トレッキングポールとは? レディース登山用品店|アルココ


トレッキングポールとは?

What’s トレッキングポール??


山登りをしなければ使うことはないトレッキングポール。
触ったこともない人にとっては、疑問がいっぱいのアイテム。

「トレッキングポールってどういう時に使うの?」
「1本と2本だったらどっちがいいの?」
「そもそも持ち方ってあるの?」

なんて疑問がたくさんあるはず。

しかし、トレッキングポールは第3・第4の自分の足と
なってくれる強い味方なのです!

そんな山ガールの必須アイテム・トレッキングポールについてご紹介したいと思います♪

トレッキングポール画像


Q1.トレッキングポールってそもそも何に使うもの?


トレッキングポールとは「山登りで使う杖」のこと。
山登りは足に負担がかかるので、長時間の歩行ではかなりの疲労が足に蓄積されていきます。

そこで、トレッキングポールを使うと、足の負担を手にも分散することができ、
足の筋肉やひざの疲労を緩和し、転倒を防いでくれます。

つまり、3本・4本目の足になってくれるのです。

また、トレッキングポールの重さを利用して振り子のように腕を前後させることで、
リズムよく歩くことが出来ます。

山登りに慣れていない方や、久しぶりの山登りの際には、1本は持っておきたいアイテムです。



Q2. トレッキングポールの種類は?


トレッキングポールには、「T字型」「I字型」の2種類があります。

トレッキングポールT字型
。垰型

T字型はグリップの形が「T」のようになったポールのことです。

グリップの上から握るタイプで、比較的、平坦なコースを歩くのにおすすめです。
ポールを突く位置が足に近く、腕も縦に伸ばした姿勢になるので、腕が疲れにくいのが特徴です。

初心者さんや年配の方、じっくり山を登ろうとする方に適しています。

<T字型ポールの握り方>

T型の短い方を親指と人差し指で握り、
長い方を 中指、薬指、小指で握ります。

トレッキングポールI字型
■瓢型

I字型はグリップの形が棒状(ストレート)になったポールのことです。

縦に持つことで、腕が広く使え、2本使用もできるのでバランスを崩したときの対応が早くでき、
起伏の激しい道でも使いやすくなっています。

高い山にも挑戦することを考えているなら、I字型ポールの方で慣れておくことをおすすめします。


<I字型ポールの握り方>
トレッキングポールI字型 持ち方 トレッキングポールI字型 持ち方2 トレッキングポールI字型 持ち方3
手首にストラップを通して使用しましょう。ストラップの長さは少し余裕を持たせ、長ければねじって調節しましょう。 平らな道や斜面の登りなどはしっかり握りましょう。 下りの際はグリップのトップに手の平を当て、グリップの頭全体を覆うようにつかみましょう。


Q3.各部の名称をチェック!


トレッキングポール 各部名称
ロックシステム
トレッキングポール スクリュー トレッキングポール スピードロックシステム トレッキングポール ラチェット
スクリュー
シャフトを回して緩め、長さを調節したら逆方向に回して締めるタイプです。
スクリュータイプが最も多いモデルです。
スピードロックシステム
ロックをカチッと外して長さ調節ををするタイプです。
ワンタッチで操作ができるので歩行状況の微妙な変化にも簡単に対応できます。
ラチェット
ストッパーを好きな長さの穴に引っ掛けるタイプです。
1cm単位の長さ調節ができませんが、 スライドさせて引っ掛けるだけなので女性でも簡単に長さ調節が行えます。


Q4.1本と2本ならどちらがいいの?


足への負担を考えると、
2本の方が負担が分散されるので2本組を使用することをおすすめします!

しかし、人によっては1本の方が歩きやすかったり、
登りは2本を使用しても、下りは転倒時に手がふさがってしまうことを考え1本にするなど
人により使い方は異なります。

単品1本タイプの場合でも、まずは1本使用してみて、
もう1本必要ならば同じものを買い足すという方法でも良いかもしれませんね。
自分に合う使い方で本数をお選び下さい。



Q5.自分に合うトレッキングポールの長さは?


トレッキングポール 長さ

※目安としては平地の場合、身長×0.7の長さがちょうどよいと言われています。
 (女性の場合は、105〜120cmくらいです)


衝撃吸収システム アンチショック

アンチショックシステムとは、シャフト部分にスプリング(ばね)を入れるか、
ゴムの反発力を利用して地面からの突き上げを軽減してくれるシステムです。
アンチショックシステムにより腕や肩への負担を軽減してくれるので、疲労軽減にもつながります。
現在では、アンチショックシステムが搭載されているトレッキングポールが増えています。



※ トレッキングポール使用時の注意 ※


 ヾ箴譴箋泙雰梗个任魯肇譽奪ングポールを使わないほうが安全に登れる場合があります。
  特に足場の不安定な岩場は、迷わずしまいましょう。
  転倒時に咄嗟に手をつけるかどうかを考え、臨機応変に対応しましょう。
 
◆/∧を傷つけないよう、登山道以外ではトレッキングポールの使用は避けましょう。
 
 基本的には登山道ではラバーキャップ(先端のゴム)を外して使用しましょう。
  また、植物や木の根が多い道ではキャップをし、植物の損傷を防ぎましょう。
  
ぁ.丱好吋奪箸賄仍各擦里未るみや地面のゆるい場所に突いてしまった場合の
  「突き刺さりすぎ」を防止するものなのでなるべく装着しましょう。

ァ.肇譽奪ングポールの「STOP」の表示以上、伸ばしてはいけません。
  伸縮性のトレッキングポールにはたいてい伸ばしすぎると「STOP」という文字が
  出てきます。
  トレッキングポールの強度を保つためには、STOP表示を超えてのロックは折損などの
  危険があるので絶対にやめましょう。