アンジェ web shopangersの豆皿市

angersの豆皿市

作りおきの常備菜や、冷蔵庫に残ったおかずだって、ちょこんと盛るだけでご馳走に変えてしまう魔法の器、豆皿。
手のひらに収まる小さなサイズなのに、その働きぶりは頼もしいかぎりです。

丸、四角、縁起もの・・・ 豆皿のカタチや色や素材は、実にさまざま。

そこで今回、波佐見焼き、有田焼、九谷焼、丹波焼、益子焼など、日本の焼きものの産地から、多種多様な豆皿を集めました。
産地によって、窯元によって、作家によってそれぞれ異なる表情、個性溢れる豆皿を楽しみながらお選びください。

また、人気インスタグラマーのTammyさんにも取材させていただき、「豆皿使いのコツ」をお伺いしました!
「器選びはすべて出会いだと思っています」 と話すTammyさん、 そんなTammyさんの豆皿ストーリーとともに、アンジェの豆皿市を紹介していきます。

豆皿を使うコツ豆皿を使うコツ

t_ammy* 日々の暮らし なにかを追いかけてもいないし流されてもいない 出会えるものが縁だと思い 手の中のものを大切にする 残しておきたい時間と朝ごはんの記録。

インスタグラムで1万6千人以上のフォロワーを持つ人気ブロガーのTammyさん、
日々の朝ごはんや、常備菜のこと、日々の暮らしのこと、Tammyさんの穏やかな人柄が感じ取れる写真を
日々UPされています。

今回「アンジェの豆皿市」の企画を開催するにあたって、Tammyさんにご協力いただき、
どんなときに豆皿を使っているか、豆皿コーディネートのときのポイントなど伺いました。

Tammyさんが豆皿を使うときってこんなとき

Tammyさん: メニューが決まっていたり、ごちそうを食べる、そんなごはんの時よりも、 メニューが決まらなくて悩んでいたり、またありあわせでどうしよう。と思った時に豆皿は威力を発揮してくれます。 作りおき常備菜の普通のおかずや、冷蔵庫に残っているものを盛るだけで 豆皿がそのおかずを引き立てて、ご馳走に変化させてくれます。

また少しだけ盛り付けることで、より丁寧な食事を作ったようなそんな魔法をかけてくれる効果もあります。夜遅く帰ってくる夫に、豆皿に盛ってテーブルの上に置いておく。

先に寝てしまってもそれだけで、おかえりなさいと迎えるような気持ちや、頑張った風にみせてくれたりもします。また、年を重ねてたくさんの食事を食べられない年配の方にも豆皿に盛ることによって、目から食欲を引き出してくれ器の力で箸がすすむと思います。

Tammyさんから教わる豆皿コーディネートのポイント

ポイント1プレートやお皿、ザルの上に並べる
大きなプレートや大皿やザルの上に、豆皿を並べていくと、すっきりとまとまります。
ポイント2大きさやカタチで変化をつける
隣り合わせの器は、同じ種類(絵柄)や同じ大きさに出来るだけならないようにします。その間に違う豆皿を入れたり形も変化をつけることで、プレートが生きてきます。
ポイント3豆皿いっぱいに盛りつけず、空白を大切にする
小さいお皿ですが、豆皿いっぱいに盛ってしまうと器が生きてこないので、空白の部分も大切にします。

Tammyさんにアンジェの豆皿を使ってコーディネートしてもらいました

ページのトップへ