすったりします。生体構造上の問題が原因で生じるしびれもまた、同様の症状を示すようになるので、"アレルギ−"とよく間違えられます。皮膚の炎症を和らげるために一般的に用いられるステロイドは、関連のある神経の炎症も和らげるので、いわゆる"症状"を1時的には抑えますが、アレルギ−が原因だという間違った判断をすることになります。その後、以前よりも悪化した症状があらわれ、時には麻痺状態を引き起こしますが、それは生体構造上の問題が適切に対処されなかったせいなのです!

眼や耳もまた、体内の状態を示します。体が衰弱すると眼は赤くなり、耳は耳アカが極端にふえたり、炎症が起きたりします。庭に草がはえていない時期で、他にもアレルゲン(アレルギ−起因物質)がないのに、ペットが掻くことをやめず、獣医は"アレルギ−"だと診断するので、飼い主が戸惑ってしまうということがよくあるのです!そのような場合は、アレルギ−が問題の源ではないと認識すべきです。     

同じことが"食物アレルギ−"にもあてはまります。食事をいろいろ変えてみても効果はなく、ついにはどんな新しい食事もペットは受けつけなくなります。肉や小麦のような特定の食品に対するエネルギ−反応が陽性だった多くの犬や猫が、健全な浄化と強健プログラムが実践された後じきに、肉や小麦を材料にした良質の自然食品を食べているという状況を私たちは数多く見てきました。そのプログラムは消化器官や免疫組織を強化するたに行なわれています。   

単に食事を変えることは、良質の自然食品に変えたとしても、たいていは不十分です。根本的な不均衡を治すために、適切な補助食品とハ−ブあるいはホメオパシ−療法を実践しなくてはなりません。腸や体内から毒素を取り除いたり、消化器官を活気づけたり、主要なホルモンのバランスをとるためには、補助食品が重要です。

ホルモンバランスと血糖を調整することはまた、免疫組織を維持し、体を強健にし、"アレルゲン"への抵抗力を高めるのに非常に重要です。ペットの食事は、少なくとも1日に2回与えてください。ストレスやアレルゲンが存在し症状が現われた場合は、血糖値を安定させるために、食事の回数を増やしてください。これは症状を抑えるのに非常に効果的です。

結論として、アレルギ−反応のある動物のための最良の防御は、積極的な攻撃です。まず第1に、ペットの状態を獣医に適切に診断させてください。背後にもっと重大な病気が潜んでいないかを確認するためです。たとえ重病であったとしても、私たちはあなたを応援します。病気の原因が何であろうと、治療方法はたくさんあるのです!とにかくあまり簡単にあきらめてはいけません。体が長く病んでいればいるほど、ますます回復に時間がかかりますが、それでも回復が可能であることを、忘れないでください!

この情報は、適切な獣医学治療の代わりの用いられるのではなく、
それを支えるものとして意図されています...そして自然に逆らわずに!

アレルギーで苦しむペットを、感情的に支えることは重要です!

症状で苦しむペットは、たいていの場合、"神経質"な性質でもあり、臆病で興奮しやすいのです。感情的な問題の多くの様相に適した37種類のフラワーリメディーがあります。これらはたいていの場合確実に効果があります!体が感情的にストレスで苦しんでいると、免疫組織が"衰弱して"体の抵抗力は低下します。




ホリスティック栄養学博士、自然療法学博士
Dr. Lisa Newmanのホリスティックケア
予防こそ最善の治療 − Azmiraの創立と製品開発の理念です。
Azmiraはホリスティックに育てられたペットの健康は相関した三つの要素、即ち身体、情緒、環境のバランスがとれた状態と定義しています。健康なペットは身体的活力にあふれ、生理学的機能不全とも無縁で、情緒的にも健全ですから正しい行動と幸せが得られます。

その結果ペットと人の相互の喜び、愛情と生活環境における安全が得られます。

Azmira Holistic Animal Careの優れたところは正に事実であり、非常に容易に実践でき、しかも安全であることです。正しく対応すれば身体は良好な状態が得られます。充分な愛情、Azmiraの高品質のフード、サプルメント、ホリスティックハーバル処方、ホメオパティック処方の適切な応用によってあなたのペットは健康なバランスを保ちます。もし、このバランスを保った身体がある物質に攻撃され、不均衡状態を招いたとしても、自然治癒力を刺激しバランスを再構築し、衰退から防御します。

サプルメントを御使用頂く場合は
必ずホリスティックケアの基本であるサプルメント=メガペットデイリー+(出来る限りスーパーC2000も)を一緒に御使用ください。全てのペット(種類、年齢・性別など)、症状にあわせたサプルメントを御使用いただく場合も同じです。
S.G.J.プロダクツの場合はビーポレンまたはM.V.M.または(プラス)シーオーガニックプラスエクストラ-C(強力ビタミンC)またはスコーベイト
トラブルでお悩みのペットの反転へのサポートや高齢期・成長期のペットには勿論、健康なペットにも是非摂っていただきたい サプルメントの基本です!!

これらを使用せず次のステップのサプルメント(例・・レッドクローバーフォーミュラ等)を使用するのは間違いです!!   詳しくはコチラ!!アズミラフードは他のどのナチュラルフードよりも栄養素レベル・生体利用度は高いのですがそれでも一般的な生活環境によるストレスなどで必ずビタミン・ミネラルは消耗し不足します。       神経質な子やトラブル中の子はより消耗します!!
基本サプルメントはどのような時でも体内栄養レベルを低下させないためのものです!!

栄養素は健全なホリスティックプログラムの基本であり、しばしばそれ自体が情緒的、肉体的健康と疾病を分ける決定要因になることがあります。粗悪な栄養素は素早く不均衡状態を招き、自然治癒力をそこないます。また行動上の問題を引き起こすことも有ります。
量の問題に関係無く、薬や自然療法はペットが充分な栄養素を受け入れていなければそれを治癒反応のサポートに生かす基本的な手段を持っていないことになります。
【自然療法 ホリスティック栄養療法】  症状別 ニュートリッショナル&ハーバル処方 解説     ガン 感染 脳・心臓・循環器 腎臓・泌尿器 肝臓・消化器 生殖器 目・耳・口 皮膚・被毛 ホルモンバランス・ストレス・てんかん・不安‥
◆◆Azmira Animal Nutritionの品質保証の真実◆◆Azmiraフードの詳細説明!!アズミラフード高品質材料の解説!!アズミラフードの与え方ガイド!!アズミラフード、サプルメント Q&A  見た目に綺麗な他のペットフードとは違う アズミラホリスティックアニマルニュートリション
製品に見られる不快・誤解を招く製品ラベル。貴方がお使いのフードの安全性が確認できます。当社は、あなた方が製品ラベルを読み取れるようになられる事を望みます。そして、あなた(とあなた自身)のペットに、あなたが入手出来る最高の材料を提供されるようになる事を望みます。Mega Pet Daily : マルチ栄養サプルメント - 最適の治癒的効能自然療法 ホリスティック栄養療法     トラブル別サプルメント選択法等のご相談
解毒解毒解毒!!本当のナチュラルフードをご使用いただく前に必ずお読みください。自然療法 ホリスティック栄養療法   症状別 ニュートリッショナル&ハーバル処方    栄養素&ハーブ 解説ペット・フ−ドに適切な栄養素が欠けていることと消化が適切に行なわれないことが、大きな問題を作り出す!ペットの泌尿器結石  石灰化するのかしないのか...これが問題だ!
貴方の使用フードの素材等の解説。ラベルの見方、安全性を確認ができます。Azmiraは高品質の材料を誇りとしています!! Azmiraフードの真実、高品質素材詳細、給餌方法

食の安全性を追求するために
SGJプロダクツでは、化学合成添加物、原産国不明の原材料の使用、またそれらを使用する工場への発注を避けるためにSOLID GOLD Health Products for Pets社との提携を終了いたしました。
ペットフードTOP 
【Azmira Holistic Animal Care】  【S.G.J.プロダクツ】
ペットサプルメントTOP 
【Azmira Holistic Animal Care】    【S.G.J.プロダクツ】  【プラネットシリーズ】  【医学博士Dr.ショウキ】
【ホリスティックアニマル診療所開発】  【その他】
ペットスナック  ◆ペットグルーミング  ◆ペットグッ&用品

栄養異常の現代人を救う
スーパーヘルスプログラム
脅威のファスティング
ファスティング10の効果  ファスティング Q&A
このような方におすすめします! 良い卵子をつくりたい、生理不順で会社を休む、生理前になるとイライラする、ダイエットで生理がとまった、足がむくむ
不妊、生理不順、生理痛、子宮内膜症の場合は温灸を併用しておなかを直接温めましょう。 おなかを通る任脈は婦人の生理や生殖の経絡なので、卵子の成長や子宮内膜の血流が促されます。
◆温灸しましょ 冷え、不眠、肩こり、腰痛、頭痛、耳鳴り、鬱のツボ◆